Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:mt4

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は、前回に引き続き、先週のハーモニック検出結果をお知らせいたします。


検証に使ったのは、ハーモニックの主要4パターンの検出が可能な

MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターンです。

通貨フリー、時間足フリーとなっております。



先週は、USDJPY1時間足でハーモニックのバタフライパターンが11日にほぼ天井圏で売りを示唆しました。

この売り自体はぼぼ天井圏で出たので、週末まで持った場合は180pipsまでの利食いチャンスがありました。

usdjpy_h1_0716


上図のようにバタフライのベアが出る前にも、ガートレイのブルが出現しておりますので、バタフライパターンが出現する直前の買いでも30pipsの利食いの可能性はあったわけです。



ハーモニックの主要4パターンとは、バット、バタフライ、ガートレイ、クラブです。

定義については、MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターンのページをご覧ください。


ブルの時、つまり買いのときはM字形状、ベア、つまり売りの時は逆M字形状(ほぼW形状)をしています。

Wトップ、Wボトムという形状がありますが、捉え方の違いで、裏、表のようなイメージですね。

この4パターンに絞る意味は、同類の形状をしているので、パターンを把握しやすいということがあります。


マスターしやすい、ということも言えるかと思います。


結果論にはなりますが、先週の7月11日のUSDJPY1時間足のバタフライのベアは天井を当てた形になりました。


一方、EURUSDでは、13日になりますが、4時間足のガートレイの買いで60pipsの利食いチャンスがありました。

eurusd_h4_0716

※因みに、MT4 ハーモニック サーチインジケーター 主要4パターンでは、以下のようにパターン名がはっきりわかる形で示されるのと、矢印とフィボナッチと参考SLラインが表示されるので売買の決断はしやすいかと思います。

usdjpy_h1_L_0716



ハーモニックは天井と底を当てるためのパターンということで、欧米の機関投資家から注目されておりますが、もちろん、全て鵜呑みにできることはございません。


ただ、天井または底を当てた時は、100pips以上の利食いチャンスがあるケースも少なくはありません。

フィボナッチの、利食い目安をクリアして行く毎に、売りの場合はストップを引き下げてゆけば、可能性も高まります。

後は、Wトップ、Wボトムという逆の見方をした法が良いケースもありますので、これはこれで、経験値を高めるに連れて、判断力がついてくるのではないかと思います。





チャートパターンについては、今後、EAやインジケーターのバージョンアップや、新商材の開発などに取り入れてまいります。



ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在13位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
   


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

昼間は気温30度を越える日もありますので、もう夏の暑さですね。

暑さ対策は必要ですね。



20170515_0521buysell



かぎ足で15pips利食いのスキャルピングを行うとどうなるか?

先週の1週間で検証してみました。


矢印を表示するかぎ足インジケーターは
MT4 かぎ足トレンド インジケーター1分足 スキャルピングです。

検証に使ったかぎ足EAは
MT4 かぎ足トレンド EA 1分足 スキャルピング(現状は非売品)です。


足の終値で判断して、次の足の始値で仕掛けます。


青いラインがトレンド判定用のトレンドかぎ足ですが、EAでの検証の結果、今回のスキャルピング設定では赤い短期かぎ足しか使いません。


赤いラインが短期かぎ足で、赤いラインが前の山(肩)を越えれば買いの上向き矢印、赤いラインが前の谷(腰)を下回れば売りの下向き矢印が表示されます。


長期のトレンドかぎ足を使った場合、赤い短期かぎ足は、青いトレンドかぎ足の下に隠れていることもありますが、この期間は青いトレンドかぎ足と同じ動きになります。


かぎ足は終値ベースの値動きだけを追いますので、慣れてしまえば非常にシンプルです。

インジケーターではトレンドかぎ足の上下反転でも矢印が出る設定も可能ですので、トレンドの出ないボックス相場でもお使いいただけます。

EAでは長期のトレンドかぎ足の上下反転でトレードするかどうか、検証結果でオンオフの設定が判断されます。


利益の大小よりも、安定的に右肩上がりになっている方を選択する方針です。


20170515_0521Chart
上図の上段が先週1週間のドル円の動きです。

下げた後揉んでいますね。

上図の下段が残高曲線です。

相場が下げても、揉んでも、右肩上がりになっていますね。

20170515_0521Report
上図がMT4のレポートです。

参考までにかぎ足テスターEA(非売品)で上記テストを行った際の売買のテスト結果とテスト条件ついてご案内いたします。

・テスト期間2017年5月15日~2017年5月20日

・売買単位10万通貨(1Lot)

・売買回数30回

・27勝3敗(勝率90%)

・プロフィットファクター9.92
(1週間での最適化ですからかなり高めになっています。)

・純益212200円

・最大ドローダウン27200円

・売買の判定を行う短期かぎ足(赤)の反転値幅 ReverseShort=21pips
※短期かぎ足(赤)の終値が直前の山を越えたら買い、直前の谷を割れたら売りです。

・スキャルピングの設定なのでトレンドを見るトレンドかぎ足は使いません。
※トレンドを使う場合トレンドかぎ足(青)が上向きなら買いのみ、下向きなら売りのみを行います。

・利食い15pips

・損切り25pips

※仕掛けた後に、失敗シグナルと判断したら早めに決済し、成功シグナルと判断したら利食いを伸ばすのも良いかと思います。

・10pipsの利幅が出たら2pips(デフォルト4pips)反転のトレール決済
※OrderModifyを行わない擬似トレールのため2pips反転で成行決済
擬似トレールは、高値安値更新の度に頻繁に行われるOrderModifyのサーバーとの通信を行わないため、FX会社のサーバー負荷の問題はほぼ発生しません。
今後自動売買ツールとしてEAを発売した際の仕様としてご参考ください。

7pips(デフォルト13pips)の利幅が出たら5pips(デフォルト7pips)の利幅までストップを引き上げ(買いの場合)、引き下げ(売りの場合)

・最長ポジション保持時間53分(デフォルトでは2時間以内を推奨)
2017年1月以降は、2時間で決済する方法が有効という結果が出ています。

※ポジションの週末持ち越しはなし

※米国雇用統計発表日は日本時間で20時にポジションをクローズし、24時までトレード停止

足の終値を待たないリアルタイムシグナルで売買することも可能です。

MT4 かぎ足トレンド インジケーター1分足 スキャルピングでは約2年半の検証結果を掲載しています。

今回のように1週間で最適化すると、さらに良い結果が出ますね。

パラメーターを参考にしてみてください。



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。


それでは、お元気でお過ごしください!


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 


----------------------------------------------------- 
リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして 
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。 
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。 
また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については 
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。 
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。 
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただきます。 


利益や効果について 
Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。 


個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合 
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。 

----------------------------------------------------  











 





















 

↑このページのトップヘ