Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

カテゴリ: ボリンジャーバンド


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

先週のドル円相場は値幅が今年で一番狭いレンジで推移したとのことですね。

今回も「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」のUSDJPYを使って調べてみました。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

RSIBands_h1
上図のように、1時間足ですと、2.5SigmaBands設定では、売りシグナルが1回出たのみでした。

+11.1pipsでした。

では、他の時間足ではどのようなシグナルが出たのでしょうか?

一番機能していたのは、15分足でした。

RSIBands
上図は買いで+5.7pipsの例です。

RSIBands_2
上図は買いで+3.1pips、売りで15.7pipsの例です。


RSIBands_3
上図は売りで+12.5pipsの例です。

StrategyTester

15分足では1週間に15回シグナルが出て、12勝3敗で勝率80%でした。

1万通貨の売買で、5300円の利益でした。



たかが1週間のデータ、と思われるかもしれませんが、ここが大きなポイントなのですが、特に最適化をしなくても、通貨フリー、時間足フリー版でフィルターなしのデフォルト設定に変更して、このテスト結果でした。

一般にEAのフォワードがバックテストの成績と乖離する傾向にあるのは、強度の最適化であるカーブフィッティングを行った結果だからだと推測できます。

カーブフィッティングの要素が強い場合は、例え10年間のデータでもほとんど意味をなさない可能性があります。

今後、このような観点から調査、改善してまいります。


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」はボリンジャーバンドベースで、値幅とRSIを使ってフィルターを自由にかけられるインジケーターとEAです。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


時間足はフリーですので、15分足でデフォルト設定で使ってみるのも面白いかもしれませんね。


ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。


今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在12位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
  


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


本日は、「逆張りシナリオが上手く行くとき、行かないとき」のUSDJPY 1時間足編です。

使用したインジケーターは、「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands インジケーター 3通貨セット」です。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


USDJPY_H1_SELL

上図はボリンジャーバンドのシグマ3(2~3)を越えたらエントリー準備し、相場が反転して来てRSIがある程度50に近づいて来てシグマ1(0.5~1.5)をブレイクしたらエントリーし、バンドのミドルラインブレイクで決済した事例です。

このケースでは小幅ながら、1時間足なので買いも売りも10pipsは取れています。

次に、逆張りシナリオの失敗ではないのですが、運が良かっただけの例です。

gyaku_usdjpy_h1

上図では、逆張りシナリオ上では買い準備のサインが出ましたが、その後ダウントレンドに入ってしまいました。

このようなケースでは戻り売りまたは順張りの売りを意識すべきでしょう。

たまたま、買いのエントリーサインが底値圏で出たので、小幅ながら儲かった事例です。

このように、逆張りのシナリオを描いたときは、勝率は高いのですが、トレンドに逆らって建てていると大きく持っていかれる可能性があります。


万が一、トレンドと逆に建ててしまった時は、戻りの山が低くなっていることを確認して、戻り高値から10pips~20pipsの下方反転したところでストップロスをかけてしまうのが良いかもしれませんね。


逆張りは勝率が高いので、上手くやれば結果が出しやすいはずです。

このシリーズはしばらく続けてまいります。



5月31日の「ダウ理論応用フィルター」の記事の分から、ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにいたしました。

今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在23位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。



それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
 

↑このページのトップヘ