今日は!

FXの調べ、さとりです。

暑い日が続きますね。


本日は、ドローダウンが小さいトレード時間帯のお話です。


GMMALongでトレンド判定し、RSIで逆張りを仕掛ける自動売買ツールEAを使って、過去4年半で最もドローダウンが小さい時間帯を1時間単位で調べてみました。

その結果が下図です。
timer

上図ではMT4のテスターで純益が大きい順に並べました。

一番上の行は20時代のトレード結果ですが、最も純益が高く、最もドローダウンが小さいという結果でした。

儲かっている時間帯は2つあり、20時から23時と3時から7時です。

ただし、スキャルピングEAなどで深夜3時から早朝7時の場合は、一般にスプレッドが広いので活用するには注意が必要です。

当EAは、スキャルピングEAではございませんので、それほど気にする必要はないかと思います。

今回制作した「GMMAトレンド +逆張りRSI 自動売買ツールEA USDJPY M5」では20時から23時の時間帯のみしかトレードしない設定になっております。

※その後発売時には、ドローダウンの小さい15時代,8時代,7時代,22時代,20時代,6時代の6つの時間帯でトレードするように初期設定を行いました。

もちろんトレード時間帯は自由に変更できます。

また、時間足フリー、GMMAトレンドはマルチタイムフレームで設定変更可能で、RSIの設定はマルチタイムフレームで5つまで可能でして、マジックンナンバーの異なる5つのEAが入っております。



下図が買いの例です。

buy

買いポジションは最大5つまでです。
下図が売りの例です。

sell

売りポジションも最大5つまでです。




下図が2013年からの4年半のMT4レポートで内包される5つのEAを0.01ロット1000通貨ずつで動かした場合のデーターです。 
最上図の時間帯別のデータは、5つの設定全てを使ったものです。
StrategyTester_M1_20170809


GMMA_RSI_Report_M1



USDJPY5分足の2013年1月からの4年半の20時から23時のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数1070回
純益72296円
最大ドローダウン 29320円
勝率79.25%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.38
平均利益 312円
平均損失 867円


※TP、SL、利益確保機能、GMMAトレンドフィルターなどのパラメーターは調整可能です。

※通貨はUSDJPY限定、時間足はフリーです。 

*当自動売買ツールEAは、近日中に発売予定です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////