Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:マルチタイムフレーム


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


本日は、「ストキャス with RSIフィルター3通貨セットのバージョンアップ」をお届けいたします。


下図が、近日中にv2への無償バージョンアップを予定しているストキャス with RSIフィルターツールEAの3通貨合計(GBPUSD,EURUSD,USDJPY)の残高グラフです。

Report_StochasRSIFilterEA_3Currency_M5_v2

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/6/16f5e367.gif


以下が、10000通貨で売買した5年8ヶ月間のバックテストレポートです。


純益 847820円

プロフィットファクター 1.538

最大ドローダウン 38532円

売買回数 2486回(月平均36回)

勝率 86.4%

バージョン1よりも売買回数は減っておりますが、勝率、プロフィットファクターが改善し、最大ドローダウンが小さくなっております。

特に今年8月のトルコリラショックの影響を感じさせない、8月も収益がプラスになっている状況です。


インジケーターには、この結果のパラメーターがセットされます。


本日使用したインジケーターは以下の通りです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?p=2805

フリー版はストキャス20以下とRSI30以下で買いシグナル、
ストキャス80以上とRSI70以上で売りシグナル、
USDJPY,EURUSD,GBPUSD3通貨の5年半の右肩上がりの設定とフリー版同梱
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※v2へのバージョンアップは近日中に無償で行われます。




本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/              

今日は!

FXの調べ、さとりです。

今回はRSIで3つのタイムフレームを使って逆張りのシグナルを出すインジケーターを調べて見ました。


検証に使ったのは、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターです。

早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターは、連続する3つのタイムフレームのRSIの内、上位2つが50より上で、現足のRSIが40を割ったら逆張りの買い、上位2つが50より下で、現足のRSIが60を越えたら逆張りの売りのシグナルを表示します。


下図はUSDJPY1時間足のチャートです。

RSIMA_3TF_Buy

上図において、1時間足RSI>4時間足RSI>日足RSI を満たすと青い上向き三角形が表示され、1時間足RSI<4時間足RSI<日足RSI を満たすと赤い下向き三角形が表示されます。

トレンド三角形の陽転、陰転と呼ぶことにします。

このケースでは、トレンド三角形が陰転直後に、押したところで1度目の買いシグナルが出ています。

また、陰転から陽転に向かうところで陽転する前に2度目の買いシグナルが出ています。



下図はEURUSD15分足のチャートです。


RSIMA_3TF_Sell


下図はAUDJPY4時間足のチャートです。


RSIMA_3TF_BuyAUDJPY_H4



上図のEMAの内、青いトレンド判定用EMAの傾きでインジケーターのシグナルを制御いたします。


デフォルトではEMAは使用しておりませんので、同梱のEMAインジケーターは参考用にご覧ください。


このように、トレンド転換は遅いと感じることもあると思いますが、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーター陰転中に逆張りで買い、陽転中に逆張りで売りを仕掛けるタイミングをお知らせするインジケーターでもあります。

ただし、トレンド判定用のEMAを使った場合は、大きな流れを捉えるように長期で設定し、EMAの傾きが上向きなら買いのみ、下なら売りのみ行うのも良いかと思います、

本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////   

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。
http://abproducts.biz/melmaga/


 


こんにちは! FXの調べ、さとりです。

この冬一番の寒波が近づいていますね。

お気をつけください。



 この度、「自動売買ツール MT4 RSI 3タイムフレーム EA」をリリースしました。


例えば、開いているチャートのRSIが押し目を作って55を越えてきたときに、

上位2つのタイムフレームのRSIが55を越えている場合、

つまり、3つのタイムフレームが全て55を越えた時に買いを行います。

MT4 RSI 3タイムフレーム シグナルインジケーター」との連動が可能です。


自動売買ツールですので、自動売買を行いつつ、ご自分でテストしながらパラメーターを調整して頂くことが可能です。

テスト結果によってトレードルールを作成してインジケーターに反映するなどの使い方も可能です。

裁量にも活かしていただける自由度の高いEAということが言えると思います。


当EAではトレンドを見るEMAの乖離が一定以上に開いたときのみ仕掛けることが可能です。

2014年7月~2017年1月の約2年半のUSDJPY5分足でのバックテストにおける残高曲線をご覧ください。
graph

上図は20万円スタートで1万通貨単位で売買テストした残高曲線です。

ほぼ右肩上がりであることが分かります。

次に、上記バックテストにおけるMT4のレポートをご覧ください。
report

2年半の1万通貨の売買で約240000円の純益ですから2.5で割ると

1年で96000円の純益ということになります。

最大ドローダウンが約24000円ですから、例えばOandaのプロコースの

初回最低入金額200000円でスタートで資金を1年毎に200000円にリセットしても

リセットしなくても2年半継続できることになります。

200000円の資金で1年平均でプラス96000円とすれば、年利48%となります。

プロフィットファクター1.38ですから、100円の損失に対して138円の利益を

上げていることになります。

システム上の最大テイクプロフィット30pips、最大ストップロス25pipsでテストを行っており、

1回の平均利益2700円に対して1回の平均損失1700円とリスクリワードレシオ1.58で勝率は約46%なので、

今後もこのペースで売買が続くとした場合、10回の売買で12000円(2700×4.6)-9000円(1700×5.4)

=約3000円の純益が残る計算になります。

勝率に関しては単発のトレードの勝率よりも、月別集計の勝率を重視しています。

以下のように月別集計の勝率は、26勝5敗で約80%です。
monthgraph

月別集計の残高も以下のようにほぼ右肩上がりです。
monthamt

上記の数値はバックテストにおける2年半の統計上の数値であり、

税金等は考慮しておりませんし、将来の利益を保証するものではありませんが、

EAのポートフォリオの組み入れ時にご参考頂けるかと思います。

因みにOandaのプロコースは、初回最低入金額200000円、取引単位は1000通貨から

3000000通貨、スプレッドはドル円の場合原則固定の0.8pipsです。

最大3000000通貨ですから、レバレッジ10倍で1年間運用した場合は以下のように

初回最低入金額200000円でスタートして2年半後には約7.6倍の152万円になっていることになります。
Leva10_graph

Leva10_report

上記の数値はバックテストにおける2年半の累計の数値であり、

税金等は考慮しておりませんし、将来の利益を保証するものではありませんが、

EAのポートフォリオの組み入れ時にご参考頂けるかと思います。

上記のテストは当商材「自動売買ツールMT4 RSI 3タイムフレーム EA」で行いました。

製品には、上記の設定を反映した「MT4_RSIMA_3TimeFrame_EA_v1_USDJPY_M5.ex4」及び

通貨量10000通貨固定でのMT4バックテストレポート、レバレッジ10倍でのMT4バックテストレポート

が含まれております。


にも上記の設定を反映した「MT4_RSIMA_3TimeFrame_v8_USDJPY_M5.ex4」及び

通貨量10000通貨固定でのMT4バックテストレポート、レバレッジ10倍でのMT4バックテストレポートが含まれております。

EAで1万通貨固定で運用する場合は、以下の設定とください。

OrderLot=0.1
Leverage=0(0とすれば固定ロット0.1=10000通貨が有効となります。)
MaxLots=1(0.1以上であれば可)

EAでレバレッジ10倍で運用する場合は以下の設定としてください。

OrderLot=0(0とすればレバレッジ10=10倍が有効となります。)
Leverage=10
MaxLots=30(Oandaのプロコースの最大発注通貨量300万通貨)


皆様のご成功をお祈りいたします。



それではお元気でお過ごしください。






テクニカルトレード ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1711371:4591



/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

----------------------------------------------------- 
リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして 
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。 
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。 
また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については 
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。 
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。 
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただきます。 

利益や効果について 
Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。 

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合 
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。 
---------------------------------------------------- 

↑このページのトップヘ