Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:EA


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今日は、USDJPY15分足を使って、ここ2週間の往ってこいの相場での理想的な売買ポイントを探ってみました。

往ってこいの相場は、上昇はしたものの、元の水準まで戻ってしまったという意味ですね。



上図は2017年11月前半の約2週間のドル円の動きです。

112.946の底値から高値、安値を切り上げながら約1週間で178pips上昇し、114.731の頂点をつけて、高値、安値を切り下げながら約1週間で164pips下落しました。

このような動きの中で、みなさんはどのような売買を行いますか?

N字エントリーオートトレードEAが計算した、上記相場における逆張り戦略の理想に近いトレードでは以下のようになりました。

USDJPY15分足を使用、利食い15pips、損切り30pipsで10勝1敗で、+120pips(10000通貨単位の売買で純益+12000円)でした。

上図は、MT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 11回
純益 12000円
最大ドローダウン 3430円
勝敗 10勝1敗
勝率 91.61%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=5.0
平均利益 1500円
平均損失 3000円

 下図が買いシグナルの詳細です。

このインジケーターの設定ではトレンドラインが陽転すると緑の上向き矢印と上向きラインが引かれますが、EAではトレンドラインが陽転中は、短期のトレードラインが陰転する度に逆張りで買いを行います。

買いで6連勝の例です。

 

 

 下図が売りシグナルの詳細です。

このインジケーターの設定ではトレンドラインが陰転するとオレンジの下向き矢印と上向きラインが引かれますが、EAではトレンドラインが陰転中は、短期のトレードラインが陽転する度に逆張りで売りを行います。

売りで4連勝の例です。

長期トレンドラインが陽転中に短期トレードラインが陰転したら買い、長期トレンドラインが陰転中に短期トレードラインが陽転したら売り、というトレンド方向への逆張り戦略の検証では上記のような結果となりました。

ダウ理論を利用した逆張り戦略が機能したケースです。

では、年単位の長期期間ではどのような結果となるでしょうか?

下図は2005年1月からの約13年間のバックテストにおける残高推移です。

USDJPY15分足、15pips利食い、60pips損切りで行っております。


上図は約13年間のMT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 2283回
純益 434710円
最大ドローダウン 44400円
勝敗 1739勝544敗
勝率 76.17%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.20
平均利益 1494円
平均損失 3976円

長期運用でも基本的に右肩上がりになっております。

商材には、上記の短期の設定EAと長期の設定EAの2つのEAの他、通貨フリー+時間足フリー版計3つのEAを同梱しております。


今回検証で使用した商材は下記の通りです。

EA
戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEA

インジケーター
MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター



裁量メインの方でも、EAで戦略を立てると理想的な売買の目安が分かってまいりますので、どちらも有用です。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。   


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////    


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

先週のドル円相場は値幅が今年で一番狭いレンジで推移したとのことですね。

今回も「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」のUSDJPYを使って調べてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

RSIBands_h1
上図のように、1時間足ですと、2.5SigmaBands設定では、売りシグナルが1回出たのみでした。

+11.1pipsでした。

では、他の時間足ではどのようなシグナルが出たのでしょうか?

一番機能していたのは、15分足でした。

RSIBands
上図は買いで+5.7pipsの例です。

RSIBands_2
上図は買いで+3.1pips、売りで15.7pipsの例です。


RSIBands_3
上図は売りで+12.5pipsの例です。

StrategyTester

15分足では1週間に15回シグナルが出て、12勝3敗で勝率80%でした。

1万通貨の売買で、5300円の利益でした。



たかが1週間のデータ、と思われるかもしれませんが、ここが大きなポイントなのですが、特に最適化をしなくても、通貨フリー、時間足フリー版でフィルターなしのデフォルト設定に変更して、このテスト結果でした。

一般にEAのフォワードがバックテストの成績と乖離する傾向にあるのは、強度の最適化であるカーブフィッティングを行った結果だからだと推測できます。

カーブフィッティングの要素が強い場合は、例え10年間のデータでもほとんど意味をなさない可能性があります。

今後、このような観点から調査、改善してまいります。


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」はボリンジャーバンドベースで、値幅とRSIを使ってフィルターを自由にかけられるインジケーターとEAです。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


時間足はフリーですので、15分足でデフォルト設定で使ってみるのも面白いかもしれませんね。


ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。


今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在12位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
  


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

4月に入りましたが、朝晩はまだまだ寒いですね。

風邪など引かぬようお気をつけください。


EAについていろいろと検証しておりますが、Band Walk EAについては

順張りと逆張りの両方で建てるため売り買い両建てになる場合があるので、

Oanda等では実際の運用でエラーになります。


このような訳で、順張りのBand Expand EA と 

逆張りのBand Squeeze EA に分ける方向で検討中です。


逆張りで買った場合にトレンドが継続する場合にストンと抜けるケースへの対応は、

長期足では逆張りでも短期足が順張りで買いになっている時に買い、

短期足が順張りで売りになっている時に売る、という条件をつけるしかなさそうです。



ところで、いろいろと調べている内に、比較的安定的に右肩上がりになっている

データが見つかりましたので、EAとして登録をしまして、fx-onで審査中です。


MACDと0ラインのクロス後の方向性で売買します。



上図が売りのチャートです。

上図が買いのチャートです。


上図が2年間の残高曲線です。
初期設定では2ポジションまで持ちます。

最大6ポジションまで持つ設定が可能です。


上図がスプレッド1pips、2ポジションまで持った時のMT4レポートです。


ポジションを約3時間しか保持しないので、約3時間のリスクしか取りません。

その辺が安定的な右肩上がりになっているポイントかと思います。

フォワードで1ヶ月~3ヶ月見て、状況に応じて適宜再テストによる無償バージョンアップを行う方針です。


フォワードの経過などはブログ、メルマガなどでもお伝えいたします。


それでは、お元気でお過ごしください!


テクニカルトレード ブログランキングへ




/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

----------------------------------------------------- 
リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして 
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。 
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。 
また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については 
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。 
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。 
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただきます。 

利益や効果について 
Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。 

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合 
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。 
----------------------------------------------------  

【2015年5月米国雇用統計発表前後の売買最適化検証結果のご報告】

お元気でしょうか?

FXの調べ、さとりです。

台風が接近していますね。

気をつけましょうね。


さて、先週8日日本時間21:30に米国雇用統計の発表があり、

ドル円相場はぶれました。

発表前までジリジリ上げてゆき、発表後に50銭程度下げ、
8日朝7:00頃の水準に戻りました。

今日は、この動きの中でどのように動けば儲かっていたか?

売買の最適化検証を行いました。


売買検証は、トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEAを使っています。

テスターEAといっても、本番環境で動作します。

テスターEAと名付けているのは、テストをして相場限定的に、上げ相場ではこの設定、
下げ相場ではこの設定、ボックス相場ではこの設定、そして今回のように上下にぶれた相場では
この設定という感じで、設定を調整しながら使っていただきたいからです。

5月中に発売予定です。価格は1万円代後半になる予定です。


売買の最適化テスト条件は以下のように行いました。

・通貨:ドル円5分足

・使用テストツール:トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEA

・売買単位1万通貨

・残高100万円スタート

・5月8日18時以降のRSIMA押し抜けくんのシグナルで仕掛ける。

・ボラティリティー(値幅の大きさに類似)は売買条件に加えない

・週末のため5月9日5時に全ポジションをクローズする

・ポジションは最大で買い3つ売り3つ同時に持つことを可能とする



テスト結果は以下の通りです。


トレンド:条件対象外 
付加条件:レートがCrossMA(45 赤)とクロス後ならシグナル表示
標準偏差(14):条件対象外

CrossMA(45)をレートが超えていてRSI買いシグナルが出れば買い
CrossMA(45)をレートが下回っていてRSI売りシグナルが出れば売り
利食い15pips 損切り40pips

週末ポジション持ち越しなし

トータル損益:+6,570円
勝率:87.5% 7勝1敗
ロングポジション:2回 勝率50%
ショートポジション:6回 勝率100%
プロフィットファクター(勝ち幅÷負け幅):12.73倍
リスクリワードレシオ「平均獲得額」÷「平均損失額」:1,018円÷560円=1.82

想定運用資金:25万円(1回のロスが2%程度) 
最大ドローダウン:2,900円


2015年5月米国雇用統計発表前後の動きとRSIMA押し抜けくんシグナル
売買は2015年5月8日18:00開始、9日5時最終決済
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:31 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEAの設定概要
パラメーター(変数)設定ではありません。
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:37 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real



テスト売買履歴
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:34 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


残高曲線
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:35 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


MT4のバックテストレポート
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:36 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


今回の検証では米国雇用統計発表で相場が振れる2~3時間前に両建てしておく方法が当たったという結果でした。

毎回当てはまるとは限りませんが、50銭前後振れると予想するなら、

今回の設定を参考にしていただくのも良いかと思います。


天候が心配ですね。

十分にお気をつけください。

それでは、また。




 テクニカルトレード ブログランキングのご参照




-----------------------------------------------------

リスクについて

WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、
売買の目安として参考にして頂くためのものであり、
妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 商材の利用や売買はご自分の判断と
責任で行って頂くことをご了承ください。

個人情報の保護について

当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供
いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、
ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示される
ことはありません。

-----------------------------------------------------
 

皆さん、お元気でしょうか?

さとりです。

本日は、V字型の動きについて、どのようなポイントで仕掛けるべきか?、

RSI押し抜けくんEAで3月26日の最適化を行ってみました。

3月26日のドル円5分足チャートは以下のようにV字型の動きをしました。






大きく下げる前に何が起こっていたかと言いますと、

上下10pips程度の値幅の小さい動きがありました。

このような値幅の小さい動きの後で、足の安値が切り上がっているか?

足の高値が切り下がっているか?で買いか売りかを見極めれば良いのですね。

最適な売買の結果については以下の通りです。


損切り 20pips
利食い 75pips
最大買いポジション 2
最大売りポジション 2

買い仕掛け条件 RSIが51以下を付けてから55を超えた時70本移動平均を超えていれば買い
売り仕掛け条件 RSIが49以上を付けてから45を超えた時70本移動平均を割っていれば売り
(押し抜けくんのEAで最適化した条件で売買シミュレーションを行いました。)


結果 4勝1敗 +202pips

以下が動画での解説です。





暖かくなってきましたが、花粉が飛んでいますのでお気をつけください。

それでは、また、当ブログでお会いしましょう!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

テクニカルトレード ブログランキングへ




-----------------------------------------------------

リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。

また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただくこともございますが、 
基本的に質問等については各商材の販売者に直接お問い合わせください。

Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 利益や効果を保証したものではございません。  

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

-----------------------------------------------------

↑このページのトップヘ