Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:ボリンジャーバンド


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は、「RSIとBandsを使ったEAの順張りと逆張りの売買タイミング事例」をお届けいたします。


前回の記事「逆張りと順張りはどちらが安定しているのか?」では、逆張りの方が売買回数は多いので儲かってはいるが、順張りの方が残高グラフが安定している、と書きました。
http://fxmt4indicator.blog.jp/archives/77485740.html


本日はその理由を説明いたします。

下図がEURUSD5分足で買いの2連勝の例です。

EURUSD_M5
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/3/132c069a.gif

上図においてはRSIBandsEAのv21を使っています。

ボリンジャーバンドの幅が狭くなり、価格が安定してから上昇し始めたところで買いを仕掛け、BandWalkの流れに乗って2連勝していることが分かります。

v21では順張りを使っています。

スクイーズの状態でエネルギーを溜めて下値固めが出来ているので、ブレイクアウトの流れに乗れ安いことが分かります。

仕掛け前のRSIは50より上ですが、安定していることも分かります。

相場が安定している状態では、1時間足で見た場合の値幅が10pips~30pips程度に収まることは推定できます。


これを裁量で仕掛けようとすると、一般的な人間心理では、ブレイクアウトまで待てなかったり、ブレイクアウトしてから飛び乗ってしまって、例え方向感は合っていても、レートのぶれでポジションをホールドできず、振り落とされる可能性が高くなります。


では、同梱のv20の逆張りシグナルではどのようなタイミングで売買するかと言いますと、下図のようにGBPJPY5分足の売りで3連勝の仕掛けタイミングで分かります。

GBPJPY_M5

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/8/6/861f72a4.gif

上図において、下降トレンドの中でBandsもRSIも動いている状態の中で、逆張りの戻り売りを仕掛けて3連勝していることが分かります。

相場の歪みを狙うのが逆張りですから、この意味においては成功しているシグナル例といえます。

ただし、EAで継続的に自動売買を行う場合は、逆張りや戻りのぶれがどのくらいの値幅なのか?、つまり、20pipsの戻りでエントリーするのか?50pipsの戻りでエントリーするのか?はたまた100pipsの戻りでエントリーするのか?相場のボラティリティによって、大きな差が出るということになります。

つまり、逆張りの方が売買回数は多いですが、統計的なデータを活かしずらく、フォワードが安定しにくいということが推測されます。
統計的なデーターを活かすのが、EAの役目とも言えますから、相場が安定してからのブレイクアウトを狙った順張りの方がEAでは安定すると推測されます。


裁量で逆張りを行う場合は、突発的なニュースなどで相場が荒れていれば休むことも出来ますし、通貨や時間足を変更することも自分次第なので、相場観を磨けばうねり取りも可能となります。


このような訳で、自分次第ですが人間心理から裁量では逆張りが有利、常時稼動のEAではブレイクアウト時のバンドウォークを狙う順張りが有利、と推測されます。


今回検証に使ったのは、現在8通貨に対応中の逆張りシナリオRSI BandsEAでした 。

4ロジック搭載のv18(8通貨対応済み),逆張りのv20(4通貨対応済み),順張りのv21(4通貨対応済み)が同梱されており、今後、無償で全8通貨をv20とv21に対応いたします。


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/           


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は、「全通貨検索でボリンジャーバンドのSigma2.5で決済」をお届けいたします。

下図が、GBPUSDの5分足で売りを手動で建てて、全通貨検索でボリンジャーバンドのSigma2.5で自動決済した例です。

AutoBandsCloseEA_GBPUSD_M5_Sell
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/f/cfdb6a14.gif

上図において、決済専用EAで、SL、TPを自動で設定し、足の始値でボリンジャーバンドのSigma2.5になったら決済します。

初期設定ではリアルタイム決済ですが、テストでは足の始値で行っています。


※決済専用EAではボリンジャーバンドの表示はされませんので、MT4標準のインジケーター等での表示をお願いいたします。


決済条件(設定変更可能)は以下の通りです。

・SL50pips,TP20pips自動設定

・ボリンジャーバンドSigma2.5で利食い、3.0で損切り
※ただし、ブレイクアウト時にエントリーする場合も想定し、初期設定では新規建て後60分経過後稼動

・新規建て後12時間経過後決済

・週末金曜日の21時の決済

・含み益8pipsで損益+1pips決済のストップ変更

・含み益10pipsで25pips反転トレール決済


下図がGBPUSD 5分足で2013年~2018年7月まで毎日同じ時間にトレンド判定基準を満たしていたら新規建てを行ったテスト結果の残高曲線です。

StrategyTester_GBPUSD_M5

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/5/b/5b093569.gif

【テスト時の各通貨共通の設定概要】

売買単位:0.1ロット

トレンドMA:日足EMAの傾きが上でレートが上にある時買い、傾きが下でレートが下にある時売り

SL:50pips

足の始値で8pipsの含み益があれば、買いの場合+1pipsにストップを引き上げ

足の始値で10pipsの含み益があれば、25pips反転のトレール決済を行う


買いポジション、売りポジション共、BandsSigma=2.5で利食い決済、BandsSigma=3.0で損切り決済、

※ただし、新規建て後60分は、BandsSigmaでの決済はしない


【GBPUSD 5分足の設定と結果】

TP:20pips

純益:361179円

PF:2.34

売買回数:684回(売り257回買い427回)

勝率:87.43% (598勝86敗)


手動のポジションに対して全通貨検索対応なので、設置は1チャートのみでOKです。

通貨、時間軸を問いません。


因みに残高曲線は、EURJPYですともっと綺麗な右肩上がりになっています。


本日使用した決済専用EAは以下の通りです。

********************************


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?p=2727

全通貨検索対応でボリンジャーバンドのSigma2や中央のMAラインで利食いと損切りを行う決済専用EA!
手動のポジションに対してSL、TPの自動設定、一定時間後決済、損益1pips決済、トレール決済もあり!

********************************



***夏休み特別プレゼントキャンペーンのお知らせ***

日頃の感謝を込めて夏休み特別プレゼントキャンペーンを行います!

2018年8月1日から2018年8月31日までの1ヶ月間に

アートブレインプロダクツのサイトから
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/

ご購入いただいた合計金額に応じてプレゼントを行います。

2018年9月1日から2018年9月30日の間に申請してください。

ご購入合計金額が9800円以上30000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額以内

ご購入合計金額が30000円以上50000円未満の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の1.5倍以内

ご購入合計金額が50000円以上の場合
プレゼント商材合計金額<=ご購入合計金額の2倍以内

申請時に購入ID(注文番号)とご購入商材名とそれぞれの金額、
希望商材番号、商材名、それぞれの金額をメールでご連絡ください。
申請メールを頂いてから原則として3営業日以内に商材をお送りします。
**********************************************************************


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/           

メリークリスマス!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの1時間足と15分足について調べてみました。


その前に、前回逆張りシナリオRSI Bands EA、インジケーターの4時間足と日足についてまとめをいたしましたが、4時間足のチャートを掲載していなかったので、4時間足の事例を掲載いたします。

http://fxmt4indicator.blog.jp/archives/73737606.html




下図が、GBPJPY4時間足で7連勝のチャートです。

4時間足については、再テストいたしましたので、前回の記事に比べて売買回数が増えております。


StrategyTester_GBPJPY_H4_chart_2
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/3/13c10f65.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.緑の上向き矢印で買い準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を切って表示)

2.青い上向き矢印で買いエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を越えて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.青い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。



下図が同じくGBPJPY4時間足で3連勝の事例です。

背景が黒でもデフォルトで見やすいインジケーターの配色となっております。

StrategyTester_GBPJPY_H4_chart
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/4/640eabb7.gif


インジケーターでの買いの手順は以下のようになります。

1.オレンジの下向き矢印で売り準備(シグマ3、実際には通貨と時間軸により3~1.5を越えて表示)

2.赤い下向き矢印で売りエントリー(シグマ1、実際には通貨と時間軸により0.5~2.0を割れて表示)

3.終値が中央の移動平均線をクロスしたら決済(新規、決済共リアルタイムシグナルも表示)

4.赤い水平線は参考損切りライン(EAではpips値幅、ポジション保持時間、トレール、シグマライン決済等あり)


EAでは以上の手順を自動で行ないます。

インジケーターでは、各シグナルと同時にメール、アラートを行ないます。


EAでもインジケーターでも4時間足での売買イメージがは上記のようになります。



さて、1時間足や15分足ではどうなるでしょうか?


下図は15分足での表示例です。


USDJPY_M15_black
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/3/0/303eef19.gif


USDJPY_M15_white
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/1/0114c3db.gif


下記は15分足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_M15_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/0/e0636abb.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 19117.00円 

売買回数 173 

勝ち 129 

負け 44 

勝率 67.31% 

PF 3.10 

最大ドローダウン 1570.00円 

勝ち1回当たり平均利益 218.876円 

負け1回当たり平均損失 207.2円 




下記は1時間足での過去5年間の残高曲線とバックテストデーターです。
StrategyTester_RSI_Bands_EA_v5_USDJPY_H1_RSI30-70
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/9/b/9bb700d1.gif

上図における集計は以下のようになります。 

期間2013年1月から2017年12月 

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。 

売買単位0.01ロット 


純益 13097.70円 

売買回数 142 

勝ち 113 

負け 29 

勝率 68.14% 

PF 2.55 

最大ドローダウン 2353.54円 

勝ち1回当たり平均利益 219.86円 

負け1回当たり平均損失 192.02円 


15分足でも1時間足でもあまり差のない成績となりました。

以前に、短期足の5分足でも機能していることはインジケーターで確認済みです。


上記データーは全てのシグナルを自動で行なった場合のデーターですので、この売買ポイントをベースに裁量で改善できれば、尚良いですね。


何の相場でも基本はダウ理論ですので、高値、安値を切り上げているときの押し目買い、切り上げているときの戻り売り、をうまく組み合わせると改善されるでしょうね。



今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした 。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


バージョンアップが完了し、日足と4時間足での8通貨と上記のドル円の15分足と1時間足のついてもPresetファイルを同梱しております。

通貨、時間軸別に見れば、過去5年間で最適化した18個のEA、またはインジケーターが含まれます。




本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/          


今日は!

FXの調べ、さとりです。


今回は、逆張りシナリオRSI BandsEA、インジケーターについて4時間足と日足をまとめてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


下図はUSDJPY日足のシグナル例です。

RSI_Bands_USDJPY_D1
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/f/2/f2aec58c.gif


ボリンジャーバンドの3シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に1.5~3.0)を終値で越えると逆張りの仕掛け準備シグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い準備なら緑の上向き矢印、売り準備ならオレンジの下向き矢印となります。

実際の仕掛けは、1シグマ(実際には通貨、Upper、Lower別に0.5~2.0)を終値でクロスすると、仕掛けのシグナルの矢印が中央の移動平均線に向かって表示されます。

買い仕掛けなら青の上向き矢印、売り仕掛けなら赤の下向き矢印となります。


終値で仕掛けのシグナルが出ていれば次の始値で仕掛けます。


下図は5年間4時間足で安定していた5通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_H4_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/3/23a8326e.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 40683.69円

売買回数 234

勝ち 188

負け 46

勝率 80.342% 

PF 2.398

最大ドローダウン 2190.55円

勝ち1回当たり平均利益 371.206円

負け1回当たり平均損失 632.675円 












下図は5年間日足で安定していた4通貨同時に運用を行なった場合のレポートと残高曲線になります。

StrategyTester_D1_antei_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/9/190e73e9.gif

上図における集計は以下のようになります。

期間2013年1月から2017年12月

※2011年、2012年の1ドル70円代、80円代のデーターを含めて最適化を行なうと1ドル100円以上ではパフォーマンスが落ちて非効率であるため、上記期間での集計となります。

売買単位0.01ロット


純益 124076.20円

売買回数 233

勝ち 189

負け 44

勝率 81.116% 

PF 4.192

最大ドローダウン 4200.00円

勝ち1回当たり平均利益 862.129円

負け1回当たり平均損失 883.322円 




4時間足に比べて日足のプロフィットファクターが高いのが分かりますね。


時間軸が長いほど大きなトレンドが捕らえられることは確かですね。


勝ち1回当たり平均利益と負け1回当たり平均損失から見て、4時間足については利小損大ですが、日足についてはほぼ同額、リスク/リワードレシオ1:1となっていることからも、日足の方がより安定していると言えそうですね。


また、ボリンジャーバンドは長期足ほど機能しやすいとも言えそうですね。


それは、相場を左右する人間心理が1分、5分、15分、30分、1時間単位よりも、1日単位、週単位の方がライフサイクルによりマッチしているからかもしれませんね。




近日中の無償バージョンアップで、EA、インジケーター共、以下の通貨と時間軸のPresetファイルを同梱いたします。


4時間足と日足について

AUDJPY

AUDUSD

EURJPY

EURUSD

GBPJPY

GBPUSD

USDCAD

USDJPY





Presetファイルは、EA、インジケーターの設定画面の「パラメーターの設定」タブから「読み込み」をクリックしてPresetファイルを読み込んでください。



今回のバージョンアップでは、EAは1ファイルのみで、インジケーターはボリンジャーバンド1ファイルとRSI1ファイルの計2ファイル同梱、となりますので、各通貨の各時間軸のPresetファイルを読み込んでください。


各通貨と時間軸毎にテストレポートとPresetをつけておりますので、お気に入りの通貨を選んで運用しやすくなっております。




今回検証に使ったのは、逆張りシナリオRSI Bandsインジケーター、EAでした

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。   

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////      

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。   
http://abproducts.biz/melmaga/         


今日は。

FXの調べ、さとりです。


MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット

について、この度標準で8通貨の対応と時間軸の変更を行うことにしました。

理由は、13年間のデータを取り直したところ、4時間足が安定しておりました。

特に、USDJPY,AUDJPY,AUDUSDが綺麗な右肩上がりであったのですが、

頻繁に通貨の入れ替えをするのも良くないので、標準で8通貨対応版をダウンロードしていただけるようにするためです。

下図は、USDJPY,AUDJPY,AUDUSDの3通貨の2005年から13年間の残高曲線です。

USDJPY_AUDJPY_AUDUSD_Report


1000通貨単位 各通貨1ポジションのみ

純利益 67,789円

売買回数 390回 308勝 82敗

勝率 78.97%

プロフィットファクター  2.34


USDJPY,AUDJPY,AUDUSD以外に、他の5通貨(GBPJPY,GBPUSD,EURJPY,EURUSD,USDCAD)を含めた8通貨の残高曲線が以下の通りです。
8CurrencyReport

当然ですが、8通貨の方が売買回数が多くトータル利益は高いですね。


1000通貨単位 各通貨1ポジションのみ

純利益 167,644円

売買回数 1149回 870勝 279敗

勝率 75.71%

プロフィットファクター  1.92

最大ドローダウン 3634


8通貨併用で、2005年から13年間無敗でした。


バージョンアップは近日中に行われます。

尚、発売から4カ月を経過し、標準で8通貨に対応するなど内容も変更してまいりましたので、勝手ながら11月から1万円の値上げをさせていただきますので、10月中にご購入していただくとお得です。

何卒よろしくお願いいたします。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。 


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////   

↑このページのトップヘ