こんにちは。

FXの調べ、さとりです。


今回は、ドル円の日足で0.382押しで仕掛けるタイミングと、RSI の3つのタイムフレームの逆張りシグナルのタイミングを比較してみました。


USDJPY_D1


上図は、ドル円の日足チャートです。


メインチャートには、フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上を0.382戻りで買いシグナルを出すように設定しています。

ただし、トレンドフィルターは使っておりませんので、トレンドが陰転中でも買いシグナルが出ます。

サブチャートには、早めに仕掛けるMT4 RSIMA 3タイムフレーム 逆張りシグナルインジケーターが表示されています。

月足のRSIは期間が長すぎますので、上位のタイムフレームは週足のみ使っております。

サブチャートの緑の週足のRSIが50を越えていて、青い日足のRSIが40を下回ったので、週足トレンドが上向き中に日足のRSIで押し目を作ったと判定し、逆張りの買いシグナルを出しています。

チャートをご覧頂くとわかりますが、陰転中の0.382押しのタイミングの少し前にRSI3TFの逆張りシグナルが出ております。


その後、ジグザグしながら下値を切り上げ、メインチャートで0.382押しのタイミングでフィボナッチの買いシグナルが2回出ました。

最新の安値112.034が前の谷の安値111.994を割らずに上方に切り替えしているのは、やはりダウ理論が生きているということでしょうね。


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごし下さい。 

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////    

※無料メルマガ「FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。 
http://abproducts.biz/melmaga/