Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

カテゴリ:RSI > トレンドライン


こんにちは!

FXの調べ、さとりです!

本日は、トレンドフォロー押し目買いインジケーターRSIMA押し抜けくんの初期設定の意味と無料版のご紹介です。 USDJPY



上図のようにドル円1時間足の例では、2本のEMAによるトレンドフィルターありの初期設定でシグナルがうまく機能しています。


初期設定は、EMA50とEMA20でトレンドを判断し、もみ合いから抜けたところを捕らえる意味で、RSIが51以下から55を抜けたら買い、RSIが49以上から45を切ったら売り、としております。


以下、図を見ていただくのが良いと思います。

1_rsi_35_65

↑EURUSD15分足 RSI35で買い、RSI65で売りのトレンドフィルターなしの一般的なRSIの設定例(相場がぶれた場合)




2_rsi_35_65

↑EURUSD15分足 RSI35で買い、RSI65で売りのトレンドフィルターなしの一般的なRSIの設定例(トレンドが出た場合)


3_rsi_oshi_init

↑EURUSD15分足 RSI55で買い、RSI45で売りの押し抜けくんのトレンドフィルターありの初期設定の例(トレンドが出た場合)


図を見て頂ければお分かりのように、トレンドフォロー押し目買いインジケーターRSIMA押し抜けくんは、トレンドが出た時にRSIが上か下に張り付いてしまうという弱点をカバーし、トレンド方向に押し目買い、戻り売りをして頂くためのトレンドフィルターありの初期設定となっています。

この度無料版で、過去足シグナルのみ表示できるバージョンをアップいたしましたので宜しければご利用ください。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=9



5月31日の「ダウ理論応用フィルター」の記事の分から、ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにいたしました。

今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポートの無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在10位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ



今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。



それでは、お元気でお過ごしください!


※下記のページで無料商品も含め、商品一覧がご覧いただけます。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/
 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


天気は落ち着いてきましたが、すっかり寒くなりましたね。


今回は大局観で2015年9月10月の相場を振り返ってみました。

まずはトレンドラインの引き方を確認しておきますね。

上昇しているときは安値と安値を結んだ線を引いてみる。

下落しているときは高値と高値を結んだ線を引いてみる。

今回は、RSIにトレンドラインを引いてみました。

ローソク足の先行指標として機能するケースがありましたので、

チャートの画像をご紹介します。


EURJPYの1時間足です。

201509_10_EURJPY_H1

RSIのサブチャートに①~④の数字がありますが、RSIのトレンドラインが引ける箇所に

+270pipsの利食いとなったシグナルが表示されていることが分かります。

※バックテストでの結果です。

上図の①~④をもう少し細かく見てみますと、以下の4つのチャートのようになります。

201509_10_EURJPY_H1_b1
図①
青いトレンドMA(4時間足5本移動平均)の傾きで上昇トレンドを判断します。
赤いクロスMA(1時間足55本移動平均)とクロスする前に
RSIが51以下から55を越えたときにシグナルを表示します。


201509_10_EURJPY_H1_s1
図②
青いトレンドMA(4時間足5本移動平均)の傾きで下降トレンドを判断します。
赤いクロスMA(1時間足55本移動平均)とクロスする前に
RSIが49以上から45を下回ったときにシグナルを表示します。


201509_10_EURJPY_H1_b2
図③
青いトレンドMA(4時間足5本移動平均)の傾きで上昇トレンドを判断します。
赤いクロスMA(1時間足55本移動平均)とクロスする前に
RSIが51以下から55を越えたときにシグナルを表示します。


201509_10_EURJPY_H1_s2
図④
青いトレンドMA(4時間足5本移動平均)の傾きで下降トレンドを判断します。
赤いクロスMA(1時間足55本移動平均)とクロスする前に
RSIが49以上から45を下回ったときにシグナルを表示します。


上記の図①~④では、ややローソク足に先行してRSIがトレンドを作っていることが見受けられます。


このテストはトレンドを捕らえるために利食い270pipsで行いました。

テストでは、インジケーターは「トレンドフォロー押し目買いインジケータ MT4 RSIMA 押し抜けくん」、

EAは「トレードルール作成支援ツール MT4 RSIMA 押し抜けくん EA」を使っています。

インジケーターもEAもMTF(マルチタイムフレーム)に対応しています。

MTFとは、例えば5分足チャート上に1時間足の移動平均線を表示したり、傾きをトレンドに使ったりする機能です。


MT4のバックテストレポートをダウンロードできます。
MT4report_ダウンロード


解凍パスワードは、下記「テクニカルトレードブログランキング」のページの「FXの調べ」の紹介文の4桁の数字です。



テクニカルトレード ブログランキングへ


尚、この度「トレンドフォロー押し目買いインジケータ MT4 MACDMA 押し抜けくん」並びに

トレードルール作成支援ツール MT4 MACDMA 押し抜けくん EA」を発売しました。


MACD版もMTF「マルチタイムフレーム」に対応しております。


寒くなってまいります。

風など引かぬよう、お気をつけください。


それでは、また!




///////////////////////////////////

メール:infoあとまーくabproducts.biz

Skype:sinsatori

HomePage: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/

ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/

発行者:アートブレインプロダクツ

担当:さとり心

///////////////////////////////////


-----------------------------------------------------

リスクについて 
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。

また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただくこともございますが、 
基本的に質問等については各商材の販売者に直接お問い合わせください。

Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、 
利益や効果を保証したものではございません。  

個人情報の保護について 
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

-----------------------------------------------------
 






↑このページのトップヘ