Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

カテゴリ: RSI


こんにちは。

FXの調べ、さとりです。


今回は、ドル円の日足で0.382押しで仕掛けるタイミングと、RSI の3つのタイムフレームの逆張りシグナルのタイミングを比較してみました。


USDJPY_D1


上図は、ドル円の日足チャートです。


メインチャートには、フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上を0.382戻りで買いシグナルを出すように設定しています。

ただし、トレンドフィルターは使っておりませんので、トレンドが陰転中でも買いシグナルが出ます。

サブチャートには、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターが表示されています。

月足のRSIは期間が長すぎますので、上位のタイムフレームは週足のみ使っております。

サブチャートの緑の週足のRSIが50を越えていて、青い日足のRSIが40を下回ったので、週足トレンドが上向き中に日足のRSIで押し目を作ったと判定し、逆張りの買いシグナルを出しています。

チャートをご覧頂くとわかりますが、陰転中の0.382押しのタイミングの少し前にRSI3TFの逆張りシグナルが出ております。


その後、ジグザグしながら下値を切り上げ、メインチャートで0.382押しのタイミングでフィボナッチの買いシグナルが2回出ました。

最新の安値112.034が前の谷の安値111.994を割らずに上方に切り替えしているのは、やはりダウ理論が生きているということでしょうね。


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。 

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////    

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。 
http://abproducts.biz/melmaga/  

今日は!

FXの調べ、さとりです。

今回はRSIで3つのタイムフレームを使って逆張りのシグナルを出すインジケーターを調べて見ました。


検証に使ったのは、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターです。

早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターは、連続する3つのタイムフレームのRSIの内、上位2つが50より上で、現足のRSIが40を割ったら逆張りの買い、上位2つが50より下で、現足のRSIが60を越えたら逆張りの売りのシグナルを表示します。


下図はUSDJPY1時間足のチャートです。

RSIMA_3TF_Buy

上図において、1時間足RSI>4時間足RSI>日足RSI を満たすと青い上向き三角形が表示され、1時間足RSI<4時間足RSI<日足RSI を満たすと赤い下向き三角形が表示されます。

トレンド三角形の陽転、陰転と呼ぶことにします。

このケースでは、トレンド三角形が陰転直後に、押したところで1度目の買いシグナルが出ています。

また、陰転から陽転に向かうところで陽転する前に2度目の買いシグナルが出ています。



下図はEURUSD15分足のチャートです。


RSIMA_3TF_Sell


下図はAUDJPY4時間足のチャートです。


RSIMA_3TF_BuyAUDJPY_H4



上図のEMAの内、青いトレンド判定用EMAの傾きでインジケーターのシグナルを制御いたします。


デフォルトではEMAは使用しておりませんので、同梱のEMAインジケーターは参考用にご覧ください。


このように、トレンド転換は遅いと感じることもあると思いますが、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーター陰転中に逆張りで買い、陽転中に逆張りで売りを仕掛けるタイミングをお知らせするインジケーターでもあります。

ただし、トレンド判定用のEMAを使った場合は、大きな流れを捉えるように長期で設定し、EMAの傾きが上向きなら買いのみ、下なら売りのみ行うのも良いかと思います、

本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////   

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。
http://abproducts.biz/melmaga/


 

こんにちは。

FXの調べ、さとりです。


今日は、MT4 RSIMA押し抜けくんのシグナル表示条件に付いてチャート画像をつけてご案内いたします。

MT4 RSIMA押し抜けくんは、トレンド方向に押し目抜けを狙っていただくために作成したインジケーターです。

下降トレンドの場合は、戻りからの反転抜けですね。


http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=9


下図はドル円15分足の買いシグナルの例です。
BUY


デフォルト設定では、足の終値の段階で以下の①②③④
の条件を満たした時に上向きの中塗矢印を表示します。

青いTrendMA50が上向きである。=①(トレンドMAの傾き条件)
かつ
赤いCrossMA20が青いTrendMA50よりも上にある。=②(2つのMAのクロス条件)
かつ
終値が赤いCrossMA20よりも上にある。=③(ローソク足終値とクロスMAのクロス条件)
かつ
RSIが51以下を付けてから55を超えた。=④(RSIの条件)

※デフォルトではリアルタイムモードオンなので、
RSIがリアルタイムで条件を満たした時に
上向きの中抜き矢印をリアルタイムで表示します。


下図はドル円15分足の売りシグナルの例です。
SELL


デフォルト設定では、足の終値の段階で以下の①②③④
の条件を満たした時に下向きの中塗矢印を表示します。

青いTrendMA50が下向きである。=①(トレンドMAの傾き条件)
かつ
赤いCrossMA20が青いTrendMA50よりも下にある。=②(2つのMAのクロス条件)
かつ
終値が赤いCrossMA20よりも下にある。=③(ローソク足終値とクロスMAのクロス条件)
かつ
RSIが49以上を付けてから45を割れた。=④(RSIの条件)

※デフォルトではリアルタイムモードオンなので、
RSIがリアルタイムで条件を満たした時に
下向きの中抜き矢印をリアルタイムで表示します。


RSIMA押し抜けくんは、複雑な条件設定が可能であるため、条件が揃わないとシグナルを出さないデフォルト設定になっておりますので、このように時々説明が必要です。



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。  


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////    

今日は。 

FXの調べ、さとりです。 


台風の方は心配したほどではなく、幸いでしたね。


前回の記事でお伝えした

MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット 

についてのバージョンアップが完了しました。


13年間で最適化を行った8通貨対応版EAまたはインジケーターの4時間足初期設定がダウンロードいただけます。

EAにもインジケーターにも8通貨併用でのレポートと各通貨毎のMT4レポートも入っておりますので、8通貨の中でお好きな通貨で運用いただけます。

通貨フリー版も同梱しておりますし、時間足も好きなようにお使いいただけます。






下図はEURUSD 4時間足の買いシグナル例です。
































下図はUSDJPY 4時間足の売りシグナル例です。












以下は念のため昨日お伝えしました、残高曲線の推移と売買レポートです。



下図は、USDJPY,AUDJPY,AUDUSDの3通貨の2005年から13年間の残高曲線です。 

USDJPY_AUDJPY_AUDUSD_Report 


1000通貨単位 各通貨1ポジションのみ 

純利益 67,789円 

売買回数 390回 308勝 82敗 

勝率 78.97% 

プロフィットファクター  2.34 


USDJPY,AUDJPY,AUDUSD以外に、他の5通貨(GBPJPY,GBPUSD,EURJPY,EURUSD,USDCAD)を含めた8通貨の残高曲線が以下の通りです。 
8CurrencyReport 

当然ですが、8通貨の方が売買回数が多くトータル利益は高いですね。 


1000通貨単位 各通貨1ポジションのみ 

純利益 167,644円 

売買回数 1149回 870勝 279敗 

勝率 75.71% 

プロフィットファクター  1.92

最大ドローダウン 3634円


8通貨併用で、2005年から13年間無敗でした。 




尚、発売から4カ月を経過し、標準で8通貨に対応するなど内容も変更してまいりましたので、勝手ながら11月から1万円の値上げをさせていただきますので、10月中にご購入していただくとお得です。 

何卒よろしくお願いいたします。 


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。  


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////   


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

超大型の台風がやってくるので、十分にお気をつけください。


さて、ドル円はエリオット第5波動を形成中です。

ドル円4時間足の1円反転N字エントリーインジケーターをご覧ください。
elliot


第4波動の安値は第1波動の高値111.026を割らずに上方に切り返したので、第5波動の延長を継続中です。

エリオット波動の定義によれば、第3波動が一番長くなることはないので、第5波動の起点を111.459とすれば、第3波動の値幅分(112.707 - 109.524 = 3.183)以上は上がる可能性があるので、114.642円が当面の目標になります。

ただし、第1波動の高値111.026を割り込むようなことがあれば、状況は変わります。


本日は、この場をお借りしまして、EAとインジケーターのご案内をさせていただきます。

まずEAの方ですが、過去13年分のデータを基にいくつかアップしておりますが3カ月~半年フォワードの状況を見る必要はございますが、その中でも初めから順調に推移しておりますのが、
Dolphin RSI EA」です。

8月下旬にフォワードを開始しまして、13勝3敗 勝率81%、10000通貨単位の最大3ポジションの売買で+12230円、PF3.24となっております。

もし宜しければ、今が当EAにタイミングが合っている期間かと思いますので、ご検討ください。



また、インジケーターでは、Gmmaの長期短期のギャップを逆張りと順張りの両面から狙い、MTF対応GMMAをサブウィンドウに表示する「MT4 Gmma Gap Trading Indicator」を販売開始しました。


gmma_gap

上図のように5分足チャートのサブウィンドウにGmmaLong 1時間足とGmmaShortの5分足を表示してトレンド方向に逆張りと順張りを行うなどの柔軟な売買が可能です。

当インジケーターでは2階建て以上にも対応しておりますので、同時に5分足チャートのサブウィンドウにGmmaLong 4時間足とGmmaShortの15分足を表示することも可能です。


ボラティリティが低くなるとインジケーターで目先取ってゆくという考え方も重要になってくると思いますので、そのような場合にはトレンド方向に逆張りと順張りの両面から狙ってゆくGap Tradingもご参考ください。



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////  

↑このページのトップヘ