Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:EURUSD


今日は! 

FXの調べ、さとりです。 


12月に入りEURUSDが10日間で180pips下げておりますが、この下げの過程で30pipsの戻りで繰り返し売ることで5連勝+180pipsの利益が出たシグナル事例をご紹介します。


下図は、2017年12月1日~8日の間に売りで5連勝であったシグナルのEURUSD15分足のチャートです。

EURUSD_Down_201712

上図のピンクの下向きのラインは30pipの戻りで売り建て、前の谷の下値(赤い下向きラインの安値)で決済したEAのテストポジション保持期間のラインです。

約+60pips+35pips+31pips+32pips+29pips=187pips のように5連勝で187pipの利益となっています。


上図で使用したインジケーターは、MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーターです。

フィボナッチ・リトレースメントと異なるところは、0.382,0.618などの比率ではなく、15pips、30pipsなどのpips指定で戻りや押し目で矢印、メール・アラートを行うことです。


ただし、単に安値から30pips上がったから売りを仕掛けても効率は良くありません。

そこで、今回は戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAに「高値安値フィルター」機能を追加し、MT4のストラテジーテスターで前の谷の安値よりもさらに安い谷の安値を付けたあとの30pip戻りでのみ戻り売りを行ってみました。

その結果上記のようになった訳です。

「高値安値フィルター」機能の良い点は、上記の場合、トレンドが陰転しなくても、早めに売り仕掛けを開始できる点です。

因みに、今回はトレンドを使っておりません。

トレンド転換前に早く入ることで、よりチャンスが広がるという訳です。

下図は戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAの設定画面で、赤い囲みが今回のバージョンアップで追加する「高値安値フィルター」機能の部分です。

高値安値の更新でトレンドを形成するダウ理論を利用するためのトレンド検知機能としてお使いいただけます。

easetting


戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAの無料のバージョンアップは近日中に行われます。

また、誠に勝手ながら、何点か機能追加したこともあり、状況により予告なく価格を値上げさせていただく場合がございます。



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。      


寒くなりましたので風邪など引かぬよう、お気をつけください。


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////     
  







こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今日は、RSIBandsの逆張りシナリオで5分足で使用したケースをご紹介します。

今回も「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」を使って調べてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


先ずはUSDJPY5分足のケースです。
RSIBands_M5
買いで+7pips、売りで+3.3pipの例です。

スプレッドは各社異なるので考慮しておりません。


下図はEURUSDの例です。
RSIBands_M5_EURUSD
EURUSDの5分足で、売りで1.7pips、買いで2.8pipsの例です。

スプレッドは各社異なるので考慮しておりません。

このケースでは利幅はもっと伸ばせましたね。

+5pips~+10pips近く取れそうでした。



ここで、機能追加のお知らせです。

ストップロスの参考水平線を表示するようにしました。

RSIBands_M5_SL



買いの標準設定の場合、足の終値でSigma2.5を下回ると買いの準備シグナルが表示され(1)、そこからレートが回復してきてSigma1を超えると買いのエントリーシグナルが表示(2)されます。

上記の(1)と(2)の間の最安値に足3本分のストップロス参考水平線が表示されます。


この水平線を足の終値で下回ると×印が表示され、メール、アラートも行われます。

使い方の例としては、ストップロスを30pips程度に設定しておいて、水平線を足の終値で割れた時に手動で決済するか?、ストップロスまで待つか?ご自分で判断する形が想定できます。

ストップロスのシナリオも事前に決めておけば、ほぼ迷うことはありませんが、判断材料の一つとして上手く使っていただけると思います。


v2への無償のバージョンアップで、利用される方がより安心して使っていただけるよう、ストップロス参考水平線とその水準をブレイクすると×シグナル、メール、アラートを行うようにしました。


因みに、EAでは初期設定でHighLowSLClose=trueとしておりますので、HighLowSLClose=falseとしない限り終値でストップロス参考水平線をブレイクすれば決済になります。

これとは別に、SLはデフォルト設定で50pips(可変)に自動設定されます。

SL参考水平線が投げ売り後の絶好の買い場になった事例をご紹介します。
RSIBands_M5_EURUSD_SL


SL参考水平線が投げ売り後の絶好の買い場になることもございます。

直前の安値の谷を割ったために買い方の投げ売りが出るからですが、短期的なクライマックスの売りが収まれば、次は上昇圧力に押されて真空地帯を駆け上がるという訳です。


上記の例では、×印が出たところで買っていれば、+15pipsは取れた事例です。

シグナルは統計上のものと考えれば、慣れてくれば臨機応変に対応できてくるかと思います。

この辺が、裁量売買の醍醐味ですね。

慣れてくれば、うまく使いこなせるようになってくるかと思います。


最後に本日のUSDJPYベストショットシグナルです。
RSIBands_M5_USDJPY_BestSell

売りのエントリーシグナルが出てから20分で14.4pipsの獲得シグナルとなりました。

スプレッドは各社異なるので考慮しておりません。


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」は7月末までセール期間です。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


USDJPYの自動売買テスト結果最強のロジックは、5分足を使ったマルチタイムフレームの上位足ボリンジャーバンドの逆張りシナリオでした。
StrategyTester_v2_USDJPY_M5_H1Bolli

2年半で勝率80%、PF3.04
これは自動売買を長期的に行う場合の参考例です。
複数通貨を使うことで勝率75%、PF2ほどに平均化されてくるものと予想しております。


こういったテスト結果を反映したインジケーターや自動売買ツールEAも「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」の無償バージョンアップ時に今後も追加されてまいります。



ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在12位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
  

↑このページのトップヘ