Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:USDJPY


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

先週のドル円相場は値幅が今年で一番狭いレンジで推移したとのことですね。

今回も「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」のUSDJPYを使って調べてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

RSIBands_h1
上図のように、1時間足ですと、2.5SigmaBands設定では、売りシグナルが1回出たのみでした。

+11.1pipsでした。

では、他の時間足ではどのようなシグナルが出たのでしょうか?

一番機能していたのは、15分足でした。

RSIBands
上図は買いで+5.7pipsの例です。

RSIBands_2
上図は買いで+3.1pips、売りで15.7pipsの例です。


RSIBands_3
上図は売りで+12.5pipsの例です。

StrategyTester

15分足では1週間に15回シグナルが出て、12勝3敗で勝率80%でした。

1万通貨の売買で、5300円の利益でした。



たかが1週間のデータ、と思われるかもしれませんが、ここが大きなポイントなのですが、特に最適化をしなくても、通貨フリー、時間足フリー版でフィルターなしのデフォルト設定に変更して、このテスト結果でした。

一般にEAのフォワードがバックテストの成績と乖離する傾向にあるのは、強度の最適化であるカーブフィッティングを行った結果だからだと推測できます。

カーブフィッティングの要素が強い場合は、例え10年間のデータでもほとんど意味をなさない可能性があります。

今後、このような観点から調査、改善してまいります。


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」はボリンジャーバンドベースで、値幅とRSIを使ってフィルターを自由にかけられるインジケーターとEAです。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


時間足はフリーですので、15分足でデフォルト設定で使ってみるのも面白いかもしれませんね。


ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。


今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在12位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
  


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


本日はMACDで右肩上がりの検証結果が得られた移動平均の組み合わせと設定のテクニカル検証を行なってみました。

ドル円の1時間足です。

usdjpy_macd


検証は、「自動売買ツール&トレードルール作成支援ツールMACDMA押し抜けくんEA」で行ないました。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=543


検証した結果は「トレンドフォロー押し目買いインジケーターMACDMA押し抜けくん」に設定して反映できます。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=515


MACDとMACDSignalのクロスで売買を行ったバックテスト結果です。


MACDMA押し抜けくんEAではデフォルトではTrendMA50、トレンド判定をEMA50の傾きで行い、CrossMA20、MACDがMACDSignalを越えた時にEMA20を上回っていれば買いというフィルターがついています。

さらには、買いの場合、EMA20の傾きが上向きで、EMA20>EMA50、EMA20とEMA50の乖離が-50pips以上+50pips以下というフィルターを使っています。


約2年半で最適化を行なった結果、MACDのパラメーターは通常(12,26,9)のところ、(12,26,11)としています。


約2年半のデータでは、残高曲線が以下のようにほぼ右肩上がりになっています。

usdjpy_StrategyTester


MT4レポートは以下の通りです。
usdjpy_repo


テストの結果概要は以下の通りです。


2015年1月~2017年6月

ロット0.01(1000通貨)

純益18776円

プロフィットファクター1.35

売買回数428回

最大ドローダウン2679円

勝敗229勝199敗(勝率53.5%)

利食い80pips

損切り30pips

20pips以上の利幅があれば5pipsまでストップを買いの場合引き上げ

米国雇用統計発表日は20時にポジションを閉じて0時に再開


今回はMACDとMACDSignalのクロスで売買テストを行いましたが、MACDの良いところは、MACDの傾きや、MACDと0ラインのクロス、MACDSignalと0ラインのクロス等、売買のポイントがいくつかあって臨機応変にそれらを使い分けることができるところだと思います。


テスト結果は統計上のデータに過ぎませんが、売買の目安となるルールを作る場合、最低限、過去のバックテストデーターはほぼ右肩上がりである必要があり、ルールを何種類かもっておいて適宜使い分けるのが理想ではあります。


テスト結果をベースに、裁量で売買を行ったり、EAでのシグナルの取捨選択を行なったり、利食いを伸ばしたり、損切りを早めたり、対応して頂くともっとパフォーマンスが上がるかと思います。


因みに今回のテスト時の設定でデフォルトから変更したところは下図の赤い部分(SignalSMAPeriod, TP, SLの3つ)です。
usdjpy_setting

上図でチェックがついているパラメーターがテスト時に変動させた項目です。

例えばSLの場合、25pips~80pipsまで5pips毎にステップアップしてテストしたという意味です。


例えば、5分足や15分足で利食いTPのチェックを外して25pipsに固定し、SLをチェックして25pips~60pipsまで5pipsずつ動かす最適化テストなどもやってみると、より裁量に近い売買ルールが見つかるかもしれませんね。




5月31日の「ダウ理論応用フィルター」の記事の分から、ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにいたしました。

今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在22位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。



それでは、お元気でお過ごしください!


※下記のページで無料商品も含め、商品一覧がご覧いただけます。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/
 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

 


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


5月も終盤ですね。

今回は、USDJPYの15分足についてRSIの逆張りでどの時間帯が一番利益が出ていたか?

2016年5月の期間について調べました。



【調査期間2016年5月1日~29日】

通貨 USDJPY

足 15分足

売買ロット 10000通貨

買い条件
RSIが30以下(RSI<=30)を付けてからRSIが35を越えたら(RSI>35)買い

売り条件
RSIが70以上(RSI>=70)を付けてからRSIが65を割れたら(RSI<65)売り

利食い 30pips

損切り 60pips




結果
16:00~23:00の仕掛けが一番利益が出ていました。

+26,817円(11勝1敗)


MT4レポート
201605RSIEAUSDJPY_3



テスト売買チャートその1
201605RSIEAUSDJPY_1


テスト売買チャートその2
201605RSIEAUSDJPY_2


上記データはUSDJPYのRSI15分足を使った逆張り(35<RSI, RSI<70)ですが、ご参考ください。


使用したインジケータ
MT4 RSI Watcher 

トレンドフォロー押し目買いインジケータMT4 RSIMA 押し抜けくんでも同じことが可能です。

使用したEA
トレードルール作成支援ツールMT4 RSIMA 押し抜けくんEA


それでは、お元気でお過ごしください!








///////////////////////////////////
メール:infoあとまーくabproducts.biz
Skype:sinsatori
HomePage: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/
発行者:アートブレインプロダクツ
担当:さとり心
///////////////////////////////////

-----------------------------------------------------
リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。
また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただきます。

利益や効果について
Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。
-----------------------------------------------------




 







にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
にほんブログ村

テクニカルトレード ブログランキングへ







こんにちは!

さとりと申します。


当ブログでは、MT4でインジケーターを徹底活用する方法をどんどん検証してまいります。


皆さんも相場を予想することは難しいことは十分承知かと思います。

インジケーターも過去のデータを基にシグナルを出すので、遅行指標でしかありません。

 基本的な勝率は5割で、スプレッドやスリッページがあるので、勝率4割程度に見ておくのが基本です。

 しかし、これを運用でカバーできるかを検証してゆくのが当ブログの狙いです。

運用でカバーというのは、どういう時に仕掛けて利食いと損切りの幅をどうするのか?

具体的に検証して、データを蓄積して実践で役立ててゆこうという意味です。

第1回目のテーマはRSIです。

 しばらくはRSIが続きます。

RSIは一般的に逆張り指標と言われますね。

定義などは、このページにありますので、ご確認ください。

今回はドル円1時間足で2014年のクリスマス以降から直近の2015年1月10日までの約半月間を検証しました。

早速ですが、下記のチャートをご覧ください。
Chart USDJPY, H1, 2015.01.11 01:51 UTC, FXDirectDealer, MetaTrader 4, Real 

RSIインジケーターは「FXデイトレRSIで1日20pipsを狙うインジケーター」を使っています。

※「RSI friendly indicator」からバージョンアップし名称変更されました。

「FXデイトレRSIで1日20pipsを狙うインジケーター」の説明はこのページでご確認ください。

 赤い点線の60以上をつけてから赤い実線の55を割ったら売り新規、 青い点線の40以下をつけてから青い実線の45を超えたら買い新規、 の設定となっております。

 仮に以下のようなルールで売買した場合の損益を検証しました。

赤い下向きの矢印の出現が赤赤と2回続いたら2つ目の赤い矢印で売り新規、

買いポジションがあれば決済してど転売り、

青い上向きの矢印の出現が青青と2回続いたら2つ目の青い矢印で買い新規、

売りポジションがあれば決済してど転買い、

損切りを50銭とすれば、概算ですが、損益は以下のようになります。

スプレッド+スリッページ分は3pipsで計算しております。

 売り建て 120.552 決済 119.387 +1.135(+113.5pis)

買い建て 119.387 決済 120.471 +1.054(+105.4pips)

売り建て 120.471 決済 118.638 +1.803(+180.3pips)

買い建て 118.638 決済 119.811 +1.143(+114.3pips)

売り建て 119.811 売りポジション保持

4勝0敗

損益合計 +5.135円(+513.5pips)

ドル円1時間足のこの期間については、インジケーターの上記の設定が合っていたという検証結果です。

 検証結果は過去のものですので、将来の利益とは無関係ですが、

主に兼業トレーダーの皆様にとって多少でもヒントになれば幸いです。

まだまだ寒いですので、お体にお気をつけください。

それでは、また、当ブログでお会いしましょう!

-------------------------------------------------------------
リスクについて
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして頂くためのものであり、
妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものであり、損失について保証することはございません。
また、ソフトウェアのインストールの結果についても、問題があれば適切なアドバイスをさせて頂きますが、
ご自分の判断と責任で行って頂くものとなります。
外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金を預託することにより少額の資金で大きな金額の取引を行うことが可能ですが、
外国為替相場や金利の変動により預託した証拠金を上回る損失となる可能性があります。
取引に際しては、契約締結前にFX業者から交付される「外国為替証拠金取引説明書」等の内容を十分理解し、
ご自身の判断と責任において取引を行って下さい。
FX取引による損失等について、当サイト関係者、ソフト開発者は一切の責任を負いません。
また、金銭の預託運用など投資助言行為は一切行いません。
尚、当サイト及びソフトは十分に注意して作成されておりますが、万が一内容に誤りがあった場合でも、
適切な方法で訂正は行いますが、お客様の運用結果について損失が生じた場合、一切返品、返金、保証は負いません。
個人情報の保護について
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、
ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

--------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ