Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:RSI

メリークリスマス!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの1時間足と15分足について調べてみました。


その前に、前回逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの4時間足と日足についてまとめをいたしましたが、4時間足のチャートを掲載していなかったので、4時間足の事例を掲載いたします。

http://fxmt4indicator.blog.jp/archives/73737606.html




下図が、GBPJPY4時間足で7連勝のチャートです。

4時間足については、再テストいたしましたので、前回の記事に比べて売買回数が増えております。


StrategyTester_GBPJPY_H4_chart_2
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/3/13c10f65.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.緑の上向き矢印で買い準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を切って表示)

2.青い上向き矢印で買いエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を越えて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.青い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。



下図が同じくGBPJPY4時間足で3連勝の事例です。

背景が黒でもデフォルトで見やすいインジケーターの配色となっております。

StrategyTester_GBPJPY_H4_chart
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/4/640eabb7.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.オレンジの下向き矢印で売り準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を越えて表示)

2.赤い下向き矢印で売りエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を割れて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.赤い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。


EAでもインジケーターでも4時間足での売買イメージがは上記のようになります。



さて、1時間足や15分足ではどうなるでしょうか?


下図は15分足での表示例です。


USDJPY_M15_black
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/3/0/303eef19.gif


USDJPY_M15_white
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/1/0114c3db.gif


下記は15分足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_M15_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/0/e0636abb.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 19117.00円 

売買回数 173 

勝ち 129 

負け 44 

勝率 67.31% 

PF 3.10 

最大ドローダウン 1570.00円 

勝ち1回当たり平均利益 218.876円 

負け1回当たり平均損失 207.2円 




下記は1時間足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_H1_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/9/b/9bb700d1.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 13097.70円 

売買回数 142 

勝ち 113 

負け 29 

勝率 68.14% 

PF 2.55 

最大ドローダウン 2353.54円 

勝ち1回当たり平均利益 219.86円 

負け1回当たり平均損失 192.02円 


15分足でも1時間足でもあまり差のない成績となりました。

以前に、短期足の5分足でも機能していることはインジケーターで確認済みです。


上記データーは全てのシグナルを自動で行なった場合のデーターですので、この売買ポイントをベースに裁量で改善できれば、尚良いですね。


何の相場でも基本はダウ理論ですので、高値、安値を切り上げているときの押し目買い、切り上げているときの戻り売り、をうまく組み合わせると改善されるでしょうね。



今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした 。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


バージョンアップが完了し、日足と4時間足での8通貨と上記のドル円の15分足と1時間足のついてもPresetファイルを同梱しております。

通貨、時間軸別に見れば、過去5年間で最適化した18個のEA、またはインジケーターが含まれます。




本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/          


今日は!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI BandsEA、インジケーターについて4時間足と日足をまとめてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


下図はUSDJPY日足のシグナル例です。

RSI_Bands_USDJPY_D1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/f/2/f2aec58c.gif


ボリンジャーバンドの3シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に1.5~3.0)を終値で越えると逆張りの仕掛け準備シグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い準備なら緑の上向き矢印、売り準備ならオレンジの下向き矢印となります。

実際の仕掛けは、1シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に0.5~2.0)を終値でクロスすると、仕掛けのシグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い仕掛けなら青の上向き矢印、売り仕掛けなら赤の下向き矢印となります。


終値で仕掛けのシグナルが出ていれば次の始値で仕掛けます。


下図は5年間4時間足で安定していた5通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_H4_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/3/23a8326e.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 40683.69円

売買回数 234

勝ち 188

負け 46

勝率 80.342% 

PF 2.398

最大ドローダウン 2190.55円

勝ち1回当たり平均利益 371.206円

負け1回当たり平均損失 632.675円 












下図は5年間日足で安定していた4通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_D1_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/9/190e73e9.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 124076.20円

売買回数 233

勝ち 189

負け 44

勝率 81.116% 

PF 4.192

最大ドローダウン 4200.00円

勝ち1回当たり平均利益 862.129円

負け1回当たり平均損失 883.322円 




4時間足に比べて日足のプロフィットファクターが高いのが分かりますね。


時間軸が長いほど大きなトレンドが捕らえられることは確かですね。


勝ち1回当たり平均利益と負け1回当たり平均損失から見て、4時間足については利小損大ですが、日足についてはほぼ同額、リスク/リワードレシオ1:1となっていることからも、日足の方がより安定していると言えそうですね。


また、ボリンジャーバンドは長期足ほど機能しやすいとも言えそうですね。


それは、相場を左右する人間心理が1分、5分、15分、30分、1時間単位よりも、1日単位、週単位の方がライフサイクルによりマッチしているからかもしれませんね。




近日中の無償バージョンアップで、EA、インジケーター共、以下の通貨と時間軸のPresetファイルを同梱いたします。


4時間足と日足について

AUDJPY

AUDUSD

EURJPY

EURUSD

GBPJPY

GBPUSD

USDCAD

USDJPY





Presetファイルは、EA、インジケーターの設定画面の「パラメーターの設定」タブから「読み込み」をクリックしてPresetファイルを読み込んでください。



今回のバージョンアップでは、EAは1ファイルのみで、インジケーターはボリンジャーバンド1ファイルとRSI1ファイルの計2ファイル同梱、となりますので、各通貨の各時間軸のPresetファイルを読み込んでください。


各通貨と時間軸毎にテストレポートとPresetをつけておりますので、お気に入りの通貨を選んで運用しやすくなっております。




今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。   

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////      

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。   
http://abproducts.biz/melmaga/         


今日は!

FXの調べ、さとりです。


今回は、RSIMA押し抜けくんの初期設定を変更したので、お知らせいたします。


USDJPY1時間足を使い、RSIと移動平均で特に2017年に相性が良かった組み合わせを初期設定に変更しました。



初期設定は、トレンドを4時間足125EMAの傾きで見て、

買いの場合レートが1時間足85EMAを越えている状態でRSIが40を切ってから50を越えたら買い、

売りの場合レートが1時間足85EMAを割っている状態でRSIが60を越えてから50を切ったら売り、

となっております。

RSIと移動平均を使ったシナリオ管理インジケーターとEAです。

EA,インジケーターの設定画面から読み込める初期設定の参考Presetファイルを同梱しておりますが、設定はご自由に変更して頂き、MT4の「ファイル→データーフォルダを開く→MQL4→Presets」に保存しておき、適宜読み込むと便利です。

通貨フリー、時間足フリーですが、ドル円の1時間足では以下のようなシグナル例となります。

下図は買いシグナル例です。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/wp-content/uploads/2015/06/buy.gif

下図は売りシグナル例です。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/wp-content/uploads/2015/06/sell.gif


下図は5年間の残高曲線です。
特に2017年に成績が良い設定を初期設定としました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/wp-content/uploads/2015/06/StrategyTester_USDJPY_H1-1.gif


report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/e/4efdfea1.gif


MT4の5年間のレポートより

売買単位0.1ロット

純益 12651円

プロフィットファクター 1.91

総取り引数 90

勝率 73.3%(66勝24敗)

最大ドローダウン 40400円 

TP140pips

SL120pips

20pipsの評価益で買いの場合、ストップを5pipsに引き上げ



2017年は以下の通りです。

売買単位0.1ロット

純益 80570円

プロフィットファクター 7.41

総取り引数 22

勝率 86.36%(19勝3敗)

最大ドローダウン 16010円 

TP140pips

SL120pips

20pipsの評価益で買いの場合、ストップを5pipsに引き上げ

 

チャート上に表示したインジケーターは、トレンドフォロー押し目買いインジケーター MT4 RSIMA押し抜けくんです。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=9

テストで使用したEAは、トレードルール作成支援ツール MT4 RSIMA押し抜けくん EAです。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=122


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。   

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////      

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。   
http://abproducts.biz/melmaga/       


こんにちは。

FXの調べ、さとりです。


今回は、ドル円の日足で0.382押しで仕掛けるタイミングと、RSI の3つのタイムフレームの逆張りシグナルのタイミングを比較してみました。


USDJPY_D1


上図は、ドル円の日足チャートです。


メインチャートには、フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上を0.382戻りで買いシグナルを出すように設定しています。

ただし、トレンドフィルターは使っておりませんので、トレンドが陰転中でも買いシグナルが出ます。

サブチャートには、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターが表示されています。

月足のRSIは期間が長すぎますので、上位のタイムフレームは週足のみ使っております。

サブチャートの緑の週足のRSIが50を越えていて、青い日足のRSIが40を下回ったので、週足トレンドが上向き中に日足のRSIで押し目を作ったと判定し、逆張りの買いシグナルを出しています。

チャートをご覧頂くとわかりますが、陰転中の0.382押しのタイミングの少し前にRSI3TFの逆張りシグナルが出ております。


その後、ジグザグしながら下値を切り上げ、メインチャートで0.382押しのタイミングでフィボナッチの買いシグナルが2回出ました。

最新の安値112.034が前の谷の安値111.994を割らずに上方に切り替えしているのは、やはりダウ理論が生きているということでしょうね。


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。 

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////    

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。 
http://abproducts.biz/melmaga/  

今日は!

FXの調べ、さとりです。

今回はRSIで3つのタイムフレームを使って逆張りのシグナルを出すインジケーターを調べて見ました。


検証に使ったのは、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターです。

早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターは、連続する3つのタイムフレームのRSIの内、上位2つが50より上で、現足のRSIが40を割ったら逆張りの買い、上位2つが50より下で、現足のRSIが60を越えたら逆張りの売りのシグナルを表示します。


下図はUSDJPY1時間足のチャートです。

RSIMA_3TF_Buy

上図において、1時間足RSI>4時間足RSI>日足RSI を満たすと青い上向き三角形が表示され、1時間足RSI<4時間足RSI<日足RSI を満たすと赤い下向き三角形が表示されます。

トレンド三角形の陽転、陰転と呼ぶことにします。

このケースでは、トレンド三角形が陰転直後に、押したところで1度目の買いシグナルが出ています。

また、陰転から陽転に向かうところで陽転する前に2度目の買いシグナルが出ています。



下図はEURUSD15分足のチャートです。


RSIMA_3TF_Sell


下図はAUDJPY4時間足のチャートです。


RSIMA_3TF_BuyAUDJPY_H4



上図のEMAの内、青いトレンド判定用EMAの傾きでインジケーターのシグナルを制御いたします。


デフォルトではEMAは使用しておりませんので、同梱のEMAインジケーターは参考用にご覧ください。


このように、トレンド転換は遅いと感じることもあると思いますが、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーター陰転中に逆張りで買い、陽転中に逆張りで売りを仕掛けるタイミングをお知らせするインジケーターでもあります。

ただし、トレンド判定用のEMAを使った場合は、大きな流れを捉えるように長期で設定し、EMAの傾きが上向きなら買いのみ、下なら売りのみ行うのも良いかと思います、

本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////   

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。
http://abproducts.biz/melmaga/


 

↑このページのトップヘ