こんにちは! 

FXの調べ、さとりです。 


今回は、AUDJPY5分足でMACDとフィボナッチの微妙な関係をご紹介します。 

下図は11月24日のAUDJPY5分足のチャートです。


fibomacd

上図において、前の山よりも高い山を作ってから0.618反転したところで押し目買いのシグナルがでましたが、MACDSignalも近い位置で0を割り、下向きの矢印が出ています。

上記のタイミングは、押し目買いのポイントとなっています。



その後、MACDやMACDSignalが0を超えて上向き矢印が表示されました。

前の谷の安値を割らずに上に切り返してきているので、順張りの買いが正解となりました。


さらに、その後トレンドラインが陽転しています。



このようにトレンドが陽転する前に、フィボナッチ・リトレースメントとMACDを見比べて、買いタイミングを取ることも有効です。

今回使用したインジケーターは、以下の2つです。

押し目買いインジケーターMACDMA押し抜けくん

フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。     


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////