Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:米国雇用統計


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は「米国雇用統計発表前後のエントリーポイント」をお届けいたします。

下図がドル円1分足、米国雇用統計発表時刻日本時間2018年9月7日 21:30前後のブレイクキャッチインジケーターの動きです。

BreakCatch_USDJPY_M1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/a/ca215e6c.gif


上図において、1分足は5pips反転の設定なので、陰転中の前の安値の赤い直線の最下部からリアルタイムで5pips上昇したら陽転して青い直線が描かれます。

米国雇用統計発表時の日本時間21:30に急騰し、前の高値の山をブレイクしていることが分かります。

その後、三角持ち合いのように値幅が縮小し、また前の高値をブレイクしました。

破線になっている水平線は、前の高値抵抗線が下値支持線に変わるレジサポ転換したシグナルです。



次に、この動きをポイントアンドフィギュアチャートで見ると下図のようになります。

PF_USDJPY_M1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/2/c2abce48.gif


上図におけるポイントアンドフィギュアチャート(以下PFチャート)の場合は、米国雇用統計発表前のトレンドが把握しやすいという特徴があります。

時系列チャートよりも非時系列チャートの方が価格情報がぎっしり詰まっているからです。


明らかに下値が切りあがっている中で発表であったことがわかります。


短期的には上向き圧力の方が強かったということです。


上図の数箇所価格を表示してあるところ付近で、発表の前に前の高値の×を越えたブレイクアウトで買うのも一案ですし、〇で押し目を作っているところで買うのもありだと思います。


また、発表後のブレイクに素直に付くのも正解でしたし、その後の三角持ち合いの押し目で買うのも正解でした。

押し目買いの場合は、直前または前々を合わせた×列の上昇幅の半値押し以下でのエントリーが理想です。


このように、米国雇用統計発表時などのボラティリティが大きくなるときは、ノイズを排除して大勢を見極めるP&Fチャートと、リアルタイムで重要な高値安値のブレイクを検知するブレイクキャッチインジケーターが両面からお役に立てる可能性がございます。




本日の記事に関連したインジケーターは以下の通りです。
------------------------------------------------------------

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?p=2876

もみ合いとブレイクの重要な変化を単純化するポイント&フィギュアチャートに
シグナル・メール・アラートとEMAトレンド判定機能付き

-----------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------
デイトレ・スウィングでも使えるMT4 ブレイクキャッチ・
スキャルピングツールインジケーターと別売りEA


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2372

前の高値を越えたら買い、前の安値を切ったら売る、
EAでは通信タイムラグのないストップ注文自動発注、
インジケーターではシグナル・メール・アラートとレジサポ転換シグナルを追加!
-------------------------------------------------------


尚、ポイントアンドフィギュアチャートインジケーターは、直近の高値、安値をチャートの右側に表示するようにいたしました。

近日中の無償バージョンアップで、対応いたします。




本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/             

【2015年5月米国雇用統計発表前後の売買最適化検証結果のご報告】

お元気でしょうか?

FXの調べ、さとりです。

台風が接近していますね。

気をつけましょうね。


さて、先週8日日本時間21:30に米国雇用統計の発表があり、

ドル円相場はぶれました。

発表前までジリジリ上げてゆき、発表後に50銭程度下げ、
8日朝7:00頃の水準に戻りました。

今日は、この動きの中でどのように動けば儲かっていたか?

売買の最適化検証を行いました。


売買検証は、トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEAを使っています。

テスターEAといっても、本番環境で動作します。

テスターEAと名付けているのは、テストをして相場限定的に、上げ相場ではこの設定、
下げ相場ではこの設定、ボックス相場ではこの設定、そして今回のように上下にぶれた相場では
この設定という感じで、設定を調整しながら使っていただきたいからです。

5月中に発売予定です。価格は1万円代後半になる予定です。


売買の最適化テスト条件は以下のように行いました。

・通貨:ドル円5分足

・使用テストツール:トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEA

・売買単位1万通貨

・残高100万円スタート

・5月8日18時以降のRSIMA押し抜けくんのシグナルで仕掛ける。

・ボラティリティー(値幅の大きさに類似)は売買条件に加えない

・週末のため5月9日5時に全ポジションをクローズする

・ポジションは最大で買い3つ売り3つ同時に持つことを可能とする



テスト結果は以下の通りです。


トレンド:条件対象外 
付加条件:レートがCrossMA(45 赤)とクロス後ならシグナル表示
標準偏差(14):条件対象外

CrossMA(45)をレートが超えていてRSI買いシグナルが出れば買い
CrossMA(45)をレートが下回っていてRSI売りシグナルが出れば売り
利食い15pips 損切り40pips

週末ポジション持ち越しなし

トータル損益:+6,570円
勝率:87.5% 7勝1敗
ロングポジション:2回 勝率50%
ショートポジション:6回 勝率100%
プロフィットファクター(勝ち幅÷負け幅):12.73倍
リスクリワードレシオ「平均獲得額」÷「平均損失額」:1,018円÷560円=1.82

想定運用資金:25万円(1回のロスが2%程度) 
最大ドローダウン:2,900円


2015年5月米国雇用統計発表前後の動きとRSIMA押し抜けくんシグナル
売買は2015年5月8日18:00開始、9日5時最終決済
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:31 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


トレンドフォローインジケーターMT4 RSIMA押し抜けくん専用テスターEAの設定概要
パラメーター(変数)設定ではありません。
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:37 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real



テスト売買履歴
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:34 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


残高曲線
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:35 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


MT4のバックテストレポート
Chart USDJPY, M5, 2015.05.10 13:36 UTC, Gaitame Finest Company Limited, MetaTrader 4, Real


今回の検証では米国雇用統計発表で相場が振れる2~3時間前に両建てしておく方法が当たったという結果でした。

毎回当てはまるとは限りませんが、50銭前後振れると予想するなら、

今回の設定を参考にしていただくのも良いかと思います。


天候が心配ですね。

十分にお気をつけください。

それでは、また。




 テクニカルトレード ブログランキングのご参照




-----------------------------------------------------

リスクについて

WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、
売買の目安として参考にして頂くためのものであり、
妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 商材の利用や売買はご自分の判断と
責任で行って頂くことをご了承ください。

個人情報の保護について

当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供
いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、
ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示される
ことはありません。

-----------------------------------------------------
 

↑このページのトップヘ