Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:GMMA

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は、「GMMAのLongのトレンド方向にShortで売買する事例」をお届けいたします。


下図が、直近のUSDJPY1時間足のGMMAの売りシグナル例です。
USDJPY_H1_GMMA_Sell
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/a/b/abce0cc3.gif

上図において、意識される価格帯が下がってきました。

GMMAとはEMA移動平均線を12本使った指標で、Long6本とShort6本に分かれます。

詳細は別の機会にいたしますが、ここではLongをトレンドとしてShortの陰転陽転で売買する例をご紹介しております。

上図において、ピンクの長期LongGMMAが陰転して下向きの時は売りのみ考えます。

短期ShortGMMAが上向転換したら逆張りの売り(戻り売り)のタイミングを取り、

短期ShortGMMAが下向転換したら順張りの売りのタイミングを取ります。


下降トレンドが出ているからではありますが、どちらのタイミングでも有効であることが分かります。


下図はGMMAを使った買いシグナルの例です。
USDJPY_H1_GMMA_Buy

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/0/001f20e5.gif


上図において、ピンクの長期LongGMMAが陽転して上向きの時は買いのみ考えます。

短期ShortGMMAが下向転換したら逆張りの買い(押し目買い)のタイミングを取り、

短期ShortGMMAが上向転換したら順張りの買いのタイミングを取ります。


上昇トレンドが出ているからではありますが、どちらのタイミングでも有効であることが分かります。


GMMAをサブウィンドウに表示するインジケーターを使っているので、見やすいですね。



本日使用したインジケーターは以下の通りです。

******************************************************
MT4 Gmma Gap Trading Indicator

Gmmaの長期短期のギャップを逆張りと順張りの両面から狙う!
MTF対応GMMAをサブウィンドウに表示しシグナル・メール・アラート!
******************************************************




******************************************************
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2555

自分で引いたレジサポラインをブレイク後反転したらシグナル・メール・アラート!
ライントレードなどで使われる、上値抵抗線と下値支持線の逆転時にシグナル表示可能!
******************************************************




本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/             


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

今回は売りか、買いか、迷ったらGMMAトレンド方向が良いのではないか?

というシグナル例をご紹介します。


下図はドル円15分足の買いシグナル例です。
GMMAbuy
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/1/013d8665.gif

上図のメインチャートには、N字エントリーインジケーターが表示されています。
また、上図のサブチャートには、GMMA GAP インジケーターが表示されています。

①でGMMAShort青がやや上向きのGMMALongピンクを引っ掛けて陽転した後、②でN字エントリーインジケーターが陽転したので、買いと見なします。

①と②は前後してもOKとします。


下図はドル円15分足の売りシグナル例です。
GMMAsell
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/2/c2586c47.gif

上図のメインチャートには、N字エントリーインジケーターが表示されています。
また、上図のサブチャートには、GMMA GAP インジケーターが表示されています。

①でN字エントリーインジケーターが陰転した後に、②でGMMAShort青が下向きのGMMALongピンクを引っ掛けてから陰転したので売りと見なします。

①と②は前後してもOKとします。


GMMAShort6本のEMAとGMMALong6本のEMAの関係性や形に慣れてくれば、トレンドが判断しやすくなるでしょう。

GMMAはいろいろなインジケーターと相性が良いので、是非取り入れてみてください。




ところで、GMMAトレンドを使って13年間年別無敗のツールEAの事例もご紹介しておきます。

ツールなので、ご購入された方にはロジックは公開されます。

5LogicGraph
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/7/e7950203.gif


通貨 USDJPY

時間足 15分足

ロジック 5つのロジック(5つのEAのトータル集計)

バックテスト期間 2005年~2018年2月(フォワード期間約6ヶ月)

ロット 0.1ロット固定(初期設定では0.01固定 レバレッジも可能です。)

ポジション 各ロジック3ポジション(初期設定で最大3ポジションです。)

純益 4,210,030円

プロフィットファクター 1.875

最大ドローダウン 149,830円

取引回数 12989回(トレンドがでない時はエントリーしませんので、月1、2回の時もございます。)

勝ち回数 11898回

負け回数 1091回

勝率 91.601%

勝ち平均額 758円

負け平均額 4411円

2017年9月~2018年2月の約半年間はほぼフォワード期間です。

つまり、パラメーターの最適化を2005年1月~2017年8月のデーターで行い、その後はほぼ半年間パラメーターを変更していないということです。

約半年間のフォワード期間を含めて、5つのロジック全てで13年2ヶ月間ほぼ右肩上がりであったパラメーターがセットされています。

最大3ポジションにしているのは、残高曲線が1ポジションの時と比較して滑らかな傾向があるためです。


年別集計では13年間無敗です。

year
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/b/cbe633bf.gif


四半期別集計では勝率90%です。

quarter
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/f/5/f5b289e9.gif




今回の記事に関連したEA、インジケーターは以下の通りです。


MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター

MT4 Gmma Gap Trading Indicator(サブチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2153

MT4 GMMA MTF EMA インジケーター(メインチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1463


ドル円 15分足 デイトレ・スキャル ツールEA 5ロジックセット
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2490


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            

<検証の結果得られた教訓>(結果については、自己責任でお願いいたします。)

※基本方針として、損切りラインをしっかり意識して、利食いは伸ばせるときはできるだけ伸ばしてください。利食い幅は損切り幅以上、できれば損切り幅の2倍以上が望ましいです。

※損切り幅以上に儲からないと思ったらエントリーはしない方がよいでしょう。

※適宜微調整を行いながら経験値を上げて、自分の手法を確立してください。

・トレンドは長期6本、短期6本のEMAで判断し、さまざまなインジケーターと相性が良いGMMAが良いでしょう。

・GMMALongが上向きで、GMMAShortが一度下がって(陰転)GMMALongを引っ掛けてから再度上昇(陽転)した時に、ローソク足がN字型に反転上昇してくれば、前後しても良いので、買いと見なします。売りはその逆です。

GMMAインジケーターは下記の2種類があります。

MT4 Gmma Gap Trading Indicator(サブチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2153

MT4 GMMA MTF EMA インジケーター(メインチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1463

・N字エントリーインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、順張りの場合USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2255

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがN字エントリーツールEAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2228


・フィボナッチ・リトレースメントインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips~50pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2060

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがフィボナッチ・リトレースメントオートトレード戦略EAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2279
 
 
 


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

超大型の台風がやってくるので、十分にお気をつけください。


さて、ドル円はエリオット第5波動を形成中です。

ドル円4時間足の1円反転N字エントリーインジケーターをご覧ください。
elliot


第4波動の安値は第1波動の高値111.026を割らずに上方に切り返したので、第5波動の延長を継続中です。

エリオット波動の定義によれば、第3波動が一番長くなることはないので、第5波動の起点を111.459とすれば、第3波動の値幅分(112.707 - 109.524 = 3.183)以上は上がる可能性があるので、114.642円が当面の目標になります。

ただし、第1波動の高値111.026を割り込むようなことがあれば、状況は変わります。


本日は、この場をお借りしまして、EAとインジケーターのご案内をさせていただきます。

まずEAの方ですが、過去13年分のデータを基にいくつかアップしておりますが3カ月~半年フォワードの状況を見る必要はございますが、その中でも初めから順調に推移しておりますのが、
Dolphin RSI EA」です。

8月下旬にフォワードを開始しまして、13勝3敗 勝率81%、10000通貨単位の最大3ポジションの売買で+12230円、PF3.24となっております。

もし宜しければ、今が当EAにタイミングが合っている期間かと思いますので、ご検討ください。



また、インジケーターでは、Gmmaの長期短期のギャップを逆張りと順張りの両面から狙い、MTF対応GMMAをサブウィンドウに表示する「MT4 Gmma Gap Trading Indicator」を販売開始しました。


gmma_gap

上図のように5分足チャートのサブウィンドウにGmmaLong 1時間足とGmmaShortの5分足を表示してトレンド方向に逆張りと順張りを行うなどの柔軟な売買が可能です。

当インジケーターでは2階建て以上にも対応しておりますので、同時に5分足チャートのサブウィンドウにGmmaLong 4時間足とGmmaShortの15分足を表示することも可能です。


ボラティリティが低くなるとインジケーターで目先取ってゆくという考え方も重要になってくると思いますので、そのような場合にはトレンド方向に逆張りと順張りの両面から狙ってゆくGap Tradingもご参考ください。



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////  


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今日は「ロンドン市場が開く前はやはり方向性が出にくいのか?」というタイトルで記事を書かせていただきます。

データー上、そのような結果が出たので、ご紹介させていただきます。

検証に使ったのは「MT4 タイムセレクト ツールEA RSI USDJPY 15分足」です。



2016年以降は米国の大統領選挙があったり、世界情勢が読みにくい状況が続いているため、方向感が定まりにくい傾向があると推測し、特に裁量では難しい時代に入ったと言ってもよいかもしれませんね。


かと言って、EAなら何でも良いわけではない、ことはいつの時代も同じです。


このような訳で、今回は方向感が定まりにくい傾向があると推測される2016年1月以降のテストを行いました。


その結果が下図です。

USDJPY_TimeOptimize


上図の例では10000通貨の売買で、3ポジションまで持ちます。

上図ではMT4のテスターで上から純益が大きい日本時間順に並べました。

一番上の行、つまり最も純益が大きい時間帯は、6:00代で、以下3:00代、7:00代、4:00代と続きます。

11:00前後、20:00前後もまずまずでした。



結果が良くない時間帯は5つありまして、15:00代、2:00代、14:00代、5:00代、16:00代でした。

この時間帯のトレードはマイナスになっていたり、ドローダウンも大きく、プロフィットファクターも低い傾向があります。

14:00代、15:00代、16:00代はロンドン市場が開く前の時間帯ですので、指標の発表があったりすると思惑が錯綜し、方向性が定まりにくいのかと思われます。

ここでは、結果が良くない5つの時間帯をNormal Timeと呼び、それ以外の時間帯をGood Timeと呼びます。

このGood Timeの時間帯のみにトレードした結果は以下の通りです。
StrategyTester_USDJPY_TimeSelect

USDJPY_TimeSelect


上図は、2016年1月以降のGood Timeの時間帯のみにトレードした場合のMT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 444回
純益 501760円
最大ドローダウン 46980円
勝率 87.61%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=3.14
平均利益 1892円
平均損失 4260円


因みに、「MT4 タイムセレクト ツールEA RSI USDJPY 15分足」のページでは、Normal Time も含めた全時間帯でトレードを行ったデーターも掲載しておりますが、Good Timeのみのトレードの方がより滑らかな残高曲線になっています。


ところで、直近のドル円相場では、下値が固い動きをしておりますが、9月19日の高値111.878円を割らずに上方に切り返せば、長いエリオット第5波を形成するかもしれませんね。
elliot_usdjpy_h1





今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!




テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 


今日は!

FXの調べ、さとりです。



今回は、GMMALongでトレンド判定し、RSIで逆張りを仕掛ける自動売買ツールEAを使って、過去4年半で最もドローダウンが小さい時間帯を調べてみました。

「MT4 ドローダウンの小さい時間帯にトレードするGMMAトレンド+逆張りRSI自動売買ツールEA USDJPY M5」のURLです。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1950

その結果が下図です。

DrawDown



上図ではMT4のテスターでドローダウンが小さい順に並べました。

一番上の行、つまり最もドローダウンが小さいのは8時代のトレード結果、以下、15時代,20時代,7時代,6時代,22時代と続きます。

このドローダウンが小さい時間帯のみにトレードした結果は以下の通りです。


下図が2013年からの4年半の残高曲線で内包される5つのEAの内比較的ドローダウンの小さい3つの設定をを1ロット0.01ずつで動かした場合のデーターです。


ドローダウンが小さい時間帯15時代,8時代,7時代,22時代,20時代,6時代の6つの時間帯でトレードしたテスト結果です。
StrategyTester

repo_3set_dd6




USDJPY5分足の3設定6時間帯のトレードの2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数739回
純益65128円
最大ドローダウン 12102円
勝率82.81%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.58
平均利益 290円
平均損失 887円


因みに下図が最も収益性の高かった20時代のみで2013年からの4年半の残高曲線で内包される5つのEAの内比較的ドローダウンの小さい3つの設定をを1ロット0.01ずつで動かした場合のデーターです。

最も収益性の高かった20時代の時間帯でトレードしたテスト結果です。
StrategyTester_20
repo_hour_dd_20


USDJPY5分足の3設定20時代のみのトレードの2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数177回
純益34550円
最大ドローダウン 5655円
勝率86.44%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=2.74
平均利益 355円
平均損失 827円

※20時代のみトレードする場合は、OneHourTrade=15,8,7,22,20,6となっている初期設定をOneHourTrade=20にするだけです。

※TP、SL、利益確保機能、トレール、GMMAトレンドフィルターなどのパラメーターは調整可能です。

※通貨はUSDJPY限定、時間足はフリーです。 

午前4時から午前9時までは一般にスプレッドは広いのですが、当EAはスキャルピングEAではないですし、最大許容スプレッドはデフォルトで3pipsに設定してあるので、それほど気にしなくて良いかと思います。

今回制作した「GMMAトレンド +逆張りRSI 自動売買ツールEA USDJPY M5」ではドローダウンが小さい時間帯15時代,8時代,7時代,22時代,20時代,6時代の6つの時間帯でトレードします。

もちろんトレード時間帯は自由に変更できます。

比較的儲かっている時間帯は、20時から23時と3時から7時です。

下図は、4年半の最適化おいて純利益が大きい順に並べたものです。
Profit


また、時間足フリー、GMMAトレンドはマルチタイムフレームで設定変更可能で、RSIの設定もマルチタイムフレームで5つまで設定が可能でして、マジックンナンバーの異なる5つのEAが入っております。

下図が買いの例です。

 

買いポジションは最大5つまでです。

下図が売りの例です。

 

売りポジションも最大5つまでです。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

 



↑このページのトップヘ