Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:GBPJPY





こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は「高値越え安値割れ予報シグナル・メール・アラート!」をお届けいたします。

下の図が、GBPJPY15分足チャートのブレイクキャッチインジケーターの高値越え安値割れ5pips圏内のシグナル例です。

GBPJPY_M15_HighLowPreSignal
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/3/e386852f.gif

○で囲んだ斜めのシグナルは、前の高値安値の5pips圏内に入ったら表示されます。

本シグナルが出る前に予報シグナルがあれば、トレードを実行するか見送るかを判断する時間がありますので、後悔することが減るはずです。

投資家心理は相場を動かす大きな要因ですから、大衆の心理を読む上で、シグナル予報はお役に立てるのではないかと思います。


本日使用したEA、インジケーターは以下の通りです。


********************************
デイトレ・スウィングでも使えるMT4 ブレイクキャッチ・
スキャルピングツールインジケーターと別売りEA


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2372

前の高値を越えたら買い、前の安値を切ったら売る、EAでは通信タイムラグのない
ストップ注文自動発注、インジケーターではシグナル・メール・アラート
********************************

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/             

メリークリスマス!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの1時間足と15分足について調べてみました。


その前に、前回逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの4時間足と日足についてまとめをいたしましたが、4時間足のチャートを掲載していなかったので、4時間足の事例を掲載いたします。

http://fxmt4indicator.blog.jp/archives/73737606.html




下図が、GBPJPY4時間足で7連勝のチャートです。

4時間足については、再テストいたしましたので、前回の記事に比べて売買回数が増えております。


StrategyTester_GBPJPY_H4_chart_2
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/3/13c10f65.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.緑の上向き矢印で買い準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を切って表示)

2.青い上向き矢印で買いエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を越えて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.青い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。



下図が同じくGBPJPY4時間足で3連勝の事例です。

背景が黒でもデフォルトで見やすいインジケーターの配色となっております。

StrategyTester_GBPJPY_H4_chart
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/4/640eabb7.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.オレンジの下向き矢印で売り準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を越えて表示)

2.赤い下向き矢印で売りエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を割れて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.赤い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。


EAでもインジケーターでも4時間足での売買イメージがは上記のようになります。



さて、1時間足や15分足ではどうなるでしょうか?


下図は15分足での表示例です。


USDJPY_M15_black
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/3/0/303eef19.gif


USDJPY_M15_white
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/1/0114c3db.gif


下記は15分足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_M15_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/0/e0636abb.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 19117.00円 

売買回数 173 

勝ち 129 

負け 44 

勝率 67.31% 

PF 3.10 

最大ドローダウン 1570.00円 

勝ち1回当たり平均利益 218.876円 

負け1回当たり平均損失 207.2円 




下記は1時間足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_H1_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/9/b/9bb700d1.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 13097.70円 

売買回数 142 

勝ち 113 

負け 29 

勝率 68.14% 

PF 2.55 

最大ドローダウン 2353.54円 

勝ち1回当たり平均利益 219.86円 

負け1回当たり平均損失 192.02円 


15分足でも1時間足でもあまり差のない成績となりました。

以前に、短期足の5分足でも機能していることはインジケーターで確認済みです。


上記データーは全てのシグナルを自動で行なった場合のデーターですので、この売買ポイントをベースに裁量で改善できれば、尚良いですね。


何の相場でも基本はダウ理論ですので、高値、安値を切り上げているときの押し目買い、切り上げているときの戻り売り、をうまく組み合わせると改善されるでしょうね。



今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした 。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


バージョンアップが完了し、日足と4時間足での8通貨と上記のドル円の15分足と1時間足のついてもPresetファイルを同梱しております。

通貨、時間軸別に見れば、過去5年間で最適化した18個のEA、またはインジケーターが含まれます。




本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/          


今日は!

FXの調べ、さとりです。


今回は、GBPJPY日足で150pipsの戻り売りで4連勝+590pipsのシグナル例をお伝えいたします。

前回のブログでは、GBPJPYの1分足で8連勝の事例を取り上げましたが、日足でも1分足と同じように、

高値安値を切り上げながら上昇トレンドを形成し、逆に高値安値を切り下げながら下降トレンドを形成することがわかります。

ダウ理論は全ての時間軸で有効なのでしょうね。

ただし、どのようなタイミングで、どのように使うか、については各個人様のご経験と見方、運用方法によります。



下図は、GBPJPY日足の下降トレンドで150pipsの戻り売りを行い、4連勝したシグナル例です。

決済は前の谷の安値で行なっています。


GBPJPY_D1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/8/28e1b6ea.gif


下表のように、約150pipsずつの利益でトータルでは約600pipsの儲けでした。
GBPJPY_D1_bs
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/8/28e1b6ea.gif


前回の1分足の時もそうでしたが、トレンドを形成しているときは同じような利幅が続くのが特徴ですね。


相場には人間心理が働くので、「ちょっと売られすぎだな」と皆が思ったら買いが入って戻り、

「前の高値に近づいたからそろそろ下がるな」という意見が増えたら売りが入ってまた下がり、

下降トレンドの下げに皆が慣れた頃に「今が買いだ!」と思う人が増えてきて、

売っていた人も慌てて買い戻すので急反発が起こる、

というような動きは何の相場でも大昔から変わっていないのでしょうね。


そして、これからも同じようなことが繰り返されるはずですね。




検証に使ったのは、「MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター」でした。
本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。  

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////     

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。  
http://abproducts.biz/melmaga/      


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今回は、GBPJPY1分足を使って、2時間で小刻みに8連勝+40pips獲得できたシグナル事例をご紹介いたします。


GBPJPYと言えば、全通貨の中で最もボラティリティが高い通貨ですね。


下図がGBPJPY1分足の2時間で65pipsの上昇相場の全体図です。

GBPJPY_L
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/d/0d68ff0a.gif


下図がGBPJPY1分足の2時間で65pipsの上昇相場の前半の拡大図です。
GBPJPY_S1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/7/4/74ebe06f.gif


下図がGBPJPY1分足の2時間で65pipsの上昇相場の後半の拡大図です。
GBPJPY_S2
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/d/0/d0494e30.gif


下表は、売買の詳細です。
Spreadは1.5pipsで計算しています。
bs
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/e/2e7e441c.gif


丁度5pipsずつで8連勝で合計+40pipsとなりました。


珍しいケースです。


ボラティリティが大きいとチャンスもそれなりに増えることは間違いないですね。

検証に使ったのは、「MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター」でした。
本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。 

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////    

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。 
http://abproducts.biz/melmaga/    

↑このページのトップヘ