こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

今回は売りか、買いか、迷ったらGMMAトレンド方向が良いのではないか?

というシグナル例をご紹介します。


下図はドル円15分足の買いシグナル例です。
GMMAbuy
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/1/013d8665.gif

上図のメインチャートには、N字エントリーインジケーターが表示されています。
また、上図のサブチャートには、GMMA GAP インジケーターが表示されています。

①でGMMAShort青がやや上向きのGMMALongピンクを引っ掛けて陽転した後、②でN字エントリーインジケーターが陽転したので、買いと見なします。

①と②は前後してもOKとします。


下図はドル円15分足の売りシグナル例です。
GMMAsell
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/2/c2586c47.gif

上図のメインチャートには、N字エントリーインジケーターが表示されています。
また、上図のサブチャートには、GMMA GAP インジケーターが表示されています。

①でN字エントリーインジケーターが陰転した後に、②でGMMAShort青が下向きのGMMALongピンクを引っ掛けてから陰転したので売りと見なします。

①と②は前後してもOKとします。


GMMAShort6本のEMAとGMMALong6本のEMAの関係性や形に慣れてくれば、トレンドが判断しやすくなるでしょう。

GMMAはいろいろなインジケーターと相性が良いので、是非取り入れてみてください。




ところで、GMMAトレンドを使って13年間年別無敗のツールEAの事例もご紹介しておきます。

ツールなので、ご購入された方にはロジックは公開されます。

5LogicGraph
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/e/7/e7950203.gif


通貨 USDJPY

時間足 15分足

ロジック 5つのロジック(5つのEAのトータル集計)

バックテスト期間 2005年~2018年2月(フォワード期間約6ヶ月)

ロット 0.1ロット固定(初期設定では0.01固定 レバレッジも可能です。)

ポジション 各ロジック3ポジション(初期設定で最大3ポジションです。)

純益 4,210,030円

プロフィットファクター 1.875

最大ドローダウン 149,830円

取引回数 12989回(トレンドがでない時はエントリーしませんので、月1、2回の時もございます。)

勝ち回数 11898回

負け回数 1091回

勝率 91.601%

勝ち平均額 758円

負け平均額 4411円

2017年9月~2018年2月の約半年間はほぼフォワード期間です。

つまり、パラメーターの最適化を2005年1月~2017年8月のデーターで行い、その後はほぼ半年間パラメーターを変更していないということです。

約半年間のフォワード期間を含めて、5つのロジック全てで13年2ヶ月間ほぼ右肩上がりであったパラメーターがセットされています。

最大3ポジションにしているのは、残高曲線が1ポジションの時と比較して滑らかな傾向があるためです。


年別集計では13年間無敗です。

year
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/b/cbe633bf.gif


四半期別集計では勝率90%です。

quarter
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/f/5/f5b289e9.gif




今回の記事に関連したEA、インジケーターは以下の通りです。


MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター

MT4 Gmma Gap Trading Indicator(サブチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2153

MT4 GMMA MTF EMA インジケーター(メインチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1463


ドル円 15分足 デイトレ・スキャル ツールEA 5ロジックセット
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2490


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            

<検証の結果得られた教訓>(結果については、自己責任でお願いいたします。)

※基本方針として、損切りラインをしっかり意識して、利食いは伸ばせるときはできるだけ伸ばしてください。利食い幅は損切り幅以上、できれば損切り幅の2倍以上が望ましいです。

※損切り幅以上に儲からないと思ったらエントリーはしない方がよいでしょう。

※適宜微調整を行いながら経験値を上げて、自分の手法を確立してください。

・トレンドは長期6本、短期6本のEMAで判断し、さまざまなインジケーターと相性が良いGMMAが良いでしょう。

・GMMALongが上向きで、GMMAShortが一度下がって(陰転)GMMALongを引っ掛けてから再度上昇(陽転)した時に、ローソク足がN字型に反転上昇してくれば、前後しても良いので、買いと見なします。売りはその逆です。

GMMAインジケーターは下記の2種類があります。

MT4 Gmma Gap Trading Indicator(サブチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2153

MT4 GMMA MTF EMA インジケーター(メインチャートに表示)
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1463

・N字エントリーインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、順張りの場合USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2255

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがN字エントリーツールEAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2228


・フィボナッチ・リトレースメントインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips~50pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2060

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがフィボナッチ・リトレースメントオートトレード戦略EAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2279