チャートパターンとハイロー

Catch The Zone インジケーターとCatch The Neckline インジケーターを使ってバイナリーオプションやFXの検証を行います!

「チャートパターンとハイロー」では高値安値をゾーンで捉える!Catch The Zone インジケーターとトリプルトップのネックラインを捉える!Catch The Neckline インジケーターを使ってバイナリーオプションやFXの検証を行います!


こんにちは!

バイナリー&FXの調べ、さとりです。

本日は、USDJPY15分足を使い、ADXの計算期間14とADXの計算期間100の違いを検証してみました。

ADXというテクニカル指標は、トレンドの強さと買い勢力、売り勢力の強さを1つのサブチャートで見るトレンド系の指標で、MT4では計算期間14が初期設定されています。


下図がADX100設定のEAを半年間運用した場合のバックテストの残高グラフです。

25pips利食い、35pips損切りで0.1ロットのケースです。

まずまず綺麗な右肩上がりになっていますね。
StrategyTester_Iruka_ADX_EA_USDJPY_M15_6M_201902_201908
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/d/7/d77486c7.gif

今後はADX14設定のEAを半年間運用した場合のバックテストの残高グラフです。

同じロジックで、同じ25pips利食い、35pips損切りで0.1ロットのケースです。

何故か売買回数が極端に少なく、儲かっていませんね。

StrategyTesterADX14
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/4/2/42ca6fb3.gif

今まで何の疑いも無く、MT4のデフォルト設定の期間14を使っていたので、正直結構衝撃をうけました。


何故このような結果が出たのか、実際にADX100とADX14を見てみることにしました。

下図がADX100のチャートです。

メインチャートにはEMA100を表示しています。

トレンドの把握はできているようですね。

ADX100

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/3/a/3aea9fd8.gif


今度はADX14のチャートです。

メインチャートにはEMA14を表示しています。

ADX14
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/5/6574a0de.gif


なんと、サブチャートのADX14のグラフは、とてもトレンドを掴んでいるとは言いがたい形をしていますね。

EMA14なら方向性は掴めていますが、ADX14では敏感にノイズを拾い過ぎて実際には使えないことが分かります。



このように、使う通貨、時間足と指標によっては、計算期間を調整しないと実際には使えないものが存在し、通常、何の疑いも無くMT4の標準設定の14や20を使っているのが現状ではないでしょうか。


このような疑問に答えるべく、適宜データ更新をしながらインジケーターのシグナルを調整していただけるよう、ADXのエントリー&決済シグナルインジケーターとテスターEAのセットを発売いたしました。

下図が、初期設定されたシグナル例です。

BUY
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/6/6/66d03055.gif

Sell
https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/5/e/5e4e682b.gif

EAは5年、10年といった長期のデーターも同梱しております。

データー更新のやり方は動画で解説しており、慣れると簡単です。

データー期間には、2019年1月のアップルショックなどの異常な値動きを含めない方が通貨の通常のボラティリティや時間帯、曜日特性が掴みやすいはずです。

また、シグナルは全て仕掛けるものではなく、状況により取捨選択するものです。


特に相場環境と言われる、日足や4時間足の方向性に注意してエントリーし、相場環境と逆なら損切りを早めたり、相場環境に合っていれば利食いを伸ばしたりすると良いと思われます。


本日の記事に関連するインジケーターは以下の通りです。
**************************************************************
イルカのADX USDJPY 15分足専用インジケーター&テスターEAセット

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=3280

EMAトレンドとADXの逆張りで押し目買い、戻り売りのエントリー、利食い、

損切り、ロジック決済シグナル・メール・アラートを行うインジケーター及び

データーを適宜更新するためのテスターEAのセットです。

***************************************************************


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。


それでは、お元気でお過ごしください!。
テクニカルトレード ブログランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?1711371:4591


/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
バイナリー&FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:チャートパターンとハイロー: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「バイナリー&FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/        


こんにちは!

バイナリー&FXの調べ、さとりです。

本日はドル円15分足の4連続陰線の直前にローソク足がどうなっていたか?を検証いたします。

下図が、ドル円15分足2019年5月31日金曜日23:00~23:45の連続陰線のチャートです。

CatchTheZone_USDJPY_M15

https://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/a/0/a0885757.gif


上図のチャートのように下降トレンドの調整の上げ局面で5/31 22:00~22:45の直前足が十字線に近い膠着状態から下抜けすると連続陰線が出たりすることがあります。

下向きのエネルギーが溜まっていたからです。

このような時に連続陰線の足の始値の時に売りエントリーすれば、15分足の場合は20pips程度取れるチャンスがあることが多いですし、

バイナリーオプションの場合はLowオプションを買っておけば15分後の判定で複数回勝つチャンスもあります。

高値安値ゾーン
月足
 

こんにちは!

バイナリー&FXの調べ、さとりです。

本日は「月足レベルで何度も跳ね返るレジスタンスゾーン」をお届けいたします。

下図が、ドル円月足で何度も跳ね返る強力なレジスタンスゾーンです。

USDJPY_MN_CTZ

http://livedoor.blogimg.jp/fxmt4indicator/imgs/1/4/145a7d99.gif

上図において、黄色と肌色の帯が重なる114.50付近で2年間に渡り5回下向きに反発して押さえられています。

また、下値についても今年2019年1月の急落では、その10ヶ月前の安値104.631を1.5pips差で割らずに急反発し、長い下ひげを作っています。

月足レベルの高値安値が如何に意識されているかが分かると思います。

エントリーを10ヶ月待つわけにはゆきませんが、相場には月足から1分足まで同じような現象や同じようなチャートパターンが現れます・

これは一般にフラクタル構造を言われるものに似ています。

高値、安値のゾーンやチャートパターンの現れは人間心理が働くので、何の相場でも、いつの時代にも意識されるはずで、これをどう利用するかがポイントといえましょう。


参考動画です。

Catch The Zone Indicatorの概要動画
https://youtu.be/90s9_PfjTpw


本日使用したインジケーターは以下の通りです。
**************************************************************
Catch The Zone Indicator

http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?page_id=3173

高値安値をゾーンで捉えてシグナル・メール・アラート!

***************************************************************


本日もここまでお読み頂き、誠にありがとうございました。


それでは、お元気でお過ごしください!。

テクニカルトレード ブログランキングへ

/////////////////////////////////// 
発行者:アートブレインプロダクツ 
バイナリー&FXテクニカル戦略研究家
さとり心 

メール:infoあとまーくabproducts.biz 
ブログ:チャートパターンとハイロー: http://fxmt4indicator.blog.jp/ 
インジケーター&ツール&EA: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/ 

///////////////////////////////////       

※無料メルマガ「バイナリー&FXの調べ」のご登録は下記URLからお願いいたします。    
http://abproducts.biz/melmaga/         

FXMT4indicator

↑このページのトップヘ