Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:RCI


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

週末にはまた台風がやって来そうですね。

今年は本当に多いですね。


さて、これからしばらくはマルチタイムフレーム&マルチシグナルで順張り、逆張り両面から相場を捉えるためのインジケーターを紹介させていただきます。


上図はUSDJPY 15分足チャートです。

サブウィンドウには、「RCIを長期短期で追跡する RCI MTF マルチシグナルインジケーター」を表示しています。

15分足で、80pipsの値幅を取るチャンスがあったことが分かります。

メインウィンドウには、値幅の感覚をお伝えするために、N字エントリーインジケーターの20pips反転を表示しています。

初期設定では、ピンクのRCI(9)長期トレンドラインは4時間足、緑のRCI(9)中期トレンドラインは1時間足を用いており、このどちらかのRCI値が+50以上または-50以下の時のみ短期15分足のRCI(9)を追跡するシグナル・メール・アラートが行われます。

シグナルを表示する条件も、+80,+50,0,-50,-80水準を跨いだ時の5設定をデフォルトに、+85,+60,0,-60,-85などのように5設定をお好みで変更可能です。

デフォルトでは、RCI=0を跨いでもシグナルは表示されませんが、0跨ぎでのシグナル表示も設定変更で可能です。

設定変更は自由度が高く、長期RCIを日足や1時間足に設定したり、中期RCIを30分足に設定したりできます。

計算期間(Period)の初期設定は、短期、中期、長期共9ですが、同梱のPeriod設定インジケーターにより、9,26,52 として全て同じタイムフレームにしたり、6,26,52,のように短期だけ早めに反応するようにも設定できます。


基本的な使い方は、RCIトレンド が上昇中または高い内は、短期RCIが陰転したら下向き矢印で逆張りの買い、短期RCIが陽転したら上向き矢印で順張りの買いです。

逆張り時はストップロス幅をやや大きめに取ってやや大きな値幅を狙うイメージです。

順張り時はストップロス幅をやや小さめに取ってやや小さな値幅を狙うイメージです。

いずれにしても、長期トレンドが上昇中は、逆張りの下向き矢印と順張りの上向き矢印の間に買いタイミングがあると考えられます。

もちろん、トレンドに乗れれば、値幅を大きく取ってください。

GBPJPYM5


上図は、GBPJPYチャートのサブウィンドウに、長期RCI(9)4時間足、中期RCI(9)1時間足、短期RCI(9)5分足のRCI MTF マルチシグナルインジケーターを表示した例です。

5分足でも、40pipsの値幅を取るチャンスがあったことが分かります。

メインウィンドウには、値幅の感覚をお伝えするために、N字エントリーインジケーターの20pips反転を表示しています。


上図は、EURUSDチャートのサブウィンドウに、長期RCI(9)4時間足、中期RCI(9)1時間足、短期RCI(9)1分足のRCI MTF マルチシグナルインジケーターを表示した例です。

1分足でも、10pipsの値幅を取るチャンスがあったことが分かります。

メインウィンドウには、値幅の感覚をお伝えするために、N字エントリーインジケーターの5pips反転を表示しています。 


その他、下記のページには、チャート形状や移動平均線なども絡めてRCI(順位相関指数)をうまく活用する例が紹介されています。
http://fx-koryaku.com/fx-technical-method/entry-signal-toriimayumi-201702


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////  


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今日は「ロンドン市場が開く前はやはり方向性が出にくいのか?」というタイトルで記事を書かせていただきます。

データー上、そのような結果が出たので、ご紹介させていただきます。

検証に使ったのは「MT4 タイムセレクト ツールEA RSI USDJPY 15分足」です。



2016年以降は米国の大統領選挙があったり、世界情勢が読みにくい状況が続いているため、方向感が定まりにくい傾向があると推測し、特に裁量では難しい時代に入ったと言ってもよいかもしれませんね。


かと言って、EAなら何でも良いわけではない、ことはいつの時代も同じです。


このような訳で、今回は方向感が定まりにくい傾向があると推測される2016年1月以降のテストを行いました。


その結果が下図です。

USDJPY_TimeOptimize


上図の例では10000通貨の売買で、3ポジションまで持ちます。

上図ではMT4のテスターで上から純益が大きい日本時間順に並べました。

一番上の行、つまり最も純益が大きい時間帯は、6:00代で、以下3:00代、7:00代、4:00代と続きます。

11:00前後、20:00前後もまずまずでした。



結果が良くない時間帯は5つありまして、15:00代、2:00代、14:00代、5:00代、16:00代でした。

この時間帯のトレードはマイナスになっていたり、ドローダウンも大きく、プロフィットファクターも低い傾向があります。

14:00代、15:00代、16:00代はロンドン市場が開く前の時間帯ですので、指標の発表があったりすると思惑が錯綜し、方向性が定まりにくいのかと思われます。

ここでは、結果が良くない5つの時間帯をNormal Timeと呼び、それ以外の時間帯をGood Timeと呼びます。

このGood Timeの時間帯のみにトレードした結果は以下の通りです。
StrategyTester_USDJPY_TimeSelect

USDJPY_TimeSelect


上図は、2016年1月以降のGood Timeの時間帯のみにトレードした場合のMT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 444回
純益 501760円
最大ドローダウン 46980円
勝率 87.61%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=3.14
平均利益 1892円
平均損失 4260円


因みに、「MT4 タイムセレクト ツールEA RSI USDJPY 15分足」のページでは、Normal Time も含めた全時間帯でトレードを行ったデーターも掲載しておりますが、Good Timeのみのトレードの方がより滑らかな残高曲線になっています。


ところで、直近のドル円相場では、下値が固い動きをしておりますが、9月19日の高値111.878円を割らずに上方に切り返せば、長いエリオット第5波を形成するかもしれませんね。
elliot_usdjpy_h1





今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!




テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

↑このページのトップヘ