Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:損小利大

トンボ

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

今日は「トンボ」をお届けいまします。

皆さんも子供の頃トンボを追いかけたことがあると思います。

花に止まっているトンボをめがけて虫取りの網で捕まえようとすると、
さらりとかわされて花を捕まえたっていうこともどなたでもご経験があるのではないでしょうか?

相場においてトンボと言えば、十時線ですね。

売り方と買い方が拮抗している時に現れます。

私はこのトンボを見ると、どっちだ?と涼しい顔で花に止まっているトンボにクイズでも出されているような気がします。

相場には上と下しかないのですから、360度動ける花の周りに比べれば簡単なはずですが、実際に答えるのは難しいですよね。

でも、私はいろいろなテストを行って来た結果から、このような質問を聞かれた時には答えを用意しています。

結局は、日足のトレンド方向にトンボは飛んでゆく可能性が高い、ということです。

なあーんだ、と思われる方もいらっしゃると思いますが、車は急に止まれない、という慣性の法則のような大勢の人間心理を利用できるのですから利用しない手はない、と思うのは私だけではないはずです。

あとは損益比率を調整するだけです。

損を小さく、利益を大きく取ろうとすれば、損小利大ですから、勝率は悪くなりますが、損失トータルよりも利益トータルの方が上回るかもしれません。

反対に、勝率を高めようとすると利益が小さくなり、損が大きくなれば、損大利小ですから、トータル損失がトータル利益を上回ってしまい結局は勝てません。

しかし、データ分析では、利食い先行の損大利小、つまり利小損大の方が残高曲線が安定した右肩上がりになるという結果が得られています。

もちろん、利益:損失が1:9では1回の損が大きすぎますが、利益:損失リスクリワードレシオが2:3から2:5くらいまでなら、寧ろ損小利大よりも安定した右肩上がりになる、というテスト結果が出てきているのです。

利小損大は、毎月少しずつ積み立てを行なって、いざという時に大きくても出費できる堅実型、
損小利大は、ボーナスなどの回数の少ない不確定な収入を当てにして、毎月のやりくりはマイナスの生活を送るようなもの、とも言えます。

データ分析面でもこのような結果が得られたことになります。

トンボから話が飛んでしまったようですが、要は、動きのない低ボラティリティ時に長期足のトレンド方向に利食い幅対損切り幅2:3〜2:5で時間やタイムフレームや通貨を分散して仕掛けておけば、統計データが生きるのではないか?ということです。

人間心理的にはありがちですが、レンジブレイク時に順張りで仕掛けるやり方でトータルでは上手くいっていない方は、一度見直してみると良いかもしれませんね。




***夏休み特別プレゼントキャンペーンのお知らせ***

日頃の感謝を込めて夏休み特別プレゼントキャンペーンを行います!

2018年8月1日から2018年8月31日までの1ヶ月間に

アートブレインプロダクツのサイトから
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/

ご購入いただいた合計金額に応じてプレゼントを行います。

2018年9月1日から2018年9月30日の間に申請してください。

ご購入合計金額が9800円以上30000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額以内

ご購入合計金額が30000円以上50000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の1.5倍以内

ご購入合計金額が50000円以上の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の2倍以内

申請時に購入ID(注文番号)とご購入商材名とそれぞれの金額、
希望商材番号、商材名、それぞれの金額をメールでご連絡ください。
申請メールを頂いてから原則として3営業日以内に商材をお送りします。
**********************************************************************


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/           

今日は!

FXの調べ、さとりです。


インフルエンザが流行っていますね。


私はツムラの桔梗湯(キキョウトウ)という漢方薬のお陰で1晩で大分良くなりました。


皆様も十分お気をつけください。




さて、本日はリスクリワードレシオの比較のお話です。


リスクリワードレシオとは、平均損失額と平均利益額の比率のことです。

例えば、リスクリワードレシオ=1(50pips):1(50pips)なら、儲かった時の平均が50pips(0.01ロットなら500円)で

損した時の平均も50pips(0.01ロットなら500円)だな、とある程度の計算ができます。


今回のテスト結果のように概算で、リスクリワードレシオ=1(240pips):1(240pips)で勝率が70%なら、10回売買すれば計算上は、

240×7-240×3=1680-720=960pipsですから、0.01ロットの売買なら9600円のプラスとなります。

100回売買すれば、計算上は、0.01ロットの売買なら96000円のプラスとなります。

そのテスト結果レポートが下図の上段です。
5年間8通貨同時運用でのMT4レポートです。
RistReward2type
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/7/d/7d2812bb.gif


では、上図の下段は何のテスト結果かと言いますと、リスクリワード=3:8の損が小さく利益が大きい、

損小利大のパラメーター設定の5年間8通貨同時運用でのレポートです。

日足なので、1日1回夏時間なら6時、冬時間なら7時に30pipsに達すると30pips反転決済のトレールが発動され、評価益が30pipsに達すると小幅利益確保のストップ注文の変更を+5pipsの水準に行なった結果です。

ストップロスは通貨により20pipsから35pips、テイクプロフィットは8通貨共通で120pipsです。

損小利大では勝率は下がるので、約50%です。


リスクリワード=1:1(損益同額)とリスクリワード=3:8(損小利大)のパラメーター設定は、お好みでお選びいただけます。


5年間での損失は損小利大型の方が損益同額型の4分の1なので、大口での運用をされる場合は損小利大型を好まれるようです。

その代わり、勝率は約50%で利益も約4分の1となります。


比較しますと以下の通りです。




5年間0.01ロットで8通貨同時運用テストの結果比較
hikaku
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/a/4a1482bd.gif



どちらも右肩上がりのデーターとなっておりますので、お好みです。


ただし、最大ドローダウンが小さいので、大口で運用をされる方は損小利大型を選ばれるようです。


本日のテスト結果は近日中のバージョンアップに反映されます。

商材のURLは以下の通りです。



MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 現在8通貨セット


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。   



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ


********************************************************************************
FX運用セミナー リスク分散で安定的にハイレバレッジに近い
効果を得るためのフレームワークの探求
 [2018年2月11日14:00]
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2390
******************************************************************************** 

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            
 
 

↑このページのトップヘ