新年明けましておめでとうございます。

さとりです。

本年も宜しくお願いいたします。

さて、ドル円における昨年2015年の値幅は約10円でした。

下図の週足チャートの青い水平線の間の動きです。

ボックス相場と言って良いと思います。

2012-15weekly


2014年が約21円幅(黄色の水平線の間)でしたから、昨年は半分しか動いておりませんでした。

2014年の前半に狭いレンジで上昇エネルギーを貯めて、後半に上昇トレンドを形成し、

2015年は買い方と売り方の勢力が拮抗して、ボックスの中での動きに終始したということでしょう。


そのボックスの中で儲かるチャンスがあったかと言いますと、買いで2回はチャンスがありました。


2015weekly


上図は2015年のドル円の週足です。

三角持合いからの上っ放れが2回はありました。

スウィングトレードをメインとしている方は週足や日足でご覧になると思います。

通常は5分足~1時間足で売買される方が多いと思いますが、

値幅が収束してエネルギー蓄積後の上っ放れは、週足や日足でも再現性があると思われますので、

トレンド方向に押し目買いをされる方は、トレンドの判断材料として見て頂けると思います。


本年も時々いろいろな観点からお伝えできればと考えております。

それでは、本年も元気でまいりましょう!。





テクニカルトレード ブログランキングへ



///////////////////////////////////

メール:infoあとまーくabproducts.biz

Skype:sinsatori

HomePage: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/

ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/

発行者:アートブレインプロダクツ

担当:さとり心

///////////////////////////////////


-----------------------------------------------------

リスクについて
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして
頂くためのものであり、妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものですのでご了承くださいね。

また、EAやインジケーターを始めとするソフトウェアや教材、情報商材等の結果については
個人差があり、必ずしも販売ページ同様の結果が得られるとは限りません。
万が一期待に沿わない結果が生じた場合でも、自己責任になりますのでご了承ください。
疑問点があった場合は、分かる範囲で可能な限り回答させていただくこともございますが、
基本的に質問等については各商材の販売者に直接お問い合わせください。

Webやメール、ご購入された商品に示された表現や再現性には環境等により個人差があり、
利益や効果を保証したものではございません。

個人情報の保護について
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合
などを除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

-----------------------------------------------------