今日は!

FXの調べ、さとりです。

台風の進路が急激に変化したので、週末にかけて注意が必要ですね。


前回の記事のUSDJPY 30分足の第5波のエクステンション(変形または延長)の中で、15分足のエリオット波動が形成されつつある状態をお伝えしました。

その後ですが、結論からいいますと、USDJPY 15分足の第5波をエクステンションとして捉えますと、エリオット波動が第5波まで確認できました。

USDJPY_M15_Elliot

前回の記事の続きで、USDJPY 15分足の第5波(⑤)を太線として捉えますと、

第5波 110.289 -109.663 = 0.626
第3波 109.886 -109.287 = 0.599

のように「第5波>第3波」となり、エリオット波動の条件を満たすことになります。

因みに下落相場でも3波動ではなく5波動のカウントをしているのは、エリオット波動は現物株式をベースに作られているのに対し、為替取引は通貨の交換なのでUSDJPYの買いは円からドルへの交換、売りはドルから円への交換となり、どちらも買いの立場で相場を見るべきとの解釈によるものです。


ところで、先週の金曜日から今週の水曜日の4日間で押しが浅く上方転換した上げ加速ポイントは、下図のようになりました。


USDJPY_M5_NEntry



上図は、USDJPY 5分足のN字エントリーラインですが、エリオット波動の原則「第4波の安値は第1波の高値を割らない」ことを応用して、「上方転換した時の安値が前々の山の高値を割らない」時に前々の山の高値に水平線を引いたものです。

因みに「MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター」では、上記のタイミングで自動的に水平線を引いて、ライントレードに絡めて「Role Change」のメール・アラートを行います。


4日間で11本の水平線が引かれましたが、各水平線の右端の上でローソク足にぶつかるポイントがエントリーポイントとなります。


USDJPY_M5_NEntry_Zoom


上図は④⑤⑥の水平線の拡大図です。


順張りの上げ加速、ブレイクアウト、という意味では、前々の高値を割らずにN字を形成するポイントが重要になってくるようですね。




今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!




テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////