Fibo活用!バイナリー&FX デイトレ・スキャル

欧米の機関投資家が注目する相場の反転ポイントパターンのハーモニックやフィボナッチリトレースメント・エクスパンションなどを使ってバイナリー・FXの勝率を高める検証を行います!

2017年07月

今日は。

FXの調べ、さとりです。

7月最終日ですね。

さて、本日はかぎ足でピラミッディングの検証を行ってみましたのでご報告いたします。

ツールとなるEAは「MT4 かぎ足ピラミッディング自動売買ツールEA」を使いました。


kagi_USDJPY_h1_buy
上図がかぎ足の一般的な使い方です。買いの例です。


kagi_USDJPY_h1_sell
上図がかぎ足の一般的な使い方の売りの例です。






USDJPYuptrend
上図のように前の山(肩)を超えて買い、前の谷(腰)を割れて売り、という使い方が一般的です。

当EAでは、トレンド判定とポジション数制御で買いのみ、売りのみの設定が可能であり、初期設定では前のポジションの建値より30pips以上高い値での買いのみ有効となります。

前のポジションの含み益が1ポジションに付き30pips以上ある状態で新規建てを行います。

もちろん、設定変更は可能です。


kagi_USDJPY_h1_buy_Pyramid

上図はかぎ足で買いのピラミッディングを行った例です。

最大6ポジションで5勝1敗、1週間で+567pipsのケースです。


kagi_USDJPY_h1_sell_Pyramid


上図はかぎ足で売りのピラミッディングを行った例です。

最大6ポジションで4勝2敗、1週間で+1167pipsのケースです。


かぎ足は本来、高値安値切り上げの上昇トレンド検知、高値安値切り下げの下降トレンド検知の機能が内包されており、これはダウ理論と同じような考え方が含まれております。

かぎ足はデフォルトでトレンドに乗ろうとする仕組みですが、ブレイクアウト的に仕掛けるため、勝率は高くはありません。


勝率は高くはありませんが、値幅で利益を取ってゆくので、平均利益が平均損失よりも大きいのが通常です。

小さく損して大きく儲ける方式ですね。

通常のかぎ足1ポジションのみでの売買データは、4年間のバックテストでは、以下のような結果でした。

下図が残高曲線です。

StrategyTester

USDJPY1時間足の2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数220回
純益13833円
勝率52.27%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.46

利食い40pips
損切り30pips
ポジション保持時間最大48時間
トレンドフィルター使用

平均勝ち幅が38.3pipsで平均負け幅が28.3pipsですから、平均すると2回の売買で10pipsを残すイメージです。

また、ピラミッディングを行った場合は以下のようになりました。

下図は最大6ポジションまでのピラミッディングを行った残高曲線です。
StrategyTester_Kagi_Pyramid_no_Trend

※ポジション積み増しの際は、デフォルトでは前の約定値よりも買いの場合+30pips(変更可能)以上なら追撃買いを行います。

売買ロット0.01
売買回数1582回
純益82095円
勝率31.73%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.29

利食い設定なし
損切り30pips
ポジション保持時間設定なし
トレンドフィルター不使用

同じ期間では、ピラミッディングを行った場合の方が、5倍以上になっていますね。

平均勝ち幅が73.1pipsで平均負け幅が26.4pipsで勝率が3割ですから、平均すると3回の売買で+20pipsを残すイメージです。

ピラミッディングをした場合は勝率は下がりますが、各ポジションの損切30pipは変わりませんし、積み増しされている時は基本的にトレンドが出ている時になりますので、トータル評価益を増やしながら新規建てを行っている感覚です。

ただし、反対の新規売買の条件を満たしたら、その時点で売り買いど転となります。

上記のように、ピラミッディングという手法も取り入れてみる価値はありそうですね。



ところで、当方でフォワードテストを行っているMACDPlusEAですが、この度バージョンアップいたしまして、今までの順張りに加え、逆張りのEAと併用することになりました。

下図が順張りと逆張りの併用した残高曲線です。
StrategyTester_both

USDJPY1時間足の2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数661回
純益47539円
勝率75.64%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=2.01

最大利食い200pips
最大損切り50pips
ポジション保持時間最大24時間
トレンドフィルター使用

下記のページでは、順張りのみのデータ、逆張りのみのデータも見られます。
http://mt4ea.xn--fx-ub3cv5cl7g3owpigi32c4qeh71e.jp/?p=250

MT4 MACDPlus EAも引き続き改善を行ってまいります。

最後に、この場をお借りしまして、キャンペーン最終日のご案内をさせていただきます。

【特別プレゼントキャンペーンについて】-----------------------------------------------
期間:2017年7月28日から7月31日の4日間

内容:この期間に当方のサイトアートブレインプロダクツ
のサイトから商材をご購入または、
MACDPlusEA
をご購入いただくと、
合計のご購入金額の範囲内で商材をプレゼントいたします。
例えば、本日の記事でご紹介させていただきました「MT4 かぎ足ピラミッディング自動売買ツールEA」と「MACDPlusEA」の価格は共に16800円ですが、
もしどちらかのEAをご購入された場合、片方は無料となります。

8月1日以降に「ご購入された注文IDとプレゼントでの受け取り希望の商材名、商材ID、価格」
をメールで頂ければ、ダウンロードしていただけるようにいたします。

プレゼントの合計金額が、上記期間のご購入金額を超えない範囲であれば、複数の商材でもプレゼント可能です。
最大50%オフキャンペーンとなります。

メールの宛先は、infoあとまーくabproducts.biz (さとり あとまーくを変えてください)までお願いいたします。

以上、特別プレゼントキャンペーンのお知らせでした。
------------------------------------------------------------------------------


このように、新たなインジケーターやEAを使って検証することで、さまざまなデーターが蓄積されてまいりますが、今後の各商材のバージョンアップや、新商品の開発時にも取り入れてまいります。

いろいろな角度から一定のデータが蓄積されるまでは、新商品の開発を進めてまいります。



ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。


ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在15位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
 

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

日頃より、ご利用ありがとうございます。


本日の本題に入る前に、この場を借りまして、今日から4日間の特別プレゼントキャンペーンのご案内をさせていただきます。


【特別プレゼントキャンペーンについて】-----------------------------------------------
期間:2017年7月28日から7月31日の4日間

内容:この期間に当方のサイトアートブレインプロダクツから商材をご購入いただければ、合計のご購入金額の範囲内で商材をプレゼントいたします。
例えば、本日の記事でご紹介させていただきます「MT4 ハーモニック主要4パターン自動売買ツールEA」の価格は7月31日まで19800円ですが、もし当EAをご購入された場合、8月1日以降に「ご購入された注文IDとプレゼントでの受け取り希望の商材名、商材ID、価格」をメールで頂ければ、ダウンロードしていただけるようにいたします。

プレゼントの合計金額が、上記期間のご購入金額を超えない範囲であれば、複数の商材でもプレゼント可能です。最大50%オフキャンペーンとなります。

メールの宛先は、infoあとまーくabproducts.biz (さとり あとまーくを変えてください)までお願いいたします。

以上、特別プレゼントキャンペーンのお知らせでした。
------------------------------------------------------------------------------




本日は、欧米の機関投資家が注目するハーモニックの自動売買例をご紹介いたします。

検証に使ったEAは、「MT4 ハーモニック主要4パターン自動売買ツールEA」です。

このEAは、初期設定をEURUSDの1時間足に合わせてありますが、5分足、15分足、30分足などでも自動売買ツールとして使ってみても良いのではないかと思います。

先ずは、EURUSD15分足の例です。
EURUSD_Bat_Butterfly

上図のように、小さなBatパターンの買いで利食いになり、その後大き目なバタフライパターンの売りで利食いになったケースです。


次にUSDJPYの5分足の例です。
USDJPY_Butterfly


上図のように、バタフライパターンの売りでは時間はかかりましたが利食い圏内に入り、その後の切り返しでガートレイパターンの買いで値幅が出た事例です。



下図はUSDJPYの1時間足の例です。

USDJPY_Butterfly_Gartley


上図のように、バタフライパターンの買い、ガートレイパターンの売り、バタフライパターンの買いと3つの形状が連続しましたが、全てで利食いになったパターンです。

MT4 ハーモニック主要4パターン自動売買ツールEA」のデフォルト設定のEURUSDの1時間足ですと過去4年半の残高曲線は以下のようになります。
StrategyTester_EURUSD_4Y


売買ロット0.01
売買回数115回
純益11465円
勝率74.78%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.57

利食い45pips
損切り100pips
+35pips以上で10pipsの利益確保のストップ変更あり。
トレンドフィルター不使用
RSIフィルター不使用


EURUSD1時間足での勝率は約75%と高いですし、短期足でも結構利食いチャンスがあるかと思いますので、通貨フリー、時間足フリーにつき、他の通貨や短期足などでも試してみる価値はありそうですね。

SL,TPとストップ引き上げ引き下げ機能のみのカーブフィッティングはほぼしていないデーターでこれだけの勝率ですから、短期足ではトレンドフィルターやRSIフィルターなども組み合わせてみても面白いかもしれません。


お問合せいただければ、設定変更のやり方などもご案内させていただきます。


いずれにしましても、ハーモニックについては、動きのあるポイントでシグナルが出やすいですね。




このように、新たなインジケーターやEAを使って検証することで、さまざまなデーターが蓄積されてまいりますが、今後の各商材のバージョンアップや、新商品の開発時にも取り入れてまいります。

いろいろな角度から一定のデータが蓄積されるまでは、新商品の開発を進めてまいります。



ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在16位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

今日は!

FXの調べ、さとりです。


本日は、分かりやすいロジックということで、前日高値で買って安値で売るケースについて検証してみました。

検証に使ったのは、「MT4 前日高値で買い、安値で売る自動売買ツールEA USDJPY」です。
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1799


何故、単純で分かりやすいロジックを検証したかといいいますと、再現性が高いのではないか?と思ったからです。

前日の高値を超えて買い、前日の安値を下回って売り、というロジックなのでほとんど計算はいらないのですが、現実はそう簡単ではありませんでした。

結論を申し上げますと、フィルターを使わないと、儲かりません。

フィルターを使わないと、特に大きな損もでませんが、儲かりもしません。

フィルターについては、1つはMACDの傾きフィルターです。

もう一つは、値幅フィルターです。

ブレイクアウトの場合は、値幅がある程度縮まって、出来高が減ってボラティリティが小さくなってから一方へ抜けてゆくところを捉えますので、値幅が縮まっているところを検知するフィルターが必要でした。

その結果、下図のような売買イメージとなりました。
USDJPY_H1_BUY


残高曲線は以下のように2年半ほぼ右肩上がりでした。

graph


売買ロット0.1
売買回数212回
純益125,540円
勝率61.79%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.34


TP50pips
SL60pips

30pipsの評価益で25pips反転のトレール決済に入ります。

スポット的な自動売買ツールとしても、常時稼働のEAとしてもご検討いただけます。

「MT4 前日高値で買い、安値で売る自動売買ツールEA USDJPY」
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1799



このように、新たなインジケーターやEAを使って検証することで、さまざまなデーターが蓄積されてまいりますが、今後の各商材のバージョンアップや、新商品の開発時にも取り入れてまいります。




ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在16位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 

こんにちは!

FXの調べ、さとりです。

本日は、ペナント・フラッグの検出で押し目買い、戻り売りが可能かどうか検証をしてみました。

インジケーターは、MT4 ペナント・フラッグ検出インジケーターを使いました。


ペナント・フラッグは、一般に上昇トレンドや下降トレンドの途中で出現するチャート形状で、

押し目買いや戻り売りのタイミングとしても使えるのではないか、と思います。


EURUSD_H1_BUY_SL_TP

上記のチャートはEURUSD1時間足のペナント・フラッグ検出の例です。

シグナルは上図のEの終値を見て次の足の始値で出ます。

損切参考レベルはDの水準、第一利食い目標はDE分の値幅pips、第二利食い目標はXE分の値幅pipsの3分の2を参考にしてはいかがでしょうか?


USDJPY__H1_SELL

上図はUSDJPY1時間足の売りの例です。

「ABの値幅pips>CDの値幅pips」のように設定すれば三角持ち合いをメインに検出することも可能です。


GBPJPY_M15_SELL

上図はGBPJPY15分足の売りの例です。

初期設定時に、メーッセージに検出件数が表示されます。

過去12年半でGBPJPY15分足とUSDJPY15分足のペナント・フラッグの検出件数は以下の通りです。

USDJPY
Bull 135件
Bear 117件

GBPJPY
Bull 208件
Bear 123件

GBPJPYのBull(買い)の件数の方が70件ほど多いですね。


USDJPY__H1_BUY
上図はUSDJPY1時間足の買いの例です。

検出する形状につきましては、下記の※のように細かい縦の形状pips及び横幅となる足の本数指定が可能です。

※ XA間の値幅pipsの最大最小と最低足本数が指定可能、AB,BC,CD,DEも同様に指定可能

※ XB間とXD間の値幅pips、AE間とCE間の値幅pipsも指定可能

「Eを下げてもう少し下で買いたい」とか、「AからEの横幅であるペナント・フラッグの期間をもう少し長く取りたい」という場合でも設定画面で調整は可能です。


上記のチャートを見る限り、仕掛けのタイミングについては、ライントレードに似たところがあると推察いたします。

Eのシグナルで、過去の高値が今後の安値になり、過去の安値が今後の高値になる、所謂ロールチェンジを行うイメージです。



MT4 ペナント・フラッグ検出インジケーターは7月末までは特別キャンペーンとなっております。


このように、新たなインジケーターやEAを使って検証することで、さまざまなデーターが蓄積されてまいりますが、今後の各商材のバージョンアップや、新商品の開発時にも取り入れてまいります。




ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在15位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
     

今日は。

FXの調べ、さとりです。

局地的な大雨には十分お気をつけください。




さて、6月の記事でご紹介させていただきましたが、「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands EA&インジケーター 3通貨セット」のEAを購入された方へのプレゼントの4通貨を含めた7通貨の7月のフォワードの経過をお伝えいたします。


6月27日の記事「値幅が狭い時は15分足が最適か?」

6月30日の記事「EURUSD5分足逆張りシナリオとSL参考シグナル」

「MT4 逆張りシナリオ RSI Bands EA&インジケーター 3通貨セット」
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554


USDJPY1時間足の売りシグナルの例
USDJPYH1SELL


※フォーワードにつきましては、6月末にバックテストを行って、その基準で7月に運用した場合のバックテストですが、このシステムは1時間足の始値で建てるため、実際のフォワードと誤差はほとんどないはずです。Spreadは1pipsで行っております。

7月のフォワードについては以下の通りです。
トレンドフィルターは使わず、1時間足のみのデフォルト設定でのデータです。

USDJPY +72.5pips(5勝2敗)

AUDJPY +53.7pips(4勝0敗)

GBPJPY +38.6pips(2勝2敗)

GBPUSD +14.4pips(2勝2敗)

AUDUSD +5.6pips(2勝1敗)

EURJPY +3.8pips(4勝1敗)

EURUSD -66.0pips(4勝6敗)

合計 +122.6pips(23勝14敗)勝率62%



途中経過ではございますが、この期間ではEURUSDが不調でした。


EURUSDを除く6通貨では、+188.6pips(19勝8敗)勝率70%でした。



※上記のデータは当システムの7月の途中経過のみのデータですので、他のシステムや他の時期は全く違った結果が得られる可能性もございます。


たらればは良くないのは承知でコメントさせていただきますと、EURUSDのように、イベント性、ニュース性の高い通貨ほどイレギュラーな動きをする、という見方もできるかもしれません。


では、何故EURUSDがイベント性、ニュース性の高い通貨かといいますと、EUにはドイツ、フランス、イタリア等28カ国が参加しているため参加国が多く、必然的に突発性のイベントやニュースも他の通貨より多くなり、EU参加国1国の経済イベントやニュースでも予想以上にEURの相場に影響してしまうことがあるからではないでしょうか?

USDもイベント性、ニュース性は高いですが、雇用統計の発表などのイベントはあるものの、そこを回避すれば、世界の基軸通貨とは言え、1国の経済イベントやニュースであるため、事前にある程度相場に織り込みますし、良く調査研究されている通貨であるため突発性はEURよりも低いのかもしれません。


もちろん、EURUSDが好調な時期やシステムもあると思います。


いずれにしましても、期間と通貨によりこれだけの差があるということです。


このような観点から考えますと、複数通貨の組み合わせで運用する多通貨ポートフォリオは、1通貨のみのリスクを分散する意味で、重要な見方ではないかと思います。



因みに、ご購入者の方から、このような観点も含めて、以下のようなコメントもいただいております。

一部を抜粋させていただいております。

*****************************************************************:

「これだけで多通貨ポートフォリオが組める」

デモ口座でしばらく試しましたが、コスパがかなりよいですね!

これだけで多通貨ポートフォリオが組めるのは助かります。

さっそくVPS鯖で永続運用を始めたいと思います。

*******************************************************************

「この価格で3個のEAは安すぎ」

購入しました。早速バックテストをしてみました。

さとり様のEAは、他にもいくつか、購入しましたが、全て

ロジックまるだしで、自分でEAを作る場合でも、たいへん参考になりありがたいです。

このEAは、ボリンジャーバンドを使用する逆張トレードで、自分で、

今の相場にあうように、自由にパラメータの設定ができるので、安心して使えます。

ロジック不明で、全くパラメータの設定が、できず、バージョンアップもしない

謎の高価なEAを買うより、はるかに親切で、わかりやすいです。

********************************************************************


「MT4 逆張りシナリオRSI Bands EA&インジケーター3通貨セット」
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=1554

は7月末までがキャンペーン期間となっております。


尚、上記のページでご案内しております別売りのインジケーターについても1分足や5分足でお使いいただいている方もおられます。


********************************************************************:

「この度MT4 逆張りシナリオRSI Bands 購入させて頂きました。」

わたしは主に1分足、5分足で使用させて頂いているのですが、

今のところしっかりインジケータ機能しております。まだ使い始めなので

これからみっちり検証してまたご報告させて頂きます。

*********************************************************************


ご購入者の方にはロジックが公開されているので、無料バージョンアップの際にも話が通じやすいのはご購入者の方にとって大きなメリットとなるはずです。


今後、他の既存のEA、インジケーターなどにも、上記の結果は活かしてまいります。


ブログで使った図などのgif画像ファイルやMT4テストレポートなどがあればそれも可能な限り無料でダウンロードできるようにしております。

今回の画像も含まれております。



ブログ画像、MT4レポート等の無料ダウンロード
http://fxmt4indicator.abproducts.biz/files/FXnoShirabe.zip

パスワードは下記の「テクニカルトレード ブログランキングへ」のリンク先の「FXの調べ」の紹介コメント欄に4桁の数字で掲載しております。



お蔭様で、現在13位です。


テクニカルトレード ブログランキングへ


今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

それでは、お元気でお過ごしください!


 

/////////////////////////////////// 
メール:infoあとまーくabproducts.biz 
Skype:sinsatori 
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 
FXトレンド検証サイト:http://mt4ea.fx個人年金化研究所.jp/
または「fx個人年金化研究所」で検索


発行者:アートブレインプロダクツ 
担当:さとり心 
/////////////////////////////////// 
    

↑このページのトップヘ