Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

2017年11月


今日は!

FXの調べ、さとりです。


さて、今回は取引所FX「くりっく365」に新規上場したばかりのメキシコペソ円について、テクニカル分析を行ってみました。

  weeklychart
上図はメキシコペソ円の4年間の週足チャートです。

3年前に8.725の高値を付けてから、2年間下がり続け、約1年前に4.963の安値を付けました。

今年7月に、下げ幅3.762のフィボナッチの0.382戻り高値6.432を付けてそこから4カ月後の2017年11月15日現在5.921の水準まで下げています。



フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上」で分析してみました。



sell1
上図は2年間の下げ相場の前半です。

戻り高値が前の山を越えずに、谷も下がっていることが分かります。

戻り高値から下げた後に0.382戻りで売りを仕掛けて直前の谷の安値で決済した場合、10万通貨単位の売買で、+19300円、+19800円、+43300円と3連勝しておりました。

因みに、証拠金は4年前の1枚の約定金額約800000円の25分の1、32000円でスタートしたものといたします。


sell2
上図は2年間の下げ相場の後半です。

戻り高値が前の山を越えずに、谷も下がっていることが分かります。

戻り高値から下げた後に0.382戻りで売りを仕掛けて直前の谷の安値で決済した場合、10万通貨単位の売買で、+47500円、+35900円、+35100円と3連勝しておりましたので、下げ相場の前半から6連勝しました。

下げ相場から上げ相場に転換する際に-37500円と損が出ていますが、ここまでの累計では十分に勝っています。


最後は下図のように上げ相場に転じたので、買いで+32800円の利益が出ておりました。


buy1

直近1年間は押し安値が前の谷を割らずに、山も上がって上昇相場に転じていることが分かります。

押し安値から上げた後に0.382押しで買いを仕掛けて直前の山の高値で決済した場合、10万通貨単位の売買で、+32800円の利益が出ておりましたので、全体としては7勝1敗で+196200円でした。


weeklypl
10万通貨単位 (証拠金32000円でスタート)


上図はメキシコペソ円の過去4年間の週足のフィボナッチ・リトレースメント0.382の戻り、押し目ポイントでの売買結果で、現在は買い持ちとなっています。


メキシコの政策金利は7%前後であるため、スワップ狙いでも十分妙味がありますが、フィボナッチ・リトレースメントによる週足のテクニカル分析では、イニシャルの証拠金32000円で利益が196200円であったためトータルでは228200円となり、7倍以上に増えたというデータが得られました。


やはり、メキシコペソ円MXNJPYでもダウ理論は生きていました。

ダウ理論とは、100年以上も前にまとめられたトレンド形成の仕組みのことで、相場は高値安値を更新しながらトレンドを作るので、例えば買いの場合は上昇幅の半値押しで買って前の谷を割らずに上昇に転じてレートが前の山を越えれば、トレンドに乗っていると見なすことができます。

メキシコペソ円の過去4年間の動きでは、下降トレンドがメインでしたが、かなり売りこまれた上に、メキシコ経済も回復基調にありますので、これからは上昇トレンドを意識する局面もくるかもしません。


今回の検証で使ったインジケーターです。

フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上


尚、当記事を作成するに当たり、2017年11月17日に東京金融取引所で行われたセミナーに出席し、関係各社様からメキシコ経済の現状と見通しなどの資料やデーターを頂きましたので、ご紹介いたします。 

◯セミナー「メキシコ/円の基礎知識と相場見通し」

・講師 ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社
金融市場調査部 為替アナリスト
石川 久美子 氏

・2017年の年頭を100として、円と比較すると、メキシコペソは105であり、やや強含んでいる。

・メキシコの人口は約1.27億人でほぼ日本と同じだが、面積は196万平方kmと日本の5倍以上の国土を持つ。

・名目GDPは1兆460億ドルで、日本の4兆9394億ドルと比較すると約5分の1強である。

・実質GDP成長率は+2.3%で、日本の+1%よりも高い。

・メキシコの輸入は47%、輸出は81%が、米国であり、米国経済に左右されやすい。

・メキシコの輸出品目は、自動車・自動車部品、電気・電子機器、その他の工業製品・部品の順であり、原油の輸出国でもある。

・メキシコの政策金利は7%で、格付けはムーディーズでA3(日本A1)、S&PでA(日本A+u)、フィッチでBBB+(日本A)であり、南アフリカ、トルコなどに比べると上位である。

・メキシコのGDP成長率は安定的に2〜4%の成長を続けている。

・メキシコの消費者マインドは急回復して財政収支も急速に改善中である。




〇取引所FX「くりっく365」の特徴
 
・証拠金保全

・約定拒否およびスリッページなし

・店頭FXよりスワップポイントが大きい

・MM方式で有力なマーケットメイカーが価格提供を行っていて安心
くりっく365


今回のメキシコペソ円の週足データはくりっく365取り次ぎ業者のフジトミ様から頂いてMT4に取り込んだものです。


株式会社フジトミ くりっく365 通常口座開設


fx-onでお馴染みのゴゴジャン様がセミナーの運営や懇談会の進行などで協賛していただいております。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。     


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////    
 



こんにちは! 

FXの調べ、さとりです。 


今回は、AUDJPY5分足でMACDとフィボナッチの微妙な関係をご紹介します。 

下図は11月24日のAUDJPY5分足のチャートです。


fibomacd

上図において、前の山よりも高い山を作ってから0.618反転したところで押し目買いのシグナルがでましたが、MACDSignalも近い位置で0を割り、下向きの矢印が出ています。

上記のタイミングは、押し目買いのポイントとなっています。



その後、MACDやMACDSignalが0を超えて上向き矢印が表示されました。

前の谷の安値を割らずに上に切り返してきているので、順張りの買いが正解となりました。


さらに、その後トレンドラインが陽転しています。



このようにトレンドが陽転する前に、フィボナッチ・リトレースメントとMACDを見比べて、買いタイミングを取ることも有効です。

今回使用したインジケーターは、以下の2つです。

押し目買いインジケーターMACDMA押し抜けくん

フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上



本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。     


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////    
 


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今回は、フィボナッチ・リトレースメントの活用事例をご紹介します。


検証に使ったインジケーターは、ダウ理論とフィボナッチ数列を活用した波動理論に基づく「フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上」です。

「相場は高値安値の切り上げ切り下げしながらトレンドを形成する」というダウ理論やエリオット波動は人間心理の基本を再現するものです。

例えば上昇トレンドを形成する時は、上がったら上昇幅の半値押し(フィボナッチ数列の0.5)で買った場合、前の谷の安値を割らずに前の山の高値を超えれば、上昇トレンドが形成され、トレンドに乗れたと見なすことができます。

ダウ理論にフィボナッチ数列を活用することで、一般に相場が強ければ押しは浅いので0.236か0.382の押し目で買い、一般に相場が弱ければ押しは深いので0.5か0.618か0.764の押し目で買う、などの臨機応変な対応が可能となります。

下図は、USDJPY5分足における上昇波動の例です。

フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上の押し目買い用を使っております。

USDJPY_M5_BUY

上図は約12時間の間に10連勝したシグナル例です。

上図の獲得pipsは合計48.2pipsです。

デイトレ・スキャルピングの例としてご活用ください。

上図でのトレードルール例は以下の通りです。

トレンドが上向き中は、0.382押しの赤い下向き矢印のシグナルで買い建てる
利食いはTP=直前の山の高値
損切はSL=直前の谷の安値

下図は上記トレードの部分拡大図です。
USDJPY_M5_BUY_L

0.382押しすると、赤い下向きの矢印や転換(=反転)価格も表示されます。

下図は、EURUSD1時間足における下降波動の例です。

フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上の戻り売り用を使っております。

EURUSD_H1_SELL

上図は約3日間の間に2連勝したシグナル例です。

上図での獲得pipsは合計124.7pipsです。

スウィングの例としてご活用ください。

上図でのトレードルール例は以下の通りです。

トレンドが下向き中は、0.618押しの青い上向き矢印のシグナルで売り建てる
利食いはTP=直前の谷の安値
損切はSL=直前の山の高値

このように「押し上」は1分足から週足まで、デイトレ・スキャルピングからスウィングまで対応可能です。

また、下図のように、チャートの右端に転換(=反転)予定価格がリアルタイム更新表示されますので、反転ポイントに指値を入れておくことが可能です。

yoteitenkankakaku


 
上記の検証に使ったインジケーターは、ダウ理論とフィボナッチ数列を活用した波動理論に基づく「フィボナッチ・リトレースメントインジケーター押し上」です。

ただ今、バージョンアップのため調整中です。

尚、今後はブログのタイトルを、「フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ」に改めます。

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。    


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:フィボナッチ・リトレースメント FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////    


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。
unspecified-5-546x410
千葉県柏市手賀沼の絶景



今日は、FXに直接は関係ございませんが、ブロガー向けセミナーに行ってまいりましたので、簡単に報告させていただきます。


私も検証の報告がメインとは言え、ブログで情報を発信していることには違いありませんので、どう書いたら言いたいことが伝わるか?という問題意識をもっていたところに、Web検索をしていたら「Webメディア評論家」という肩書の方がいらっしゃることを知り、この方のブログやセミナーに興味を持ちました。


その方のお名前は、「落合正和」さんという方です。

千葉県柏市を活動拠点とされ、手賀沼という池をこよなく愛する方です。

食べることが大好きな方なので、美味しいお店などに興味がある方は特に喜んで頂けると思います。


落合さんがブログで紹介しているセブンイレブンの金のカレーは一度チャレンジしてみたいと思います。


上の写真はその方のブログから拝借した手賀沼の絶景です。


この方の凄いところは、新しい分野を切り開いたところです。

Facebookがまだ日本で良く知られていなかったころに、使い方や効果などをご自分で勉強して「Webメディア評論家」という立ち位置を確立されたそうです。


今ではソーシャルメディア運用のアドバイザーとして、新聞、テレビ、雑誌等に良く取り上げられるまでになったそうです。


私も時々fx-onのセミナーにも時々参加させていただいており、懇談会の中でいろいろな方とお話する機会もありますが、ブログで情報を発信しておられる方も多いです。


FXや株式、資産運用という幅広いテーマは、お金を増やすという目的においては同じであり、そのために様々な情報が発信され、読者の方は自分に合った方法があるか?という観点でご覧になっておられるはずです。


ブログやメルマガの発信者の方の情報から、読者の方が現実的に使える方法やツールに出会い、結果を残していただく、という流れができれば素晴らしいと思います。


特に発信者側の方にとっては、「Webメディア評論家」の落合正和さんのブログや考え方、表現の仕方はとても参考になると思います。


ブログURLは下記ですので、時々覗いてみると、気づきがあるかもしれません。

http://m-ochiai.net/


手賀沼の絶景スポット8選
https://m-ochiai.net/teganuma-16/ 

セミナーの中で、笑いをこらえる人を演じて見ましょう!と言ってリラックスさせてくださった右近さんのお陰で会場の雰囲気が和みました。


勉強や知識の習得に来ている方が多い中では、大事なポイントだと思いました。


ところで、ユーロドルはここ1週間で250pipsも上がりましたね。
eurusd_h1


シグナルで言えば、1.16033の50pips反転の陽転時の矢印や、1.16895の山の高値のブレイクアウトも買いポイントになっていましたね。


上記チャートで使用しているインジケーターは、N字エントリーインジケータ-です。









本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。   


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 


///////////////////////////////////    


こんにちは!

FXの調べ、さとりです。


今日は、USDJPY15分足を使って、ここ2週間の往ってこいの相場での理想的な売買ポイントを探ってみました。

往ってこいの相場は、上昇はしたものの、元の水準まで戻ってしまったという意味ですね。



上図は2017年11月前半の約2週間のドル円の動きです。

112.946の底値から高値、安値を切り上げながら約1週間で178pips上昇し、114.731の頂点をつけて、高値、安値を切り下げながら約1週間で164pips下落しました。

このような動きの中で、みなさんはどのような売買を行いますか?

N字エントリーオートトレードEAが計算した、上記相場における逆張り戦略の理想に近いトレードでは以下のようになりました。

USDJPY15分足を使用、利食い15pips、損切り30pipsで10勝1敗で、+120pips(10000通貨単位の売買で純益+12000円)でした。

上図は、MT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 11回
純益 12000円
最大ドローダウン 3430円
勝敗 10勝1敗
勝率 91.61%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=5.0
平均利益 1500円
平均損失 3000円

 下図が買いシグナルの詳細です。

このインジケーターの設定ではトレンドラインが陽転すると緑の上向き矢印と上向きラインが引かれますが、EAではトレンドラインが陽転中は、短期のトレードラインが陰転する度に逆張りで買いを行います。

買いで6連勝の例です。

 

 

 下図が売りシグナルの詳細です。

このインジケーターの設定ではトレンドラインが陰転するとオレンジの下向き矢印と上向きラインが引かれますが、EAではトレンドラインが陰転中は、短期のトレードラインが陽転する度に逆張りで売りを行います。

売りで4連勝の例です。

長期トレンドラインが陽転中に短期トレードラインが陰転したら買い、長期トレンドラインが陰転中に短期トレードラインが陽転したら売り、というトレンド方向への逆張り戦略の検証では上記のような結果となりました。

ダウ理論を利用した逆張り戦略が機能したケースです。

では、年単位の長期期間ではどのような結果となるでしょうか?

下図は2005年1月からの約13年間のバックテストにおける残高推移です。

USDJPY15分足、15pips利食い、60pips損切りで行っております。


上図は約13年間のMT4レポートです。

売買ロット 0.1
売買回数 2283回
純益 434710円
最大ドローダウン 44400円
勝敗 1739勝544敗
勝率 76.17%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.20
平均利益 1494円
平均損失 3976円

長期運用でも基本的に右肩上がりになっております。

商材には、上記の短期の設定EAと長期の設定EAの2つのEAの他、通貨フリー+時間足フリー版計3つのEAを同梱しております。


今回検証で使用した商材は下記の通りです。

EA
戦略を立てて売買を実行するN字エントリーオートトレードEA

インジケーター
MT4 リペイントしない矢印とメールアラート N字エントリーインジケーター



裁量メインの方でも、EAで戦略を立てると理想的な売買の目安が分かってまいりますので、どちらも有用です。


本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。   


それではお元気でお過ごしください。


テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログ:N字エントリーアクション FXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
///////////////////////////////////    

↑このページのトップヘ