Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

カテゴリ: 優位な時間帯



こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な時間帯とは 13年間の調べ その4」をお送りいたします。


前回は、「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」を使い、DailyTradeの買い用の13年間の最適化まで行った中で、純益上位の15時の仕掛けの残高曲線とMT4レポートを見ていただきました。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

今回は、純益上位の6時の仕掛け時間帯の残高曲線とMT4レポートを見てゆきましょう。

kekka
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/7/7/77e6ec90.gif

上図にありますように、2番目の赤い枠が6時のドル円の仕掛けの売買結果です。


6時頃の仕掛けに関する100万円スタートでの13年間の残高曲線は下図です。
graph6ji

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/9/497c4112.gif


13年間の中で前半の2005年~2012年の期間は残高が減っており、ドル円が主に70円代~80円代を抜けて来た2013年からはほぼ右肩上がりで推移しています。


この残高曲線を見ると、後半の期間2013年以降の5年5ヶ月間で最適化を行うべきなのかもしれません。

何故ならば、2018年の時点では1ドル70円代、80円代の変動幅のデーターを含めて最適化することはパフォーマンスを落とす可能性があるからです。


因みに、売買ルールとしては、15時の仕掛け時と同様、TP、SL共50pipsで、ボリンジャーバンドのシグマが3前後で利食い、損切り共行います。

また、6pipsの評価益を付けると買いの場合1pipsの利益水準までストップを引き上げます。

下図がMT4レポートです。

report6ji

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/b/6/b6417f63.gif

勝率は80%となっています。


15時の仕掛けと比較して気づいた点は、先ずは最高連勝回数です。

15時の仕掛けでは、最高連勝が18連勝(4連敗)だったのですが、6時の仕掛けでは最高連勝が36連勝(3連敗)となっています。


また、2013年1月以降の直近5年間4ヶ月の純益は、15時の仕掛けが137,107円に対し、6時の仕掛けの方が182,763円と増えています。


しかも、6時の仕掛けは13年1月の時点からですと、若干のマイナスからのスタートなので全利益を後半の直近5年4ヶ月間で急ピッチで上げたことになります。


この結果より、最適化期間は長ければよいというものではないということが分かります。


次回は「ドル円の買いに優位な曜日とは?13年間の調べ その1」をお届けいたします。

今度は時間帯ではなく、優位な曜日があるのかがポイントになります。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     



こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な時間帯とは 13年間の調べ その3」をお送りいたします。


前回は、「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」を使い、DailyTradeの買い用の13年間の最適化まで行いました。


今回は、純益上位の仕掛け時間帯の残高曲線とMT4レポートを見てゆきましょう。

kekka


上図にありますように、15時頃と6時頃がドル円の仕掛けには優位であるとデーター上出ています。

15時頃の仕掛けに関する100万円スタートでの13年間の残高曲線は下図です。
graph15ji



13年間の中で残高が減っている部分は2010年~2011年のドル円が70円代~80円代で推移していた期間です。



ボラティリティ(変動幅)が小さくなると収益チャンスは減ってしまうことが分かります。

直近の2018年は右肩上がりとなっていますので、最近の相場には合っていますね。

ただし、下がっているところは気になる部分なので、曜日の選択や、輸出企業の決済に関わる五十日の選択でどこまで改善するか?後ほどやってみます。

或いは、後半の期間で最適化を行うべきなのかもしれません。

何故ならば、2018年の時点では1ドル70円代、80円代の変動幅のデーターを使って最適化することはパフォーマンスを落とす可能性があるからです。


因みに、売買ルールとしては、TP、SL共50pipsで、ボリンジャーバンドのシグマが3前後で利食い、損切り共行います。

また、6pipsの評価益を付けると買いの場合1pipsの利益水準までストップを引き上げます。

下図がMT4レポートです。

report15ji


勝率は80%となっています。


ストップ引き上げ機能がなければ、勝率は下がるはずですが、それでも55%~60%にはなるのではないかと思います。


売りと買いのどちらかの2者択一の勝負でスプレッドもあるので、FXの基本勝率は45%程度となりますが、時間帯と簡単なトレンドを加味すれば勝率55%~60%程度になり、一定の評価益が出たらストップを引き上げれば、勝率は80%程度まで期待できるという訳です。



次回、「ドル円の買いに優位な時間帯とは?13年間の調べ その4」では、6時に仕掛けた時の残高曲線、勝率などをを見てゆきます。

13年間の中で15時に仕掛けた場合とは違った残高曲線となります。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     

こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な時間帯とは 13年間の調べ その2」をお送りいたします。


前回は、逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」を使い、DailyTradeの買い用のみオンに設定しました



因みに、ロットはOrder Lot Setting の固定ロット=0.1としています。
kinou_lot




下図が、トレードの開始時間と決済時間を動かす部分です。

チェックが入っているパラメーターのみスタートからステップ数ずつストップまで時間を動かします。
daily_buy



上図では、新規建て時間と決済時間を0時~23時まで1時間ずつ動かします。

決済時間の分を55としているのは、仲値というその日の為替レートが決まる時間が9:55と言われているからです。

だからと言って、55分が特別な意味を持つとは限りません。

ここでのトレンドについては、Bandの直近の20MAがBuyDayTrendPips=0(1日前の20MA)よりも高く、
Bandの直近の20MAがBuyDayTrend12Pips=0(半日前の20MA)よりも高い設定です。

因みに、Bandの直近の20MAがBuyDayTrendPips=50(1日前の20MA)よりも50pips以上高く、
Bandの直近の20MAがBuyDayTrend12Pips=-25(半日前の20MA)よりも25pips安い位置以上であるという押し目的な条件設定も可能です。


下図は、MT4のストラテジーテスターの設定画面です。

tester_setting



上図において、通貨はドル円、5分足の始値のタイミングで最適化データーを作成することになります。


結果は、下図の通りです。

kekka



15時頃または6時頃に買うのが良いようですね。



次回、「ドル円の買いに優位な時間帯とは?13年間の調べ その3」では、優位な時間帯の残高曲線、勝率などをを見てゆきます。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            


こんにちは!


FXの調べ、さとりです。


今回は「ドル円の買いに優位な時間帯」を調べてみました。

調査に使ったEAは、「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」です。

「逆張りシナリオRSIBandsEA 8通貨セット」は、v13よりトレード機能別にオン/オフが可能です。

kinou_lot


その中で、DailyTradeには買い用と売り用がありますが、今回は買い用のみオンにします。

他には、RSIBands買い用と売り用、逆張りRSIBands買い用と売り用、ボラティリティトレード買い用と売り用の計8つのトレード機能がございますが、DailyTrade買い用以外はオフ(false)にしておきます。


EAなのでリアル口座での自動売買はもちろん可能ですが、EAと無料の「売買しない注文お知らせ専用EA」をデモ口座にセットしておけば、売買の度にスマホなどにメールを送ってシグナルとするインジケーター的な使い方も可能です。

因みに、同じページに「逆張りシナリオRSIBandsインジケーター 8通貨セット」もございまして、バージョンアップのタイミングでEAのv13とは必ずしもリンクしておりませんが、インジケーターのシグナルは見やすく調整がしやすいので、それはそれで十分にお使いいただけると思います。


「ドル円の買いに優位な時間帯とは?13年間の調べ その2」に続きます。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※ご自身の判断と責任で売買を行っていただきますことをご了承ください。

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            




↑このページのトップヘ