今日は! 

FXの調べ、さとりです。 


12月に入りEURUSDが10日間で180pips下げておりますが、この下げの過程で30pipsの戻りで繰り返し売ることで5連勝+180pipsの利益が出たシグナル事例をご紹介します。


下図は、2017年12月1日~8日の間に売りで5連勝であったシグナルのEURUSD15分足のチャートです。

EURUSD_Down_201712

上図のピンクの下向きのラインは30pipの戻りで売り建て、前の谷の下値(赤い下向きラインの安値)で決済したEAのテストポジション保持期間のラインです。

約+60pips+35pips+31pips+32pips+29pips=187pips のように5連勝で187pipの利益となっています。


上図で使用したインジケーターは、MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーターです。

フィボナッチ・リトレースメントと異なるところは、0.382,0.618などの比率ではなく、15pips、30pipsなどのpips指定で戻りや押し目で矢印、メール・アラートを行うことです。


ただし、単に安値から30pips上がったから売りを仕掛けても効率は良くありません。

そこで、今回は戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAに「高値安値フィルター」機能を追加し、MT4のストラテジーテスターで前の谷の安値よりもさらに安い谷の安値を付けたあとの30pip戻りでのみ戻り売りを行ってみました。

その結果上記のようになった訳です。

「高値安値フィルター」機能の良い点は、上記の場合、トレンドが陰転しなくても、早めに売り仕掛けを開始できる点です。

因みに、今回はトレンドを使っておりません。

トレンド転換前に早く入ることで、よりチャンスが広がるという訳です。

下図は戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAの設定画面で、赤い囲みが今回のバージョンアップで追加する「高値安値フィルター」機能の部分です。

高値安値の更新でトレンドを形成するダウ理論を利用するためのトレンド検知機能としてお使いいただけます。

easetting


戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEAの無料のバージョンアップは近日中に行われます。

また、誠に勝手ながら、何点か機能追加したこともあり、状況により予告なく価格を値上げさせていただく場合がございます。



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。      


寒くなりましたので風邪など引かぬよう、お気をつけください。


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////