こんにちは!

Fibo活用!バイナリー&FXの調べ、さとりです。


前回の記事でご案内しました、ディナポリのシングルペネトレーションとダブルレポ対応インジケーターを発売いたしました!

正式名称は「FX初心者にも使いやすい!ディナポリのシングルペネトレーション&ダブルレポ対応インジケーター」です。

http://www.canary2.net/?page_id=259


ディナポリのシングルペネトレーションは、エントリーライン、利食いライン、損切りラインが決まっているからエントリーを行うかどうかを選択するだけでも運用できて、FX初心者の方にも使いやすいということが言えます。

また、トレンドと逆方向に仕掛けた場合でも利食いは比較的早いので、日足では上昇トレンドだけど1時間足では下降トレンドなのでどうしようかと悩む場合でも割り切ってエントリーが可能であるとも言えます。

さらには、ダブルレポのシグナルはダブルトップやダブルボトムに近い形状を検出するので、天井圏や底値圏でエントリーできれば、大きく値幅を取ることも可能です。


USDJPY_H1

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/0/60ccdbed-s.png

上図はUSDJPY1時間足にディナポリインジケーターを表示したチャートです。

ダブルレポシグナルは左側の天井圏でダブルトップをつけている付近の赤い下向きの丸中矢印で、

ここで売りに入れれば利食いのチャンスがあったことが分かります。

損切りを直近高値の赤い下向きの丸中矢印のダブルレポシグナル付近において、利食いを直近高値からエントリーポイントまでと同じ値幅とすれば、8.8pips取れています。

一方ではその間に、シングルペネトレーションの買いでエントリーして利食いをおこなっています。

上記チャートのシングルペネトレーションでは買いで3勝、売りで1勝となっておりますので、ダブルレポと合わせれば、買いで3勝、売りで2勝の5連勝となります。


ピンバーや包み足類似形状によるプライスアクションの選択も可能ですので、この場合はエントリーポイントが絞られることになります。


RSI10を設定すれば、下値切り上げラインと上値切り下げラインを自動で引く機能も搭載しておりますのでダイバージェンスを見つけやすくなります。


その他には、初期設定時やプロパティのパラメーターの入力タブでOKクリック時にメッセージ欄にシングルペネトレーションの勝率表示を行いますので、目安となります。


上記のケースでは、2019年11月19日から2020年1月17日の間に29戦25勝4敗勝率86%、獲得pipsは102.2、PF(プロフィットファクター)4.2となっております。

期待純利益2.0pips以上のエントリーについてSpread0.5で計算しております。


早期勝ち組必須のツールとして今後逐一ご紹介してまいります。


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。


それでは、お元気でお過ごしください!。
テクニカルトレード ブログランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?1711371:4591


/////////////////////////////////// 
発行者:バイナリー&FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくcanary2.net 
Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル ブログ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター・EA: http://www.canary2.net/


///////////////////////////////////       

※  「Fibo活用!バイナリー・FX 無料メルマガ」のご登録         
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UbHSvri