Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:逆張り


今日は!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI BandsEA、インジケーターについて4時間足と日足をまとめてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


下図はUSDJPY日足のシグナル例です。

RSI_Bands_USDJPY_D1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/f/2/f2aec58c.gif


ボリンジャーバンドの3シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に1.5~3.0)を終値で越えると逆張りの仕掛け準備シグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い準備なら緑の上向き矢印、売り準備ならオレンジの下向き矢印となります。

実際の仕掛けは、1シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に0.5~2.0)を終値でクロスすると、仕掛けのシグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い仕掛けなら青の上向き矢印、売り仕掛けなら赤の下向き矢印となります。


終値で仕掛けのシグナルが出ていれば次の始値で仕掛けます。


下図は5年間4時間足で安定していた5通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_H4_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/3/23a8326e.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 40683.69円

売買回数 234

勝ち 188

負け 46

勝率 80.342% 

PF 2.398

最大ドローダウン 2190.55円

勝ち1回当たり平均利益 371.206円

負け1回当たり平均損失 632.675円 












下図は5年間日足で安定していた4通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_D1_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/9/190e73e9.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 124076.20円

売買回数 233

勝ち 189

負け 44

勝率 81.116% 

PF 4.192

最大ドローダウン 4200.00円

勝ち1回当たり平均利益 862.129円

負け1回当たり平均損失 883.322円 




4時間足に比べて日足のプロフィットファクターが高いのが分かりますね。


時間軸が長いほど大きなトレンドが捕らえられることは確かですね。


勝ち1回当たり平均利益と負け1回当たり平均損失から見て、4時間足については利小損大ですが、日足についてはほぼ同額、リスク/リワードレシオ1:1となっていることからも、日足の方がより安定していると言えそうですね。


また、ボリンジャーバンドは長期足ほど機能しやすいとも言えそうですね。


それは、相場を左右する人間心理が1分、5分、15分、30分、1時間単位よりも、1日単位、週単位の方がライフサイクルによりマッチしているからかもしれませんね。




近日中の無償バージョンアップで、EA、インジケーター共、以下の通貨と時間軸のPresetファイルを同梱いたします。


4時間足と日足について

AUDJPY

AUDUSD

EURJPY

EURUSD

GBPJPY

GBPUSD

USDCAD

USDJPY





Presetファイルは、EA、インジケーターの設定画面の「パラメーターの設定」タブから「読み込み」をクリックしてPresetファイルを読み込んでください。



今回のバージョンアップでは、EAは1ファイルのみで、インジケーターはボリンジャーバンド1ファイルとRSI1ファイルの計2ファイル同梱、となりますので、各通貨の各時間軸のPresetファイルを読み込んでください。


各通貨と時間軸毎にテストレポートとPresetをつけておりますので、お気に入りの通貨を選んで運用しやすくなっております。




今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。   

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////      

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。   
http://abproducts.biz/melmaga/         

今日は。

FXの調べ、さとりです。

局地的な大雨には十分お気をつけください。




さて、6月の記事でご紹介させていただきましたが、「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands EA&インジケーター 3通貨セット」のEAを購入された方へのプレゼントの4通貨を含めた7通貨の7月のフォワードの経過をお伝えいたします。


6月27日の記事「値幅が狭い時は15分足が最適か?」

6月30日の記事「EURUSD5分足逆張りシナリオとSL参考シグナル」

「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands EA&インジケーター 3通貨セット」
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


USDJPY1時間足の売りシグナルの例
USDJPYH1SELL


※フォーワードにつきましては、6月末にバックテストを行って、その基準で7月に運用した場合のバックテストですが、このシステムは1時間足の始値で建てるため、実際のフォワードと誤差はほとんどないはずです。Spreadは1pipsで行っております。

7月のフォワードについては以下の通りです。
トレンドフィルターは使わず、1時間足のみのデフォルト設定でのデータです。

USDJPY +72.5pips(5勝2敗)

AUDJPY +53.7pips(4勝0敗)

GBPJPY +38.6pips(2勝2敗)

GBPUSD +14.4pips(2勝2敗)

AUDUSD +5.6pips(2勝1敗)

EURJPY +3.8pips(4勝1敗)

EURUSD -66.0pips(4勝6敗)

合計 +122.6pips(23勝14敗)勝率62%



途中経過ではございますが、この期間ではEURUSDが不調でした。


EURUSDを除く6通貨では、+188.6pips(19勝8敗)勝率70%でした。



※上記のデータは当システムの7月の途中経過のみのデータですので、他のシステムや他の時期は全く違った結果が得られる可能性もございます。


たらればは良くないのは承知でコメントさせていただきますと、EURUSDのように、イベント性、ニュース性の高い通貨ほどイレギュラーな動きをする、という見方もできるかもしれません。


では、何故EURUSDがイベント性、ニュース性の高い通貨かといいますと、EUにはドイツ、フランス、イタリア等28カ国が参加しているため参加国が多く、必然的に突発性のイベントやニュースも他の通貨より多くなり、EU参加国1国の経済イベントやニュースでも予想以上にEURの相場に影響してしまうことがあるからではないでしょうか?

USDもイベント性、ニュース性は高いですが、雇用統計の発表などのイベントはあるものの、そこを回避すれば、世界の基軸通貨とは言え、1国の経済イベントやニュースであるため、事前にある程度相場に織り込みますし、良く調査研究されている通貨であるため突発性はEURよりも低いのかもしれません。


もちろん、EURUSDが好調な時期やシステムもあると思います。


いずれにしましても、期間と通貨によりこれだけの差があるということです。


このような観点から考えますと、複数通貨の組み合わせで運用する多通貨ポートフォリオは、1通貨のみのリスクを分散する意味で、重要な見方ではないかと思います。



因みに、ご購入者の方から、このような観点も含めて、以下のようなコメントもいただいております。

一部を抜粋させていただいております。

*****************************************************************:

「これだけで多通貨ポートフォリオが組める」

デモ口座でしばらく試しましたが、コスパがかなりよいですね!

これだけで多通貨ポートフォリオが組めるのは助かります。

さっそくVPS鯖で永続運用を始めたいと思います。

*******************************************************************

「この価格で3個のEAは安すぎ」

購入しました。早速バックテストをしてみました。

さとり様のEAは、他にもいくつか、購入しましたが、全て

ロジックまるだしで、自分でEAを作る場合でも、たいへん参考になりありがたいです。

このEAは、ボリンジャーバンドを使用する逆張トレードで、自分で、

今の相場にあうように、自由にパラメータの設定ができるので、安心して使えます。

ロジック不明で、全くパラメータの設定が、できず、バージョンアップもしない

謎の高価なEAを買うより、はるかに親切で、わかりやすいです。

********************************************************************


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands EA&インジケーター3通貨セット」
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

は7月末までがキャンペーン期間となっております。


尚、上記のページでご案内しております別売りのインジケーターについても1分足や5分足でお使いいただいている方もおられます。


********************************************************************:

「この度MT4 逆張りシナリオRSI Bands 購入させて頂きました。」

わたしは主に1分足、5分足で使用させて頂いているのですが、

今のところしっかりインジケータ機能しております。まだ使い始めなので

これからみっちり検証してまたご報告させて頂きます。

*********************************************************************


ご購入者の方にはロジックが公開されているので、無料バージョンアップの際にも話が通じやすいのはご購入者の方にとって大きなメリットとなるはずです。


今後、他の既存のEA、インジケーターなどにも、上記の結果は活かしてまいります。


ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在13位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
    


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


5月も終盤ですね。

今回は、USDJPYの15分足についてRSIの逆張りでどの時間帯が一番利益が出ていたか?

2016年5月の期間について調べました。



【調査期間2016年5月1日~29日】

通貨 USDJPY

足 15分足

売買ロット 10000通貨

買い条件
RSIが30以下(RSI<=30)を付けてからRSIが35を越えたら(RSI>35)買い

売り条件
RSIが70以上(RSI>=70)を付けてからRSIが65を割れたら(RSI<65)売り

利食い 30pips

損切り 60pips




結果
16:00~23:00の仕掛けが一番利益が出ていました。

+26,817円(11勝1敗)


MT4レポート
201605RSIEAUSDJPY_3



テスト売買チャートその1
201605RSIEAUSDJPY_1


テスト売買チャートその2
201605RSIEAUSDJPY_2


上記データはUSDJPYのRSI15分足を使った逆張り(35<RSI, RSI<70)ですが、ご参考ください。


使用したインジケータ
MT4 RSI Watcher 

トレンドフォロー押し目買いインジケータMT4 RSIMA 押し抜けくんでも同じことが可能です。

使用したEA
トレードルール作成支援ツールMT4 RSIMA 押し抜けくんEA


それでは、お元気でお過ごしください!








///////////////////////////////////
メール:infoあとまーくabproducts.biz
Skype:sinsatori
HomePage: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/
発行者:アートブレインプロダクツ
担当:さとり心
///////////////////////////////////

-----------------------------------------------------
リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。
また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただきます。

利益や効果について
Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。
-----------------------------------------------------




 

↑このページのトップヘ