Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:逆張りシナリオ


こんにちは。
FXの調べ、さとりです。

本日は、逆張りと順張りはどちらが安定しているのか?についてお届けいたします。

下図がRSI BandsEAの8通貨のうち4通貨を使った逆張りと順張りのバックテストの損益表です。

4通貨とは、USDJPY、EURUSD、GBPUSD、GBPJPYです。

この4通貨は、逆張りのv20と順張りのv21に対応済みであり、他の4通貨(EURJPY、 USDCAD、AUDUSD、AUDJPY)は現在のところ4つのロジックを使ったv18までの対応となっております。

v20で逆張りに特化し、v21で順張りに特化して、特徴を活かしパフォーマンスを上げる対応をしているところです。

v20v21PL

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/5/d/5d48fdee.gif

上記の表を見ると一番優秀な成績を残しているのは、GBPUSDの順張りです。


他の通貨も総じて順張りの方が安定しており、4通貨平均の勝率も逆張りが79%に対して、順張りは86%となっています。

ただし、逆張りの方が売買回数が多いため儲けは多くなっています。 

下図が、順張りの過去5年10ヶ月間の残高グラフです。

v20v21report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/a/b/abcd3abf.gif


では何故、EAでの常時運用の場合は順張りの方が逆張りよりも安定していると推測できるのでしょうか。

インジケーターを使って裁量で運用する場合は、逆張りの方が安定しているのかもしれませんが、EAを使って常時運用することを想定すると順張りの方が安定していることが推測されます。


その理由は、次回に持ち越します。


今回検証に使ったのは、現在8通貨に対応中の逆張りシナリオRSI BandsEAでした 。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/           

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は「意識される価格帯がサポートラインからレジスタンスラインにロールチェンジ」をお届けいたします。

下図がドル円1時間足の意識される価格帯が上値抵抗線にロールチェンジしたチャート図です。
USDJPY_H1_Resisuppo

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/d/4d88b79e.gif


昨日戻りがあったのですが、反発力が弱く売り圧力に押されていますね。

レジサポ転換インジケーターの1時間足を20pips転換に設定しておりますが、

レジサポ転換シグナルの赤い破線が出ています。


ピンクの日足の15EMAは陰転しました。

長期的な上昇相場の調整過程での陰転の可能性もありますが、今週から売り方優勢の相場に変わったと見てよさそうですね。

週の初めにサポートラインとして意識された価格帯が、火曜日水曜日にはレジスタンスラインとして機能しだして役割が変わった、つまりロールチェンジしてレジサポ転換したことになります。



そんな中で、トレンドフィルターをかけていない設定のRSIBanadsIndicatorは、逆張りで仕掛けてボリンジャーバンドのミドルライン(MA)で決済するシナリオで3連勝しています。

下げの過程で、行き過ぎの反動を狙った形でも利食いのチャンスはあるということですね。

トレードには、いろいろな観点があり、利食いと損切りラインを決めてシナリオさえ自分で把握しておけば、トレンドに逆らった売買でも結果は出せる可能性があるという事例です。




本日使用したインジケーターは以下の通りです。

******************************************************
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

ただ今8通貨に対応!RSIとボリンジャーバンドで逆張りシナリオに従って
インジケーターはシグナル表示・メール・アラート!EAは自動売買!
EAでは統計上各通貨に優位な時間帯、曜日、五十日に仕掛ける!
******************************************************




******************************************************
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2555

自分で引いたレジサポラインをブレイク後反転したらシグナル・メール・アラート!
ライントレードなどで使われる、上値抵抗線と下値支持線の逆転時にシグナル表示可能!
******************************************************




本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は「RSIとBandsの逆張りで仕掛けてMiddleラインで決済する事例」をお届けいたします。

下図が、GBPUSD1時間足の「RSIとBandsの逆張りで仕掛けてMiddleラインで決済する事例」のチャートです。

GBPUSD_H1



https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/1/41fa99f3.gif


ボリンジャーバンドのラインは7本ありまして、真ん中はMiddleLine=MAで、外側からSigma2.5、Sigma2、Sigma1が上下に2本ずつあります。

シグナルは、買いで言えば、緑の上向き矢印がボラティリティが高まってきて足の終値でSigma2.5を越えた時の買いの準備サイン、青い上向き矢印がボラティリティが収まってきて足の終値でSigma1を切ってきてRSIも50に向けて近づいてきた時の買いのエントリーサイン、青のチェックは買いポジションがMiddleLineを終値で越えた時の決済サインです。

損切り参考ラインは、買いの場合、青い水平線です。

値幅が広がって(Expand)から、値幅が収まる(Squeeze)仮定で取る仕組みです。

足の始値時に直前足終値を見てシグナルを判断するため、仕掛けは遅くなることもありますが、その分決済が伸びる可能性もあり、リアルタイム売買よりも有利な部分もあります。

リアルタイムでのシグナル・メール・アラートも行いますので、臨機応変に使い分けてください。

上図の例の売買結果は、+2pips、+16pips、+18pipsで、土日を挟んで3日間半なので、土日を除けば1日半くらいの期間です。


上図は足通貨フリー版の初期設定を表示させたものですので、トレンド判定は行っておりません。


値幅が広がって(Expand)から、値幅が収まる(Squeeze)仮定で取るのが狙いですので、トレンドを見るまでもないので、売り買い売り買いで短期で連勝する可能性もあります。


短期足でも狙ってゆけるインジケーターとしてお役に立てるのではないか、と思います。

ただし、これは時間足と通貨を直ぐに切り替えられるインジケーターならではのやり方です。



関連するEAもありますが、最新バージョンのEAとインジケーターは同じロジックではないのでご了承ください。


本日の記事に関連したインジケーターは以下の通りです。

----------------------------------------------------------------------

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

ただ今8通貨に対応!RSIとボリンジャーバンドで逆張りシナリオに従って
インジケーターはシグナル表示・メール・アラート!
EAは自動売買!EAでは統計上各通貨に優位な時間帯、曜日、五十日に仕掛ける!
---------------------------------------------------------------------




***夏休み特別プレゼントキャンペーンのお知らせ***

日頃の感謝を込めて夏休み特別プレゼントキャンペーンを行います!

2018年8月1日から2018年8月31日までの1ヶ月間に

アートブレインプロダクツのサイトから
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/

ご購入いただいた合計金額に応じてプレゼントを行います。

2018年9月1日から2018年9月30日の間に申請してください。

ご購入合計金額が9800円以上30000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額以内

ご購入合計金額が30000円以上50000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の1.5倍以内

ご購入合計金額が50000円以上の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の2倍以内

申請時に購入ID(注文番号)とご購入商材名とそれぞれの金額、
希望商材番号、商材名、それぞれの金額をメールでご連絡ください。
申請メールを頂いてから原則として3営業日以内に商材をお送りします。
**********************************************************************


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


本日は、「逆張りシナリオが上手く行くとき、行かないとき」のUSDJPY 1時間足編です。

使用したインジケーターは、「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands インジケーター 3通貨セット」です。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


USDJPY_H1_SELL

上図はボリンジャーバンドのシグマ3(2~3)を越えたらエントリー準備し、相場が反転して来てRSIがある程度50に近づいて来てシグマ1(0.5~1.5)をブレイクしたらエントリーし、バンドのミドルラインブレイクで決済した事例です。

このケースでは小幅ながら、1時間足なので買いも売りも10pipsは取れています。

次に、逆張りシナリオの失敗ではないのですが、運が良かっただけの例です。

gyaku_usdjpy_h1

上図では、逆張りシナリオ上では買い準備のサインが出ましたが、その後ダウントレンドに入ってしまいました。

このようなケースでは戻り売りまたは順張りの売りを意識すべきでしょう。

たまたま、買いのエントリーサインが底値圏で出たので、小幅ながら儲かった事例です。

このように、逆張りのシナリオを描いたときは、勝率は高いのですが、トレンドに逆らって建てていると大きく持っていかれる可能性があります。


万が一、トレンドと逆に建ててしまった時は、戻りの山が低くなっていることを確認して、戻り高値から10pips~20pipsの下方反転したところでストップロスをかけてしまうのが良いかもしれませんね。


逆張りは勝率が高いので、上手くやれば結果が出しやすいはずです。

このシリーズはしばらく続けてまいります。



5月31日の「ダウ理論応用フィルター」の記事の分から、ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにいたしました。

今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在23位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。



それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
 

↑このページのトップヘ