こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


NY株が暴落していますね。

このような状態でのドル円の動きはどうなっているのでしょうか?



下図は今年2回目のNY株の1000ドル安があった日本時間2018年2月8日23:30~2月9日6:00のドル円の動きです。

NEntry
http://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/c/1c7a48f9.gif


上図は15分足ですので、20pips反転で上下の方向性を切り替えます。

逆張りでも、順張りでも、対応可能です。

下げていることは間違いないのですが、ここはセオリー通りで、高値安値を切り下げながらの基本売り戦略が機能していることになります。

ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられると思われます。

フッターの教訓のところに追記しておきます。


では、フィボナッチ・リトレースメントインジケーターではこの下げをどのように捕らえているでしょうか?

Fibo
http://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/2/0/207127b6.gif

上図は15分足ですので、下げた時は直近高値から20pips反転で下方のラインを自動で引き、下げ幅の0.382戻りの上昇で青いラインを上向きに自動で引きます。

戻り売り用、つまり逆張り用ですね。

0.382戻りは、0.236,0.3,0.382~0.764まで9段階の設定が可能です。

下げていることは間違いないのですが、ここもセオリー通りで、高値安値を切り下げながらの戻り売り戦略が機能していることになります。

ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられると思われます。



ところで、長期戦略ではどうなのか?今年のNY株の史上最大の暴落時、つまり1回目の1000ドル安時を含むフォワードテストを行ってみました。

下図はUSDJPY1時間足でフィボナッチ・リトレースメントEAを使って、2013年1月~2015年12月まででパラメーターを最適化し、2016年1月~2018年2月8日までの2年間のフォワード期間を含むバックテストを行った残高曲線です。

Graph
http://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/0/0/007ebd7d.gif

NY株の今年1回目の1000ドル以上の暴落直後は週明けの月曜日でしたが、毎週金曜日の21時に全ポジションを閉じて週末にポジションを持ち越さない設定にしてあるので、ほぼ影響はありませんでした。



Report

http://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/c/a/ca786998.gif

2013年1月~2018年2月の約5年間のテストレポート

売買ロット:0.1(1万通貨)

純益:497430円

プロフィットファクタ(利益/損失):1.93

新規建て回数:287回(勝ち212回 負け75回)勝率73.87%

最大ドローダウン:44420円(残高の最大の減少額)



上記のMT4レポートを見ると、年間約10万円が安定的に儲かっているという結果が出ています。


今回使用したEA、インジケーターは以下の通りです。


MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター


戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEA


フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上


フィボナッチ・リトレースメント オートトレード戦略EA





本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    



それでは、お元気でお過ごしください。    


テクニカルトレード ブログランキングへ





/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////        

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。     
http://abproducts.biz/melmaga/            

<検証の結果得られた教訓>
(結果については自己責任でお願いいたします。)

※基本方針として、損切りラインをしっかり意識して、利食いは伸ばせるときはできるだけ伸ばしてください。利食い幅は損切り幅以上、できれば損切り幅の2倍以上が望ましいです。

・N字エントリーインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、順張りの場合USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2255

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがN字エントリーツールEAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2228


・フィボナッチ・リトレースメントインジケーターを短期的にスポット設定で使う場合は、USDJPY15分足のOCOで買いの場合、利食いは20pips~50pips、損切りは前の谷-1pipsに置くと良い。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2060

・トレンドは、前々の山よりも前の山の方が高く、前々の谷よりも前の谷の方が高い(同値も含む)ときに上昇トレンドと見なす。

※ただし、ぶれによるノイズはあるので前々の前、つまり3つ前くらいまでの高値、安値を考慮するとより精度を上げられる。


・上記のオペレーションを全て自動で行なうのがフィボナッチ・リトレースメントオートトレード戦略EAである。

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=2279