Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

タグ:ドル円の買い


こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに五十日は優位なのか? 5年間の調べ その3」をお届けいたします。


[PR] ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2060

N字、逆N字形成でリペイントしない矢印を表示・メール・アラート!
ダウ理論やエリオット波動で提唱する高値安値の切り上げ切り下げが一目瞭然!
全通貨1分足から週足まで対応!
[PR] ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

6時の仕掛で輸出企業の決済日に当たる五十日で曜日指定なしの損益を出しました。


今回は、損益上位の、五十日かつ月、火、金をまとめた残高曲線とMT4レポートを確認します。


【残高曲線】

gotoubi__getukakin_graph
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/3/0/3089a50f.gif


上図の残高曲線において、ほぼ右肩上がりとなっています。


【MT4レポート】
gotoubi__getukakin_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/a/2a7b8b81.gif

勝率は84%から87%、プロフィットファクターは2.5から3.3にアップしました。



五十日の月、火、金の仕掛けがさらに効率的であることが分かります。


ここまで、基軸通貨であるドル円の買いに優位な時間帯、曜日、五十日の優位性について確認していただきました。

活用できる点は、自由に活用してください。


次回、日数が空くかもしれませんが別のテーマで書きたいと思います。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     

メルマガの解除は下記アドレスからいつでもできます。


こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに五十日は優位なのか? 5年間の調べ その2」をお届けいたします。



[PR] ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ギャンの45度線を意識したトレンドラインを自動で引くインジケーターと別売りツールEA
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2459

伝説のトレーダーウィリアム・ギャンの45度線を意識したトレンド領域を自動で生成!
角度によって相場が過熱気味か、押し目、戻りの仕掛けチャンスか?判断の基準となる !

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

6時の仕掛で輸出企業の決済日に当たる五十日の損益を出しました。


今回は、曜日指定せず、全曜日の五十日の残高曲線とMT4レポートを確認します。


【残高曲線】


gotoubi_graph
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/2/0257f3fa.gif


上図の残高曲線において、曜日指定しなくてもほぼ右肩上がりとなっています。


【MT4レポート】
gotoubi_report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/3/63954df3.gif

勝率は84%と、五十日の方が高いことが分かります。



やはり回数は少ないですが、五十日にのみに仕掛けた場合、かなり効率的であることが分かります。



次回「ドル円の買いに五十日は優位なのか? 5年間の調べ その3」では、五十日の仕掛けの上位の曜日月曜、火曜、金曜を合成した残高曲線とMT4レポートを見てゆきます。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     

メルマガの解除は下記アドレスからいつでもできます。


こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに五十日は優位なのか? 5年間の調べ その1」をお届けいたします。



[PR] ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2170

RCI1時間足&4時間足トレンドと1分足、5分足、15分足等の短期でRCIを追跡!
逆張り、順張り両面から攻略するためのMTF&マルチシグナルシグナル・メール・アラート!
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

6時の仕掛であれば、2013年以降の5年5ヶ月間は、火曜、水曜、木曜でも、ある程度残高が右肩上がりであることが分かりました。


今回は、輸出企業の決済日を意識した5日、10日、15日、20日、25日、30日、31日の五十日と言われる日の優位性についてテストします。

ただし、土日が五十日に当たる場合は、直前の金曜日を五十日とします。


【設定画面】
setting

setting
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/8/2/82984782.gif


上図の設定画面において、D_BuyGotobiOnly=trueでチェックを付けずに固定し、BuyWeekdayOnlyにチェックを付けてスタート0(全曜日)からステップ1ずつストップ5(金曜日)までパラメーターの値を動かします。


【最適化結果】
gotobi_optimize

gotobi_optimize
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/b/c/bc8a97d5.gif



D_BuyWeekdayOnly=0の五十日かつ全曜日の仕掛けでも、プロフィットファクター2.54、純益96000円に対しドローダウンが18500円となっています。

回数は少ないですが、五十日にのみに仕掛けた場合、かなり効率的であることが分かります。


次回「ドル円の買いに五十日は優位なのか? 5年間の調べ その2」では、五十日の仕掛けの残高曲線とMT4レポートを見てゆきます。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     

メルマガの解除は下記アドレスからいつでもできます。


こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な曜日とは 13年間の調べ その1」をお送りいたします。


前回は、「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」を使い、
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

6時の仕掛けの残高曲線の特徴まで見ていただきました。


今回は、6時の仕掛けのドル円の買いに優位な曜日を調べます。

下図が優位な曜日を調べる設定画面です。
setting

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/2/e2f2f90d.gif

チェックが入っている項目BuyWeekdayOnlyのみ、スタート0~ステップ1ずつストップ5まで動きます。


0は曜日指定なし=全曜日トレード、1は月曜日のみトレード…5は金曜日のみトレードとなります。




結果は下図の通りです。

youbikekka

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/7/5/75d211f5.gif

上図の通り、損益、プロフィットファクター、ドローダウンからトータルで判断すると5の金曜日と1の月曜日の仕掛けが良いですね。


次回「ドル円の買いに優位な曜日とは 13年間の調べ その2」では、金曜日と月曜日のみに絞った残高曲線を見てゆきます。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     



こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な時間帯とは 13年間の調べ その4」をお送りいたします。


前回は、「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」を使い、DailyTradeの買い用の13年間の最適化まで行った中で、純益上位の15時の仕掛けの残高曲線とMT4レポートを見ていただきました。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

今回は、純益上位の6時の仕掛け時間帯の残高曲線とMT4レポートを見てゆきましょう。

kekka
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/7/7/77e6ec90.gif

上図にありますように、2番目の赤い枠が6時のドル円の仕掛けの売買結果です。


6時頃の仕掛けに関する100万円スタートでの13年間の残高曲線は下図です。
graph6ji

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/9/497c4112.gif


13年間の中で前半の2005年~2012年の期間は残高が減っており、ドル円が主に70円代~80円代を抜けて来た2013年からはほぼ右肩上がりで推移しています。


この残高曲線を見ると、後半の期間2013年以降の5年5ヶ月間で最適化を行うべきなのかもしれません。

何故ならば、2018年の時点では1ドル70円代、80円代の変動幅のデーターを含めて最適化することはパフォーマンスを落とす可能性があるからです。


因みに、売買ルールとしては、15時の仕掛け時と同様、TP、SL共50pipsで、ボリンジャーバンドのシグマが3前後で利食い、損切り共行います。

また、6pipsの評価益を付けると買いの場合1pipsの利益水準までストップを引き上げます。

下図がMT4レポートです。

report6ji

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/b/6/b6417f63.gif

勝率は80%となっています。


15時の仕掛けと比較して気づいた点は、先ずは最高連勝回数です。

15時の仕掛けでは、最高連勝が18連勝(4連敗)だったのですが、6時の仕掛けでは最高連勝が36連勝(3連敗)となっています。


また、2013年1月以降の直近5年間4ヶ月の純益は、15時の仕掛けが137,107円に対し、6時の仕掛けの方が182,763円と増えています。


しかも、6時の仕掛けは13年1月の時点からですと、若干のマイナスからのスタートなので全利益を後半の直近5年4ヶ月間で急ピッチで上げたことになります。


この結果より、最適化期間は長ければよいというものではないということが分かります。


次回は「ドル円の買いに優位な曜日とは?13年間の調べ その1」をお届けいたします。

今度は時間帯ではなく、優位な曜日があるのかがポイントになります。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     

↑このページのトップヘ