Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

カテゴリ: ブレイクアウト


こんにちは。
FXの調べ、さとりです。

本日は、逆張りと順張りはどちらが安定しているのか?についてお届けいたします。

下図がRSI BandsEAの8通貨のうち4通貨を使った逆張りと順張りのバックテストの損益表です。

4通貨とは、USDJPY、EURUSD、GBPUSD、GBPJPYです。

この4通貨は、逆張りのv20と順張りのv21に対応済みであり、他の4通貨(EURJPY、 USDCAD、AUDUSD、AUDJPY)は現在のところ4つのロジックを使ったv18までの対応となっております。

v20で逆張りに特化し、v21で順張りに特化して、特徴を活かしパフォーマンスを上げる対応をしているところです。

v20v21PL

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/5/d/5d48fdee.gif

上記の表を見ると一番優秀な成績を残しているのは、GBPUSDの順張りです。


他の通貨も総じて順張りの方が安定しており、4通貨平均の勝率も逆張りが79%に対して、順張りは86%となっています。

ただし、逆張りの方が売買回数が多いため儲けは多くなっています。 

下図が、順張りの過去5年10ヶ月間の残高グラフです。

v20v21report
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/a/b/abcd3abf.gif


では何故、EAでの常時運用の場合は順張りの方が逆張りよりも安定していると推測できるのでしょうか。

インジケーターを使って裁量で運用する場合は、逆張りの方が安定しているのかもしれませんが、EAを使って常時運用することを想定すると順張りの方が安定していることが推測されます。


その理由は、次回に持ち越します。


今回検証に使ったのは、現在8通貨に対応中の逆張りシナリオRSI BandsEAでした 。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554 


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。    

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:ライフスタイルインジケーター FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/           


新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。


旧年中は誠にありがとうございました。


今年の抱負を3つだけ申し上げます。


一つ、EAにおいては、ダウ理論をベースとしてフォワードテストの結果の良いものをアップしてまいります。

二つ、インジケーターにおいては、ダウ理論をベースとした高値安値の切り上げと切り下げのフィルターを可能な限り搭載してまいります。

三つ、通貨分散、時間軸分散、ロジック分散により、EAでも裁量でもリスク分散して売買回数を増やしてハイレバレッジと同じような効果をもたらすフレームワークを作ってまいります。


一つ目のフォワードテストは、リアルタイムフォワードでは時間がかかって現実的ではありませんので、タイムマシン式フォワードテストを行います。

つまり、2017年1月時点に過去4年間のバックテストを行なったものとして、2013年から2016年までの最適化パラメーターで2017年に1年間運用したら、右肩上がりに儲かっていたのか?を調査し、EAにセットまたはプリセットファイルを追加してまいります。

二つ目のダウ理論のフィルターについては、逆張りでは高値からの0.382押し、や0.618押しをしていてRSIが35以下である、などのフィルターのかけ方がございますし、順張りでは、MACDとMACDSignalがプラスの状態で前の高値を越えた、などのフィルターのかけ方が想定されます。

ダウ理論は人間心理の強気、弱気が相場に反映されることをまとめたものであり、相場で勝つにはダウ理論を使うしかないと考えております。
何故なら、相場における強気、弱気の人間心理の根本は、大昔の米相場の時代から、そして恐らく未来永劫どの相場においても同じだからです。

AIを使って学習しながら精度を高めてゆくシステムがなかなか残っていないのは、バックテストを常に行なってデーターを蓄積してパラメーターに反映してゆくという意味では素晴らしいと思いますが、どのような観点からどう作用するパラメーターを作ったかが重要であり、それを人間が決めている以上は、作った人の経験値や考え方に左右されることになるからです。


三つ目のリスク分散して売買回数を増やしてハイレバレッジと同じような効果をもたらすフレームワークという考え方は、加速度的に平均値で儲けてゆくというものです。

100倍とか400倍とか888倍などのハイレバレッジはリターンもリスクも大きいので、安定しないことは想像できるかと思います。

ただし、レバレッジ10倍の比較的低レバレッジでも、いろいろな通貨や時間軸やロジックを用いて追加してゆき売買回数を増やしてゆけば、1回当たりのリスクはある程度小さく抑えつつ、利益を安定的に生んでゆくことに繋がる可能性があります。

下図は、ドル円15分足の始値時に前の高値を越えたら買い、前の安値を割れたら売り、のストップ注文を自動発注するEAの注文中状態とポジション保持状態と、シグナル、メール、アラートを行なうインジケーターを表示したものです。

ブレイクアウト戦略の買いの例ですね。

buy


ストップ注文で対応するので、通信などのタイムラグはほぼございません。




下図はブレイクアウト戦略の買いと売りの例です。

buysell




下図は上記の設定を使って2013年から2017年の5年間運用した場合の残高曲線です。

2017年の1年間はフォワードテストの部分ですが、右肩上がりになっています。

ただし、リアルタイムではなくタイムマシン式フォワードテストです。
graph



report


ブレイクアウトは高値で買って安値で売るので、勝率が悪いのが一般的ですが、このパラメーター設定の場合は2013年から2017年までの5年間の勝率が84%となっています。


過去のことではありますが、0.1ロットの売買で385780円儲かった計算です。

100万円スタートで、5年後に1385780円になったことになります。


<0.1ロットでの売買のデータまとめ>

純益 385780円

PF 1.45

売買回数 973回

最大ドローダウン 38150円

勝率 84.89%

最大連勝 33

最大連敗 3











これを元金100万円スタートで比較的低レバレッジ10倍で運用した場合はこうなります。


下図はレバレッジ10倍で5年間運用した場合の100万円スタートでの残高曲線です。

5年間で元金100万円が1961万円になっています。

graph_leva




report_leva10



過去のことではありますが、0.1ロットの売買で18612117円儲かった計算です。

100万円スタートで、5年後に19倍の19612117円になったことになります。


<レバレッジ10倍での売買のデータまとめ>

純益 18612117円

PF 1.50

売買回数 973回

最大ドローダウン 2601913円

勝率 84.89%

最大連勝 33

最大連敗 3



さて、ここからが本題です。

レバレッジが10倍でも5年間で19倍になる可能性があるデーターは得られました。


ここで、売買回数に着目していただきたいのですが、、元金100万円でも、複数通貨や時間軸、複数ロジックを組み合わせることで売買回数を増やした場合、さらに5倍、10倍、20倍の効果が期待できることになります。

5口座に分けて1口座元金20万円で5通貨で同時運用した場合、単純計算ではありますが、10以上のロジックを組み合わせてシグナルが10倍出ると仮定し、有効証拠金が塞がることを想定し、実際には売買回数が3倍になったとすれば、元金100万円が5年間で40倍の4000万円になる計算です。


レバレッジ10倍までを低レバとし、レバレッジ100倍以上をハイレバとすれば、中レバに相当する10倍~99倍までのデーターも欲しいところですが、これについては別の機会に行ないます。

ブログではお伝えできない部分でもございます。


このようにハイレバレッジをかけなくても安定的にハイレバと同じような効果をもたらす可能性はあるのです。


そのキーワードは、リスク分散と売買回数の増加です。

だからこそ、いろいろなロジックが必要になります。


今年もいろいろなEAやインジケーターをリリースし、改善をかけてゆきます。


今回、検証に使ったのは以下のEAとインジケーターです。

「デイトレ・スウィングでも使えるMT4 ブレイクキャッチ・スキャルピングツールインジケーターと別売りEA」

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2372



EAにもインジケーターにも、上記でご案内したテスト結果を反映した0.1ロットの売買のPresetファイルとMT4レポート、及びレバレッジ10倍に設定したPresetファイルとMT4レポートを同梱しております。





最後に、今年は、セミナーを行なってまいります。

テーマは、「FXでハイレバレッジと同じような効果を安定的にもたらすリスク分散フレームワークの探求」となります。

サブタイトルは、その時々によって変わります。

サブタイトルとしては、「フォワードで成績が良いパラメーター設定の見つけ方」や「裁量でEAと同じように売買する手順とは」、「仮想通貨をシステム化してみた」などです。


2月スタート予定で、複数回開催いたします。


有料にはなりますが、ブログやメルマガでお知らせいたしますので、ご興味がございましたら、エントリーしてみてください。



長くなりました。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ




/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/         
  

今日は!

FXの調べ、さとりです。


今年も今日で終わりですね。


今回は、高値、安値のブレイクアウト・スキャルピングツールのご案内です。

下の図は、EURUSD5分足のチャートです。

EURUSD_M5_BUY
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/e/0e150536.gif

上図において、EAでは直近3つの高値を越えたところにストップ注文を自動発注しますので、通信時間などのタイムラグはないですね。

インジケーターでは、矢印表示、メール、アラートを行ないます。

15pips利食い、45pips損切りで3ポジションまで新規建てする設定になっております。


利食い幅、損切り幅、最大ポジション数に制限はありませんので、自由に変更できます。


ブレイクアウトポイントについては、直近の1つの高値越え、直近の2つの高値越え、直近の3つの高値越え、から選べます。


下の図は、USDJPY15分足のデイトレの例です。
M15Buy
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/5/45720df6.gif


下の図はUSDJPY4時間足でのスウィングの例です。

USDJPY_H4
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/7/173ad0bf.gif

上図において、下げは一気に行くので値幅が大きいですね。

やはり、人間心理を表すダウ理論を使った高値、安値のブレイクアウト戦略では時間軸を問わずチャンスがありますね。


上記のブレイクアウト・スキャルピングツールEAとインジケーターは明日以降にリリースいたします。


下記キャンペーンでのプレゼント対象でもございます。


********************
キャンペーン名:歳末4日間限定1.5倍キャンペーン

期間:2017年12月27日から2017年12月31日23:59分まで

内容:
アートブレインプロダクツのサイトに掲載している商材を合計で9800円以上ご購入頂くと、ご購入いただきました合計金額の1.5倍までのEA、インジケーターをプレゼントいたします。
サブメニューもご確認ください。

例えば、2017年12月31日までに9800円のMacdウォッチャーをご購入いただいた場合は、2018年1月15日から1月31日までに下記の連絡先メールアドレスまで、ご購入IDと登録者名をご連絡いただければ、14700円までの商材、例えば、12800円のRSIクロスシグナルメールアラートインジケーターを3営業日程度でダウンロードできるようにいたします。

2017年12月31日23:59までのご購入金額の合計が30000円なら合計45000円までの商材がプレゼントとなります。

さらに、ご購入金額の合計が50000円以上で、2倍の100000円分までプレゼントいたします。

ご連絡先メールアドレス
infoアットマークabproducts.biz
さとりまで。

**********************

この機会に、キャンペーンをご利用くださいください。

下記は2018年1月1日から1月15日までのリリース予定です。
キャンペーンのプレゼント対象となります。

・ギャンの45度線を意識した角度のトレンドラインを自動で引くインジケーター
および連動するツールEA

・ボリンジャーバンド・リバースシグナルインジケーター
および連動するツールEA


・ADXトレンドDMIクロスシグナルインジケーター
および連動するEA





本年はありがとうございました。

来年も宜しくお願いいたします。


それでは、良いお年をお迎えください。    




テクニカルトレード ブログランキングへ




/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/         
 

↑このページのトップヘ